【NHK杯観戦記】▲郷田真隆九段vs△渡辺明名人~居飛車党正統派同士の激突~

ということでNHK杯を見ていました!!

2回戦屈指の好カードでしたよね。

棋譜のリンクはこちら↓

https://www.nhk.or.jp/goshogi/shogi/score.html?d=20211107

角換わりになりました。

角換わり相腰掛け銀!

やはり、王道ですね。後手の名人が、九筋の位を放棄して、お互いに手待ちしながらの神経戦の序盤。

最近、角換わりは追っていなかったんですが、いや~ひりつきますよね。

そして、名人が後手にもかかわらず積極的に攻めていく!!

お互いに攻め将棋ですからね。渡辺名人が先攻かと思いきや、ここからさらに神経戦!!

いや、角換わり進化しすぎて難しすぎますね(笑)

攻めあいですが、先手の右桂の頭を狙って後手から攻め合う感じ。

それに対して、先手の郷田先生も守ってばかりはいられないと雀刺しからの端攻め!?

お互いに自分の主張をぶつけ合っていますね。

郷田先生は飛車も捨てて、大猛攻!

そして、2枚の角をうまく使って寄せきってしまいました(;’∀’)

すごい棋譜だ。

キレキレの郷田将棋の真髄。しびれる終盤で名人を圧倒しましたねぇ

これはすごい会心譜です。居飛車党の人は並べた方がいいですよ!!

斎藤慎太郎の角換わり腰掛け銀研究 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥2,464から
(2021/11/8 23:49時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です