【次の一手で覚える矢倉定跡】米長流急戦矢倉対策

前回から少し時間をおいてしまいましたがついに米長流最終章を書いていきます。

ずばり先手の対策ですね!銀が前に出てきたところを狙います。

①ずばり、ここで対米長流の一手があります。

この次の一手が米長流対策ですね。

ずばりなんでしょうか? 3手示しましょう。

(回答はこちら)

相矢倉の攻め方の使い分け(基本編・土居矢倉や片矢倉にも応用可能!)

ということで、相矢倉の攻め筋が分かりにくいというツイートを見かけたので作ってみました。

級位者の方はここら辺をすべて身につければ、相矢倉は怖くないと思います!

①4六銀3七桂

画像

基本的に桂馬の跳躍を利用するので飛車先の歩をここまでとして桂馬を跳ねて端攻めを狙うのが基本方針。 この形はお互いにじっくりとした相矢倉になった時に使うのが基本(例外はもちろんある)

②▲6五歩早仕掛け。

画像

こちらが3七銀戦法を使用している時に使いやすい。後手が△6四角としたタイミングで仕掛ける。 この後は銀立ち矢倉&中飛車にして厚みを作って制圧していく指し方が一般的でわかりやすい。厚みを早く作らないと、6五歩が傷になりやすい。

③脇システム棒銀

画像
画像

お互いの角がにらみ合った脇システムになった時に使う。 角交換後に棒銀からの端攻めを狙う。 初心者の方にもわかりやすいので自分は積極的に脇システムをお勧めする。

➃脇システムの後の角の打ち込み

画像

後手からの積極策。ただし、▲3七銀と引かれて角が窮屈になりやすく乱戦気味。 まとめるのには力が必要で矢倉初心者の方にはおすすめしない(勝ちにくい)

⑤力戦になった時の△7三角

飛車を狙撃するためにこっちに引く形。先手番▲3七角でもOK 相矢倉の力戦になった場合はこの形を積極的に作ってお互いの飛車を狙撃していくと形になりやすい。 自分も矢倉系の力戦はこれにするのが7割近い

画像

ここまでの注釈

ここまでが▲3七銀戦法系で使いやすい仕掛け方 次は▲4七銀系矢倉の定跡(ただし、これは有段向け。同型矢倉になりやすく、後手が△7三銀型に組むと先行を許しやすく守り中心の将棋になるため)

⑥雀刺し

4七銀3七桂型に対して、後手が7三角型などに組むときに使いやすい。 3七銀戦法でもよく使われる形(その場合は飛車先の歩を保留し桂馬の跳躍も組み合わせる)。 対森下システム用にも使われる(その場合は後手番)

画像

⑦お互いに同型矢倉の時の▲4五歩

画像

お互いに▲4七銀―△6三銀のときに使われやすい仕掛け筋。ここから△同歩▲同桂△3四銀と進んで厚みを作る。

画像
画像
画像

そして、▲2四歩△同歩▲同角と進んで△1四歩▲1五角で矢倉理想形を作る(知らないと作れないと思う手順)

安易に後手が銀で桂馬を取ると、銀ばさみになって駒損。 桂馬がはねた時に、後手が銀を引くのは桂馬を犠牲にして角と銀が前に出ていき総攻撃を始める。

画像
画像
画像

まとめ

とりあえず代表的な矢倉の仕掛け方や攻撃法を紹介しました。 土居矢倉にもほとんどの仕掛け方が応用可能(③や⑦は特に使いやすい)。 ここら辺の仕掛け筋の流れを頭に叩き込むと相矢倉がやりやすくなる気がします。

※矢倉穴熊への組み換えや森下システムなど定跡は省略(頻度が低い)

将棋戦型別名局集3 矢倉名局集

新品価格
¥3,080から
(2021/9/19 11:30時点)

将棋情報局さんで大山康晴名人の棋譜集(電子書籍)が特売されている件について!!(9月27日まで)

久しぶりに将棋情報局さんのページでショッピングしていたら大山康晴先生の棋譜集が特売されていました!!

これは買うしかないということで速攻購入w

『大山VS中原全局集』が1386円

https://book.mynavi.jp/shogi/products/detail/id=88724

『大山VS米長全局集』1232円

https://book.mynavi.jp/shogi/products/detail/id=75671

『大山康晴名局集』が1232円

https://book.mynavi.jp/shogi/products/detail/id=68091

これは買うしかないレベルで安いですw

『大山vs中原全局集』はマイバイブルで4回くらい並べていて最高におもしろいのでおすすめ!

藤井聡太、叡王戦を制してついに史上最年少3冠!! 藤井時代到来は目前!!(棋譜リンク有)

ということで、叡王戦は圧巻の藤井劇場でした。

史上最年少3冠王が誕生しました。

升田幸三(当時の全冠制覇)

大山康晴(同上)

中原誠

米長邦雄

谷川浩司

羽生善治

森内俊之

渡辺明

豊島将之

と3冠達成者はビッグネームばかりですね。

年代を代表する2人の棋士が達成しているイメージです。

このまま4冠を制覇したら、確実に棋界の覇権を確立したと判断できるでしょう。

居飛車党の最高傑作、

中原誠の中盤力と谷川浩司の終盤力を合わせた怪物だと私は結構前から言っておりましたが、ついに頂点をとらえた感じがします。

4冠達成者は、大山・中原・米長・谷川・羽生の5名。まさに時代を作った棋士ばかりなので、4冠達成=覇権確立でしょうね。

今回の叡王戦もすごかったです。

lhttp://live.shogi.or.jp/eiou/kifu/6/eiou202109130101.html (外部公式棋譜リンク)

相掛かりの空中戦から、厚みのぶつかり合いになり、鬼手9七桂で豊島将之叡王を撃破。

藤井二冠を苦しめ続けてきた強敵を打ち破り、新時代の到来を予感させる勝利でしたね。

次回の序列1位の竜王戦がまさに天王山。棋界の頂点への挑戦となります。

藤井聡太全局集 令和元年度版

新品価格
¥2,192から
(2021/9/13 20:40時点)

藤井聡太全局集 令和2年度版

新品価格
¥2,706から
(2021/9/13 20:41時点)

角換わり7手目の銀はどこに動けばいいか問題!

角換わり7手目のこの局面。

はたして、銀は中央と左右どこに動けばいいのか??

級位者の方は悩むかもしれません。悩む必要はない。プロの真似をすればいいじゃんというひともいるかもしれませんw

でも、この次の一手には定跡の歴史が深くかかわってくるんですw

なので今回はそれを中心に説明します。

将棋盤

 0

①8八銀型

これは平成角換わりの古い定跡です。

ここから7八金~6八角~7七銀で無理やり矢倉にできるんですが、今では損だと考えられています。

というのも後手が△4四歩で角換わり拒否雁木を志向すると、こっちは矢倉しか組めないんですよね。

矢倉vs雁木だと、雁木の方が主導権を握りやすいので、この手は損ですね。

先手なのに守りに回りやすいから。

雁木の復権とともに減ってしまった7手目です。

②6八銀型

これは最近のプロでも多い将棋の形。

後手が角換わり拒否雁木にしてきても、こちらも雁木にすることができるので選択肢に幅が出ます。

ただ、問題は相雁木って手詰まりになりやすくて、アマだとまとめきるのが難しいこと。

なので、自分としてはちょっと好きじゃない形ですねw

③7八銀型

これが自分の本命です!

相手が角換わり拒否雁木にしてきても、2つの選択肢を確保できているのがいい。

・雁木

・左美濃

この2つを選べるんですよね!

そして、雁木に対して左美濃&早繰り銀はかなり有効で勝ちやすいので、この選択肢を残せるこの7手目がアマチュアでは最有力じゃないかなと思ったり(笑)

この角換わり7手目問題は、「角換わり拒否雁木」が市民権を得たことで、少しずつ変わってきてしまったというのがよくわかると思います。

形は違いますが、雁木vs左美濃対策の基本はこちらに書いてあります!

また、7八銀型のメリット↓の本が詳しいです。

神速!角換わり▲2五歩型 必勝ガイド (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,525から
(2021/9/11 10:58時点)

端角中飛車絶対潰すマンになるための定跡研究①~端角中飛車速攻編~

はじめに

ということで久しぶりの定跡ですね。

今回は奇襲戦法対策で、端角中飛車について考えていきたいと思います。

とはいっても端角中飛車って、速攻パターン・銀が繰り出していくパターン・持久戦パターンといろいろあるので場合分けしながらですね。

今回は速攻型です。

とりあえず、先手型端角中飛車をボコボコにしてみますね。

今回の速攻型は、

・中飛車側が居玉

・角と飛車の力だけで攻めてくる

↑の時を想定しています。

簡易まとめ

この仕掛けが見えたら角を4四の場所に上げる

棋譜

将棋盤

 0

最初から解説

(初手から)▲5六歩 △3四歩 ▲5八飛 △8四歩 ▲5五歩 △8五歩▲7八金 △4二玉 ▲9六歩

こうなればほぼ端角中飛車ですね。

飛車先の歩を貫いて乱戦にする居飛車党もいると思いますが、自分は専守防衛に徹してみます。

上図から △5二金右 ▲9七角 △6二銀

中央の守りを固めていくスタイル。ちなみに王を4二の地点に置くのは、顔面受けのためですw

上図から ▲5四歩 △4四角

そして、相手が速攻を狙ってきた段階で角も守りに回します。ちなみに、これは相手が歩をぶつけるタイミングでやらないと、銀が前に出て角をいじめてくるのでご注意ください。

上図から ▲5三歩成 △同 銀 ▲5四歩 △6四銀▲同 角 △同 歩 ▲5三銀 △同 金 ▲同歩成 △同 角▲同飛成 △同 玉 ▲7一角

あとは先手は一気に来るはずですね。ひたすら受けまくる。

この王手飛車が絶望的に見えますがご安心ください。ほぼ優勢ですw

上図から △4二玉 ▲8二角成 △5二飛

この返し技で、一本って感じですね。ここから▲5八飛車でも△8二飛車で馬を取って先手優勢(完全に駒得)

上の手順の▲8二角成に代えて、▲5三金も考えられますが・・・

上図から △3二玉 ▲8二角成 △5六飛

この王手金取りで後手優勢。

仮に▲5八飛車と打っても△5七歩と返して勝勢です。

奇襲振り飛車戦法 ~その狙いと対策~ (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,694から
(2021/9/10 23:03時点)

これを意識すると少しだけ将棋が強くなる考え方(大局観)3選

ということで、今日は自分が考える将棋の強くなる考え方(大局観)3選を紹介していきたいと思います。

①意味もなく条件反射で端歩を突き返さない(一手の差を大事にする)

たとえば、これですね。居飛車急戦と四間飛車の戦いで、後手が端歩を突いてきたとき、なんとなく怖いからこっちも指そうと思っちゃっていませんか?

でも、急戦は1手の違いが大きな違いになります。

たとえば、この局面から端歩を突いて棒銀にするときは、1手の違いで攻め方が変化してしまうこともあります・・・

そして、攻めが遅くなると四間飛車が基本的に有利になりますよね。

だからこそ、序盤の駒組から端まで1手1手に意味を込めるようにしましょう!

②序盤で圧倒的なリードを作ったら焦って攻めない

たとえば対奇襲戦法。

定跡の対策通りにやって一気に優勢になった。守ってばかりだと怖いからこっちも攻めるぞ!→やってしまった悪手→奇襲側に有利なところから負けた( ;∀;)

あるあるですw

序盤で大きなリードを取れたら、守るのも作戦です。定跡書に従って優勢まで行っているんですから、ここからは奇襲側は無理攻めしかないんですw

だから、あえて攻めを遅らせて無理攻めを誘発させてなすすべなく相手が自滅するのを待つのも将棋の大切な勝ち方。

詰みだけが勝利じゃないという感覚も大事です。

③中盤以降は、自分と敵陣地のどちらが固いかをしっかり意識する

たとえばこれ!

固さは四間飛車の方が上。

居飛車が飛車先の歩を突破してきて怖いから銀を下げた方がいいかもと思いがちですが、固い上に敵の攻撃まで時間がかかるので四間飛車側が端攻めを仕掛けるのが正着だったりします。

自分の陣地が相手よりも固ければ、強気に攻めることができるので、相対的な固さの優劣は大事な判断材料です!

羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21)

新品価格
¥1,430から
(2021/9/4 20:20時点)

逆転のテクニック (将棋連盟文庫)

新品価格
¥968から
(2021/9/4 20:21時点)

あなたの性格は専門家向き? オールラウンダー向き? 将棋脳判別チェック!

ということで、自分は将棋ではオールラウンダー・職場でも基本何でも屋・小説もほぼオールジャンル書くということであらゆる場所で器用貧乏になっているわけですがww

なんとなくオールラウンドプレーヤー型と専門家型に向き不向きがあるなと思っています。
なので、独断と偏見であなたがオールラウンダー型向きなのかどうかを判定していこうと思います。

あくまでお遊び用なので気軽に楽しんでくださいねw

〇か×かのチェックなので、丸を付けた数をおぼえておいてください。

① 新しいことをやるのが好きだ! 

② 人見知りせずに誰にでも冗談を言える

③ 上司や先輩とも軽口を叩ける関係を作りやすい

④ 失敗を大して気にしない。一晩寝ると忘れる

⑤ 国語のテスト中。あんまり時間がない。だから、漢字は配点が低いので、文章題に全力を注ぐ

⑥ よく素直だと言われる。ひとにおすすめされた映画や本、アニメをすぐに試す。

⑦ 期日前に余裕をもって課題が終わる

⑧ 文章の漢字ミスを見つけるのが苦手

⑨ よく炎上案件を頼まれる(学生なら行事の実行委員会を頼まれる)

⑩ 将来への不安があまりない。なんとかなると思ってる。

はい、この10項目!
7個以上〇でオールラウンダー向きといえるでしょうw
ちなみに自分はすべて〇ですww

解説
① 新しいことをやるのが好きだ! 

これはわかりやすい。新しいことが好きじゃないと、ジャンルが狭くなりますからね。
とりあえず、なんでも食べるw 人におすすめ。
慣れていることをするのが好きな人は、専門家向き。オールラウンダーは飽きてくるw

② 人見知りせずに誰にでも冗談を言える

基本的にオールラウンダーはフットワーク軽いです。
ひとつの分野で失敗しても、ほかにできる分野があるせいで、あんまり気にしない。
だから、リスクがあることも結構できる。
新しいジャンルに挑みまくる特性上、失敗にも慣れているので、冗談が滑ってもOKと耐性がある人が多いです

③ 上司や先輩とも軽口を叩ける関係を作りやすい

これは、オールラウンダー=多趣味ということが影響しています。
目上の人とも趣味が合うことが多いので、かなりフラットに付き合えますw
自分も、
役員=お酒の趣味が合う
部長=投資の話
課長=ガンダムの話
現場の重鎮=スマホの使い方
ということで、結構気軽におしゃべりできますw
フットワークの軽さと多趣味かどうかを見る指標ですね

④ 失敗を大して気にしない。一晩寝ると忘れる

オールラウンダーは常に新しいことをやっているので失敗だらけですw
仕事の新しい案件もよく任されやすいので、失敗のほうが多い時も。
フットワーク軽くて上司とも話しやすい関係だからその副作用です。

失敗のほうが多いので気にしたら負け。メンタルを病みますw
だからこそ、こういうタイプがオールラウンダー向き。

⑤ 国語のテスト中。あんまり時間がない。だから、漢字は配点が低いので、文章題に全力を注ぐ

これは要領の良さを示す指標ですね。
漢字の2点よりも、文章題の8点を優先させるタイプのほうがオールラウンダー向きです。
よく言えば、点数の稼ぎ方を知っている感じ。
悪く言えば、不真面目なんですけどね(笑)

⑥ よく素直だと言われる

これはこだわりのなさを示しています。
こだわりが強すぎるとオールラウンダーよりも専門家適性のほうが強い。
こだわりがあんまり強くない方が、いろんなジャンルを試せるみたいな! 

⑦ 期日前に余裕をもって課題が終わる

これも要領の良さとこだわりのなさを示しています。
期日よりも早く仕事が終わるのは要領がいいから。
期日前でも完璧にしようとするわけでなく、80点取れていればいいからそれを100点にすることなく別の仕事をやり始めるのはこだわりのなさを示していますw
精度を高めるのは専門家タイプです。

ちなみに、自分は平均して1週間前に仕事が終わっていることが多いです(笑)

⑧ 文章の漢字ミスを見つけるのが苦手

これはこだわりの強さと完璧主義かどうかを判別する指標です。
オールラウンダー=大雑把なひとほど適性があると思うので、漢字ミスを結構やりますw
だから、見つけるのも苦手。
逆に専門家は、ディティールを大事にするので、見つけるのがうまいです(体験談)

⑨ よく炎上案件を頼まれる(学生なら行事の実行委員会を頼まれる)

これは、その人の頼まれやすさと普段のフットワークの軽さを見ます。
上司や先輩、教師と仲良くなりやすいので、面倒ごとを頼まれやすい。
さらに、こいつなら多少失敗してもダメージ負わなくていいやと思われていることも(いつも失敗してケロッとしているからw)
炎上案件でもフットワーク軽いと断らないんですよね。上の人もこいつは断らないという謎の安心感があるので頼むのです。あと、期日前に仕事が終わっているから暇そうということもありますw

⑩ 将来への不安があまりない。なんとかなると思ってる。

これはポジティブさを示しています。基本的にポジティブな人のほうがフットワーク軽くていろんなジャンルに手を出しやすいですしw

さらに、今のジャンルで大失敗しても別のところで戦えばいいやと入れ込みが少ないのも大きい。
専門家はそのジャンルで大きな失敗をすると、信頼がなくなってしまうかもと不安になりますが、オールラウンダーは別の分野で戦えばいいやって保険がきいている(本当に効いているのかはわからないw)。

以上、10個の指標からその人がオールラウンダー向きかどうかを判別してみました。

現代調の将棋の研究 (最強将棋21)

新品価格
¥1,650から
(2021/8/28 21:13時点)

矢倉と四間飛車は”するめ”! 勉強すればするほど強くなる!

今日は自分が好きな2つの戦法について語ります!

矢倉と四間飛車です。

この2つの戦法の最大の魅力は「定跡が整備されている」こと!

この定跡が整備されていて、同じ形になりやすいことが本当におもしろい。

プロと同じような将棋になりますからね。

この戦法の難しいところは中盤で、難解な局面が多いこと。定跡を外してしまうとなすすべなく負けたりしてしまうことです。

なので、最初は勉強量がたくさんあって大変で、すぐには強くなれない。

でも、定跡を学べば学ぶほど強くなるんで、努力が生きやすい。

勝てない=勉強不足というプレッシャーもすごいんですが(笑)

一定の知識を獲得できれば、加速度的に強くなるのが共通点。

わからないところを飛ばして、まずは全体の定跡を知ることをお勧めします。そうすれば、わからないところもわかるようになりやすい。

特に四間飛車は、わかりやすい定跡書がそろっていますからね!

それを徹底的に読み込んで覚えることが大事。

おススメの2冊を紹介して終わります。

四間飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋塾)

新品価格
¥1,485から
(2021/8/22 22:36時点)

木村の矢倉 急戦・森下システム

新品価格
¥1,257から
(2021/8/22 22:37時点)

将棋盤

 0

豊島将之先生の棋風について考察

ということで今回は、豊島将棋を研究していきたいと思います!

私が将棋を始めたころは、豊島先生がYSS(将棋ソフト)を電王戦で撃破したりしていた時代で、若手の筆頭と言うイメージでしたが、最近は押しも押されぬ大棋士ですよね。

2021年8月21日現在で竜王と叡王の二冠。

現役四天王と1角としてまさに脂がのっている感じ。

若手時代から将来を嘱望されていて、20歳でタイトル挑戦。これだけでも十分怪物でしたw

しかし、その後8年間何度もタイトルに挑戦しますが、あと一歩で敗れて、無冠の帝王状態でした。

若手時代、だいたい2014年くらいから豊島将棋を見てきたんですが、昔は横歩取りの激しい将棋のイメージが強かったです。

研究家としても有名で、指定局面に誘導しやすい横歩が代名詞だった。あと、今もですが角換わり!

居飛車党寄りのオールラウンダーで、たま~に振り飛車を指していましたね。

昔は攻め将棋。それもかなり激しい感じの棋風だったと思います。

でも、タイトルを取るようになった2018年前後から徐々に棋風に変化が生まれて来ました。昔は、あんまり粘らない感じのイメージが強かったんですよね。

インテリみたいな将棋。

それがタイトル獲得前後から終盤に猛烈な粘りを見せるようになって、逆転する将棋も多くなっていった気がします。横歩取りが冬の時代だったのも大きいと思うんですがw

特に、羽生先生との竜王戦や永瀬先生との叡王戦は、もう守備的な将棋が全面に出ていて、棋譜を並べた時はまるで別人のように感じました。

昔の豊島先生は、あんまり関西将棋のにおいがしなかった(=インテリ将棋)んですが、最近は、THE・関西将棋みたいになった気がします!

棋風って確かに変わるんですが、豊島先生と永瀬先生は特に劇的に変わった気がします。

こういう長いスパンで棋譜並べをすると楽しいんですよねぇ

名人への軌跡

新品価格
¥2,706から
(2021/8/21 13:50時点)