羽生式右玉を研究する①

ということで最近はネット将棋の過去棋譜から羽生式右玉を研究しております。

今の課題局面はこんな感じ。

ここから後手の指し方が多くて面白いと思います。

局面は早繰り銀vs羽生式右玉ですよね。

①ここから銀矢倉を作ってねじりあいに移行する(ただここからすぐに△4三銀は不利なのでなにかしらのカバーが必要)

②右玉から中住まいに組み替えて▲3五歩△4五歩▲3四歩△5五銀と決戦に挑む。

最近の流行は①ですが、②もかなりいけると思うんですよね。

羽生式右玉の最大のメリットは広さだと思います(△5二金型のほうが固いけど、あえて△7二金型にすることで広さがある)。一手中住まいにするだけでこのバランス最強の広さを獲得できるのすごいなぁと思います。

ここから決戦で△同銀として▲同歩△8六歩▲同銀△6五歩とかで玉頭戦による決戦です。

居飛車の全戦型に対応 なんでも右玉 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,624から
(2021/5/15 13:43時点)

(叡王戦観戦記)木村一基 九段 vs. 都成竜馬 七段 ~後手雁木対策の左美濃炸裂!

ということで昨日の叡王戦すごかったですね。

都成先生の後手雁木に対して、左美濃早繰り銀で対抗する木村先生。

この対策めちゃくちゃ強いんですよね。左美濃の勝率が結構高いと思います。

雁木の良さって攻撃力なんですが、この左美濃がそのお株を奪っていて雁木が主導権を握られやすいんですよね。

でも、さすがは都成先生。

雁木側が玉頭からカウンターを仕掛けて混戦へ。

でもここからが千駄ヶ谷の受け師。

絶妙なバランス感覚とかわしかたでいなして、さらなるカウンターが炸裂!!

広くて捕まりにくい形を活かしてみごとに木村先生の勝利!

まさに王道木村将棋!

よくわかる雁木 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,525から
(2021/5/12 00:00時点)

王座戦観戦記 深浦康市 九段 vs 藤井聡太 二冠~人類代表が怪物撃破!!~

いや、さすがは深浦先生のような将棋でした。

最初は矢倉でしたね。

藤井二冠はツノ銀雁木に構えたので、先手から仕掛けてきました。

▲3五歩急戦ですね。久しぶりに見た。

ただ、自分の知っている定跡は矢倉▲3七銀戦法の変化なんでまた違いますけどねw

今回は雁木に早繰り銀も含みのような形。

藤井二冠の棋風をような深浦先生の猛攻。

深浦先生ってどちらかと言えば受け将棋ですが、さすがは羽生キラーと恐れられた男。

ただ、最近の藤井二冠は受け将棋シフトな感じで後手も上手く対応していましたね。

後手のカウンターが炸裂して、これはいつもの藤井聡太パターンかと思いましたがさすがの粘り。

▲9五角あたりからまさに深浦将棋で逆転した感じでした。

この受け方はまさに深浦哲学!!

いや、しびれましたね。

最後は鮮やかな寄せ。

深浦先生はさすが人類代表みたいなすごい棋譜でした。

斬り合いで勝つ! 深浦の居飛車穴熊 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,694から
(2021/5/8 00:32時点)

【新刊1500文字レビュー】『中飛車の逆襲 対三間飛車編』

ということで買ってしまいました!

久しぶりの中飛車本!

相振り飛車に弱いので最近は先手中飛車を封印中なので起死回生になると嬉しいな(笑)

① 相美濃囲い

第1章は相美濃囲いですね。

角を浮かない理由が語れていてとても勉強になりました。

この解説すごくいい。

端歩の見解もちゃんと語られていておもしろい。

囲いをどうやって固めるのか、端歩攻めのタイミングを具体的に指定してくれているのもいい。

ただ、前提知識としてはこの2冊くらい理解しておいた方がよさそうです。

相振り飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋21)

新品価格
¥1,430から
(2021/5/4 23:23時点)

将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,355から
(2021/5/4 23:24時点)

上は端攻めの手筋を知るため。下は基本の流れを知るために必須級ですからね。

やっぱりリスクが高い変化も多い印象ですね。これをまとめるには結構大変そう。

いい筋でも先手がなかなか主導権を握れないんですよね。これが先手中飛車使いの悩み。

最終的に向かい飛車に振り直す(浮き飛車)パターンですが、軽快に動く感じ。

② 後手穴熊編

こちらも難解な変化を避けている感じ。

基本はやっぱり端攻め。

個人的にはこっちの変化の方がわかりやすいですね。基本的に端攻めですから(笑)

あんまり三間飛車側が穴熊に組むメリットはないような気がします。軽快なフットワークをしなくちゃ打開できないので・・・

なら美濃囲いにして主導権を握る方が三間飛車的に指しやすい。

個人的には金無双型三間飛車の方が有力だと思います。

③角道不突き中飛車

これは比較的に新しい中飛車です。

これは自分もたまに指します(ただ、変化が居飛車に振り直したりするので純粋振り飛車党的にはどうなんだろう? オールラウンダーだから勝てればOK)

嬉野流相振り飛車とも合流したりしてかなりおもしろいです(笑)

縦の将棋になりやすいのでこれ好き。自分の知らない変化も学べたのでこの章がお気に入りでした。

詰みまでの研究もあって難しいけど最先端ですね。

三間飛車が飛車先の歩を突くか、中央で止めるか、一手で止めるかで大きな流れがありますね。

3筋保留型だと角交換も有効になってきますからね。この変化はおもしろい。

基本的にじっくり組んで、振り直しのための手損の価値を低くする主張だと思います。

速攻型は基本取り扱わないので注意ですね。

➃中飛車左穴熊

従来型は厳しくなってきたのでこれは修正型ですね。

まずは乱戦型の変化の注釈もあって嬉しい。

後手が穴熊か美濃でわけていますね。

個人的には美濃の方が嫌ですw

この序盤で書かれていますが、普通の手だと左穴熊の方がきつくなりやすいので注意が必要ですね。

並べた感じ居飛車穴熊とも違うかなり独特な手筋が多い印象ですね。

で、対美濃囲いの場合は三間飛車側に速攻パターンが多いのでそれが難しいです。

自分が左穴熊を封印した理由がそれ。

▲7八金型って囲いが薄い気がするのも・・・

右の金銀を使って厚みで制圧するのは好きなんですが(笑)

この章は三間飛車党も読んでおいた方がいいと思います。ためになる筋が多い!

そう読んでいると185ページに▲5九金型中飛車左穴熊ありました。

自分はこれが好き。

固めやすいんですよね。ただ、先攻を許しやすいのがネック。

まとめ

基本的に定跡の難易度は結構高めだと思います。

というのも受け中心になりやすいんですよね。中飛車からふり直すとどうしても攻めが早い三間飛車に先攻されやすいので、それをどうするかという感じです。

端攻めも大事な要素なので、基本の2冊を抑えてから読んだ方が挫折は減りそうです。

初段以上の中飛車党におすすめ!

級位者の方には結構難しいかも?

中飛車の逆襲 対三間飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,525から
(2021/5/5 00:22時点)

棋書&定跡書について思うこと!

ということで今回は棋書について思うことを書きます。

自分の中で定跡書はこんな感じに分かれています。

①プロの最前線の定跡まで網羅して、将棋の心理を探求する定跡書(『羽生の頭脳』型)

②歴史を中心にどのように定跡が発達していったのかを説明し理解を深める定跡書(『四間飛車の急所』型)

③難しい定跡を排除してわかりやすい変化を中心に解説する入門書タイプ(創元社本や一手ずつ解説するタイプ)

この3つに分類して、現在の出版状況は①に偏っていると思います。羽生の頭脳以来続いている主流派です。

羽生の頭脳1 四間飛車破り (将棋連盟文庫)

新品価格
¥1,210から
(2021/5/2 10:53時点)

そして、①を使いこなせるアマチュアはアマ高段位レベルなんですよねw

逆に棋書を求めているボリューム層は中級~中段者。

なので、需要と供給が微妙にミスマッチしていると思うんですよ。

②の形がアマ的にはベストだと私は考えています。

このタイプはアマ的にも名著が多い。

四間飛車の急所〈1〉 (最強将棋21)

新品価格
¥1,540から
(2021/5/2 10:55時点)

四間飛車破り 【居飛車穴熊編】 (最強将棋21)

新品価格
¥1,540から
(2021/5/2 10:55時点)

矢倉の急所?4六銀・3七桂型 (最強将棋21)

新品価格
¥1,540から
(2021/5/2 10:56時点)

思いついただけでもこんな感じで名著が並びます。

アマ初段を目指す人(アマ将棋で最も人口が多い層)が①の論文みたいな定跡書を理解できるかと言えばまあ難しいでしょう。私も級位者時代に何度も挫折してますし、有段者になっても理解できないことが多いw

なので今後の出版としては②タイプと③タイプを増やしてもらいたいなと要望を出しておきたいなと(笑)