『ハリネズミのジレンマ』

プロローグ

 部屋を出ていこうとする女の腕を、男は強く握りしめた。いつも優しく接してくれる幼馴染の意外なほど強い力に彼女は驚く。手につかんでいたはずのドアノブは、少しずつ遠ざかっていってしまう。金属の冷たい手触りがなくなり、彼女の手は少しずつ熱くなっていく。彼の手を無理やりほどくという選択肢は彼女には無かった。いや、選択権がなかったのだ。彼を一度、裏切ってしまったという罪悪感が、彼女の人生を変えてしまった。

 自分の腕が熱くなっていくことを自覚して、彼女はわずかに抵抗を試みた。それが無駄で欺まんだと知りながら。抵抗しなくてはいけない自分の運命を呪うことしかできない。

「ダメだよ、一輝《かずき》くん」
「好きなんだ、世界で一番、聡美《さとみ》のことが好きなんだ」
「だめ、お姉ちゃんを裏切ることになる。そんなことはできないよ」
「奏《かなで》のことを聞いているんじゃないんだよ。俺は、聡美の本心が知りたいんだ」

「そんな言い方ずるいよ。私の気持ちなんて、もう知っている癖に」
「知っているよ。でも、本人の口から聞かなくちゃいけない。そうしないと、俺たちは前に進めない」
「前に進んじゃいけないの。私が本心を言ったら、本当のことを言ったら、私たちは前に進んでしまう。でも、そんなこと許されちゃいけないんだよ。みんなが不幸になるし、誰も報われない。だから、私のことは忘れて。お願いだから、お姉ちゃんのことを幸せにしてあげて……」

「じゃあ、なんで…… あの時、自分の気持ちを押し殺そうとしたんだよ。そうしなければいけなかったんだよ」
「言えるわけないじゃない。そんなこと。私だって、いっぱい悩んだ。たくさん、傷ついた。ふたりのために…… ううん、私たち、三人のために、選んだのがこの結末なんだよ。お願いだから受け入れてよ。そうしないと、私たちはみんながダメになる。私の決意だって、なんのための決意だかわからなくなっちゃう」
「ここで、聡美の本心を聞かないと、俺だってダメになる。たぶん、聡美、お前もダメになる。そんな代償払ってまで進む、奏との未来にどんな価値があるんだよ」
 そう言って、男は最愛の人を力強く抱きしめた。ここに本来であればあり得たはずの未来が、再び生まれてしまった。彼女は、それを喜ぶ自分がいることに辟易する。

「メフィストフェレスと出会ったファウスト博士ってこんな気分だったのかもしれない」と彼女は思った。死後の世界での魂の服従を条件に、ふたりは現世の快楽を追求する。好きなひとにここまで言われて、抗えるわけがない。知恵の実によって失楽園した先祖のように、私たちは口をつけてはいけないリンゴをかじってしまう運命だったのかもしれない。

 どうして、知恵なんて身につけてしまったのだろう。
 彼女は祖先を呪った。
 知識や倫理観なんて、自分たちを苦しめるだけなのに。
 そんないろんな考えが彼女の頭の中で浮かんでは消えていく。

 でも、自分たちがファウスト博士にはなれないことも彼女はわかっている。この選択は、救済を祈ってくれるはずのグレートヒェンを殺してしまうものだから。これ以上はいけない。だから、踏みとどまって。彼女の願いは、簡単に壊された。
 彼にブレーキをかけるものはもう何もなかったのだから。

 窓から見える木の葉が、ヒラヒラと落ちていく。そのゆっくりした様子すら、彼女たちは見つめることができなかった。そんな余裕もなかった。

「聡美、俺はお前のことをずっと好きだった。世界で一番好きだったんだよ。お願いだ、本当のことを言ってくれ。それだけ聞ければ、あとは、聡美の決断を尊重する。聡美の願いを聞くから」
 男は自分がどれだけ残酷なことを言っているかわかってはいた。だが、このタイミングを逃したら、もう二度と聡美とは会えなくなる。そう確信していたからこそ、男は自分の無理を彼女に押しつけた。


 女はその言葉を聞いて、今まで、封印していたパンドラの箱を開いたのだった。

 何度も見た彼の部屋の天井をみつめながら…… 少しずつ、視界がぼやけていく。
 彼女は箱の中に残していた「希望」をついに開放してしまう。

「              」

 すべてを明かしたふたりの顔は、自然と近づいていく。それが本来ならばあり得たふたりの姿だったのだから。もうふたりを止めることは誰にもできなかった。自分たちですらそうすることはできなかった。

 ふたりは、お互いの体温を交換する。

 そして、彼らは一度だけの愛を誓いあった。その口づけの目撃者は、月明りだけだった。彼らが悪人であれば、何も問題はなかったのかもしれない。でも、彼らは優しすぎたのだ。
 自分たちの心を監獄へといざなう結果をもたらすと知りつつも、もう止めることはできなかった。

 外では、街灯が点滅している。
 真っ暗な部屋には、その点滅だけが唯一の光だった。

―――――――――――――――――――

PexelsによるPixabayからの画像(1枚目)

Suvajit RoyによるPixabayからの画像(2枚目)

将棋ラブコメ後の新作を考える

ということで今日は創作論です。

小説家になろうに投稿している『 おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~ 』ですが、ついに20万PVを超えました。

将棋ラブコメという異世界ものの拠点であるなろうではマイナー分野で勝負しているので、こういう結果を残せたのは読者のみなさんのおかげです。本当にありがとうございますm(__)m

ということで、本作もいよいよ最終章間近。

単行本で言うところ5・6冊の分量で終えたいと思っているので、もうすぐ完結です。

いくつか次回作の構想を練っているので、そのメモ記事になります(笑)

読みたい作品があったら是非ともtwitterなどでコメントいただけると嬉しいです。

①将棋転生もの

こちらは、将棋ラブコメの延長線上ですね。

新人王戦で優勝経験まである奨励会三段【プロ一歩手前】が、年齢制限でプロになれなくて、失意のうちに、転生トラックに引かれてしまう。

目がさめた時に、彼は江戸時代に転生していた。

天才少年として二度目の人生も将棋にかける主人公は、やがて江戸時代最強の棋士として覚醒していく。

自分は古い将棋が好きなので、より自分の好みに全振りしてしまう作品です(笑)

江戸時代の棋譜を集めている人は少ないので、かなり自分のカラーが出せそうw

80%プロット完成中。

②三角関係ドロドロもの

主人公と幼馴染の双子ヒロインが織りなす愛憎もの。

前になろうに投稿した短編『病室の天使』の本編です(笑)

ドロドロして救いのない、胃が痛くなる作品を目指す。

あえて「ざまあ」要素も排除して、ひたすら読者を絶望の淵へと追いやる誰得作品。

ちょっと対象年齢層が高めになりやすい。

プロットほぼ完成。

冴えない彼女の育てかたの二次創作のために、「white album2」をプレイしていて浮かんだアイディアですw

あの作品のおかげでドロドロ三角関係を書きたくなりましたw

③冴えカノ二次創作

これはいまカクヨムに投稿している『冴えない彼女たちの育ちかた』とは別作品にする予定です。

あっちはイチャイチャものに対して、こっちは②と同じでドロドロもの。

原作終了後の倫也・恵・エリリの三角関係を描く。

②のアイディアから派生したもので、まだプロットも作れていない(;’∀’)

原作完結後に、あえて問題を掘り返すのは自分的にどうかと思ったりで、一番可能性が低いかも(;’∀’)

まとめ

現状は、この3点です。

あとはイチャイチャものも書きたいので、いいアイデアないかを検討中。

ちゃんとしたオリジナルのイチャイチャものは「あざとい後輩」以来書いていないので、書きたいんですよね。

もう少し精進しますw

将棋ウォーズ終盤力4.7段を獲得した私の終盤勉強法

はじめに

なんかよくあるハウツー本みたいなタイトルになってしまいましたが、今回は私の終盤勉強法ですw

最近、この勉強法をためしてみると終盤での大逆転が増えて、いい感じです。

調子に乗って、花村元司九段みたいに、

終盤の入り口までに「互角で優勢」「不利で有利」「劣勢で互角」くらいのイメージで将棋を指しています。

完全に調子に乗っています(笑)

でも、将棋で一番楽しいのは、終盤戦のドキドキですよね。

詰むや詰まざるや。

一手差で寄せきる感覚。

あのスリルたまらない(笑)

あまりに調子がいいので、直近の棋譜を将棋ウォーズの棋神解析にかけてみたところ……

とかなり調子がいいことがわかりましたw

終盤力だけなら4段近くまで上がっております(笑)

自分で言うのもなんですが、4.7段だと、ほぼほぼアマトップクラスですよねw

ちょっと、ウォーズさん側の接待感がしますが、少し前の解析でこんな感じだったので、やっぱり終盤力が上がっていると思われます。

これは終盤の勉強をほとんどしていなかった時期の解析なので、ここからだいたい二ヶ月くらいでこの終盤力に達しましたw

その秘密を伝授したいと思います(笑)

しかし、この勉強法、かなりハードなので、みなさんも心してがんばってください(笑) 達成できれば間違いなく力はつくはずです。

トレーニングメニュー

1日分

・短手数の詰将棋(3~9手くらい) 30~80問

・必至や寄せの問題集 30~50問

・スマホ詰パラのレベル12~20くらいの問題 1~3問

以上

量的にはそんなに多くないと思う人がいると思いますw

これを1日も休まないで、数か月やり続けるのは、かなりの精神力が必要でしょう(笑)

短手数の詰将棋について

とりあえず、これがメイン。

浦野先生のハンドブックシリーズや高橋先生の〇手詰将棋シリーズなど、手に入りやすい一般的なものがおススメ。

自分的には

3手詰=80問 5手詰=50問 7手詰=30問くらいの量を目安にやっています。だいたい、自分が20~30分くらいで解ける量がこれくらいなので、それを目安に調整しています。

1週間くらいで400問くらい解くのが目標ですw

これでたしかな終盤力の基礎が身につきます。

筋トレみたいなものですw

寄せ・必死問題について

これは、実践トレーニングですね。

『寄せの手筋200』『寄せが見える本』とかを使って、ひたすら解く。

この本のレベルが5~7手詰くらいのレベルなので、級位者の方は最低でも5手詰が解けるようになってからやったほうがいいかもしれません。

詰将棋が直線的に勝つ方法。

こちらが、柔らかく勝つ方法になります。

実戦的な勝ち方を学ぶのにはこれ。寄せて、簡単な3~5手詰に討ち取る。

終盤の醍醐味ですw

この二つを同時に学ぶことで、バランスが良い美しい終盤力を身に着けることができるのです(笑)

スマホ詰パラについて

前2つは、筋力と実践力を身につける方法です。

そして、これは持久力を鍛えるトレーニング。

だいたいレベル12以上がおすすめ。

このレベル帯で、13手以上の詰将棋になりますので、同じ問題をうんうんと考え続けることになるでしょう(笑)

これで難しい終盤をたくさん考えることができる持久力が身につきます。

まとめ

以上、かなりハードなトレーニングになっています。

自分の体調や棋力と相談して、量を調整していってください。

そして、みんなで最強クラスの終盤力を手にいれよう!(笑)

「ナイス、バルク」(パクリ)

関連記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログ村のランキングに参加中です。
おもしろかったらクリックしていただくととても嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村

【映画感想・ネタバレ有】かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

0.はじめに

昨日、「かぐや様は告らせたい~天才たちの頭脳戦~」の映画を観てきました。

もともと、アニメにドハマりして、マンガ・外伝を全巻購入しているので、実写版も観るしかないと思い、映画館へ。

いつものように、キャラメルポップコーンとコーラを売店で買っていざ、スクリーンへ。

さあ、賛否両論になりやすいマンガ原作の実写化。どう、転ぶか。

ちょっと緊張しながら、映画が始まりました。

以下、ネタバレ有の感想になります。ご注意ください。

1.総評

うん、普通におもしろかったです。

かぐや様ファンだからこそ、細かい部分に注文はでてきますが、一個のラブコメ映画として普通におもしろかったです。

まず、役者さんたちが、いい感じで原作のキャラをつかんでいたと思います。

特に、かぐや様役の 橋本環奈 さんと藤原書記役の 浅川梨奈 さんがとてもよかった。ふたりの魅力で、最後までひっぱることができた映画だと思います。

あと、小ネタとして、アニメ版の かぐや 様役の声優さん「古賀葵」さんが、映画館スタッフとして、登場したのは笑いましたw

こういうサプライズは嬉しいです。

藤原書記役は、かなりアニメに寄せてきましたね。

イイ感じにぶっとんでいました。

橋本環奈さんは、やはりラブコメ女優として場数を踏んでいるせいか、安定感がありました。

たぶん、主人公役として、彼女以外は難しかったんじゃないかなというのが私の感想です。

2.ストーリー

原作8割、オリジナル2割くらいの印象でした。

原作人気エピソードの花火大会編は、特に良かったですね。

破壊力がありました。

夏休みまでを原作通り描いて、二学期の生徒会選挙をオリジナル脚本にしてきました。

まさかのかぐや様出馬。会長との一騎打ちの壮絶な選挙戦(笑)

(笑)としたのは、恋愛脳全開の内容になっていたからですw

柏木さんが、原作以上にアグレッシブになっていて笑いました。

そして、ふたりは幸せな……

恋愛頭脳戦を繰り広げて終了。

かぐや様を映画で知った人には十分楽しい映画だったと思います。

3.ファンだからこそ思う注文点

さて、以上のように十分楽しめた映画だったんですが、やはり原作の過激ファン(笑)である自分としては、いくつか残念な点がありました。

① 演出がチープで、作品が原作よりも下品になってしまった印象がある。

② ナレーターの佐藤二朗さんのアクが強い。おもしろいんだけど、かぐや様という作品の雰囲気には浮いてしまう気がする。

これは自分が原作原理主義者だから思う難癖のようなものです。

たぶん、映画製作陣と私の立ち位置が違うから発生するんでしょうね。

「原作の延長線上に映画を位置づける」私と「一本の映画として独立して完成させなくてはいけない」製作陣の解釈違いですね。

一本の映画としておもしろい作品なので、かぐや様をしらないひとに特におすすめです。映画が面白かったら原作もどうぞ。

絶対にはまります(笑)

―――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――

ブログ村のランキングに参加中です。
おもしろかったらクリックしていただくととても嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村

あなたはどのタイプ? 小説創作スタイル論

ということで久しぶりに創作論を書いていきたいと思います。
今回は小説のスタイルについて。
小説を書くために何を重視するか。それを重視するとどんな小説になるかを考えていきたいと思います。

①文章を重視する


描写や文章を重視するスタイルですね。純文学が好きな人に多いタイプです。
暗喩や体言止め、韻などリズムを重視して、芸術的な小説になりやすいです。
一般受けよりも玄人向けになりやすいスタイルですね。
全体的に硬派な世界観になりやすく、自分の人生観や価値観が強く影響する小説を書く人が多いと思います。私の小説とは真逆にある小説です←
内省的な人が多いスタイルです。
芸術肌のひとが好みますね。

②ストーリーを重視する


私はこれです。
物語の全体像を最初に作って、エンディングから逆算して流れを作るスタイルです。
理路騒然とした安定感がある小説が書きやすいです。一方、優等生っぽくなりやすくて、良くも悪くも暴走が少ない。途中で中断して絶筆することが一番少ないのがこのスタイルです。最初に全体の流れが作るので、おもしろくなるかは前準備が重要となります。どちらかというと努力型に多いスタイル。
安定感がある一方、ドキドキ感が少なくなりやすいですね(自省)
ラブコメや恋愛もの、ヒューマンドラマを好む作家さんが多いイメージ。

③設定を重視する


こちらはぎちぎちに設定を重視するスタイルです。
SFや異世界系の作家さんに多く見られますね。
詳細な別世界を自分の中に作りこんで、その世界で登場人物を動かしていきます。
②と似ているようで、ちょっと違う。
まるっきり別の世界を創るので、②以上に事前の準備と、設定をつなぎ合わせる技術が必要になります。
理系のひとが多いイメージ。
スケールが大きい話を書きやすい一方で、序盤に設定の話が多くなりやすくて、読者さんが置いていかれしまいやすくバランスをとることがかなり難しいです。
かなりの技術と専門知識が必要となる職人肌の人が好むスタイルです。

④キャラクターを重視する


これもわかりやすい。
かわいいキャラや面白いキャラを作ってあとは自由に動いてもらう。
事前準備よりも即興的な技術が重要になってくるスタイルです。
調子がいいときは、どんどん話が進み、悪くなると簡単に更新が止まってしまう。
天才肌のひとに多いイメージです。
完結をあまり重要視せずに、プロセスのおもしろさを重視するスタイルともいえます。
魅力的なキャラが多く、ファンも付きやすい。
上を狙うのであれば、このスタイルが最もやりやすい。しかし、天才肌のため、作者が失踪してしまうことも多いです。なんとなく、この分類でいちばんマンガ家に近いイメージです。

まとめ

以上、私が簡単に4分類してみました。

創作を始めたい人は、どのスタイルでいくか考えてみると面白いかもしれません。

その他の小説関係の記事はこちら

―――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――

ブログ村のランキングに参加中です。
おもしろかったらクリックしていただくととても嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村