【駒落ち感想戦】vs2級の方(飛車香車落ち)

今回は駒落ち感想戦です。

2級のかたと飛車香車落ちをやりました。

棋譜はこちらです↓

棋譜:

△3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲1六歩 △4二銀 ▲1五歩△4三銀 ▲1八飛 △6二玉 ▲1四歩 △同 歩 ▲同 飛△1三歩 ▲1八飛 △7二玉 ▲4八銀 △6二銀 ▲4六歩
△3二金 ▲4七銀 △5四歩 ▲5六銀 △5三銀 ▲6八玉△6二金 ▲7八玉 △9四歩 ▲9六歩 △6四銀 ▲5八金右△7四歩 ▲4八飛 △5三金 ▲6八金上 △8四歩 ▲1二歩△7五歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲4五歩 △8五歩

この41手までは定跡どおりの展開です。

飛車香車落ちの上手はいくつか定跡がありますが、玉頭戦になりやすいこの変化が自分の一番の好みです。

棋譜②:▲1一歩成△同 角

ここら辺は下手の方の定跡理解が甘かった部分ですね。

飛香落ちの別の部分の定跡と混同していたのだと思います。

【決定版】駒落ち定跡

新品価格
¥3,080から
(2020/6/28 15:06時点)

自分の使った定跡はこちらの本の194頁以降が詳しいですね。

仕掛け手順がごっちゃになってしまったと感想戦で言っていたので、ちょっと注意が必要だと思いました。

この手順が早いと上手が歩を得してしまうので、下手が損します。

右四間飛車で仕掛ける方が正解です。

棋譜③:▲4四歩 △同 銀 ▲1二歩 △3三角 ▲4五銀△4三歩 ▲4四銀

この▲4四銀が疑問手ですね。これに代えて▲3四銀とすれば以下のようにつながります。

変化:▲3四銀 △2二角 ▲4五歩 △3三銀 ▲同銀成 △同 角▲同角成 △同 金 (▲1三香or▲4二銀)

棋譜➃:△同 歩 ▲1一歩成 △同 角 ▲1二銀△3三角 ▲2一銀不成△4二金 ▲1八飛

この図の飛車の動きは損ですね。代えて香車の成りこみのほうがいいと思います。

棋譜⑤:△7七歩 ▲同 角△7六銀打 ▲8八角 △8六歩 ▲同 歩 △7七歩 ▲同 桂△8六銀 ▲1三飛成 △8七歩 ▲9七角 △7七銀直成▲同 金△同銀成 ▲同 玉 △8五桂 ▲6八玉 △9七桂成

下手の攻撃が落ちついたので、上手も動きます。

玉頭戦において数的有利ならば、ほぼ勝ちなので、数的有利を確保しながら歩の手筋を連発して、玉頭戦で圧勝した流れです。

これでほとんど上手が逆転しているはずですね。

この手順は、実は研究手順として用意してあった定跡の応用です。

2週間ほど、飛香落ちの定跡開発のためにかなり深いところまで研究していたので、下手の仕掛け手順のずれもありましたが、事前準備がうまくいきましたw

このツイートが2週間前なので、その間にかなりオリジナル定跡が厚くなりました(笑)

棋譜⑥:▲6五桂△6四金 ▲5三銀 △6五金 ▲4二銀不成△同 角 ▲3二銀成△5六桂

取れそうで取れない桂馬打ちです。とってしまうと、王手竜取り。取らなくても寄せに効いてくる絶妙手のはず?(笑)

棋譜⑦:▲5九玉 △7五角 ▲1二龍 △5七角成

この角成に、残っていた時間すべて(4分以上)を費やして、検討しました。

仮に同金でも

変化②:▲同 金△4八金 ▲6九玉 △6八銀 ▲同 銀 △同桂成 ▲同 玉△5九角 ▲7八玉 △8八歩成 ▲6九玉 △6八銀

これで詰みです。

凌げるのが、▲4八銀・▲3八金の2つのパターンだけだったみたいです(ソフト解析)

必至だと判断していましたが、読み抜けがありましたね。

棋譜➇:▲4九銀△6九金 ▲同 玉 △7九馬 ▲同 玉 △8八歩成 ▲6九玉△7八と ▲同 玉 △8七角
まで99手で上手の勝ち

こちらの方が分かりにくい詰みでしたが、うまく詰ませられました。

本気で勝ちに行ったので、事前準備に助けられました(笑)

普通なら終盤の難所で4分も考えられないですからね(;’∀’)

【駒落ち感想戦】飛香落ちvs2級のかた

はじめに

ひさしぶりに駒落ちの記事です。

珍しい飛香落ちです。

この駒落ちは、端攻め&右四間飛車が有力だと考えられており、手筋が中川流右四間飛車などと近く、矢倉や雁木・角換わり戦に使える手筋の宝庫なので、居飛車党は必須の定跡ですよ(笑)

そして、この駒落ちよりも上は、矢倉・雁木大好きな自分には、上手をもって天職みたいなところがあります(笑)

香車落ち上手も、振り飛車各種が使えるので、結構得意(+_+)

なにせ、ぴよ将棋三段には三間飛車で上がってます(‘ω’)ノ

私のオールラウンダーな将棋は、駒落ち上手から生まれていると思います(;’∀’)

上手の陣形も雁木右玉っぽくないですか?

今回の上手も雁木の手筋を応用して逆襲しました。(47~57手くらいまで)

この飛香落ちは、下手が攻めのつなぎ方を覚えるための定跡です。

右四間飛車は、棒銀と並んで、もっとも攻めを繋げるコツを学ぶことができるためです。

さらに、上手も大駒を持っているので、反撃されやすいです。しっかり受けも考えなくてはいけません。

あと、上手が3筋の歩を突くか・8筋の歩を突くかで定跡が変わってきます。

前者は、右四間飛車の攻撃を受け潰す方針。

後者は、玉頭戦で乱戦を作り出して、カウンターを狙う方針です。

私は後者が得意(笑)

KIF形式棋譜ファイル

Generated by Shogidokoro

手合割:飛香落ち
下手:二級のかた
上手:D
手数—-指手———消費時間–
1 3四歩(33) (00:13 / 00:00:13)
2 7六歩(77) (00:00 / 00:00:00)
3 4四歩(43) (00:00 / 00:00:13)
4 1六歩(17) (00:00 / 00:00:00)
5 4二銀(31) (00:00 / 00:00:13)
6 1五歩(16) (00:00 / 00:00:00)
7 4三銀(42) (00:00 / 00:00:13)
8 1八飛(28) (00:00 / 00:00:00)
9 6二玉(51) (00:13 / 00:00:26)
10 1四歩(15) (00:00 / 00:00:00)
11 同 歩(13) (00:00 / 00:00:26)
12 同 飛(18) (00:00 / 00:00:00)
13 1三歩打 (00:00 / 00:00:26)
14 1八飛(14) (00:00 / 00:00:00)
15 7二玉(62) (00:00 / 00:00:26)
16 4八銀(39) (00:00 / 00:00:00)
17 6二銀(71) (00:11 / 00:00:37)
18 4六歩(47) (00:00 / 00:00:00)
19 3二金(41) (00:00 / 00:00:37)
20 4七銀(48) (00:00 / 00:00:00)
21 5四歩(53) (00:14 / 00:00:51)
22 5六銀(47) (00:10 / 00:00:10)
23 5三銀(62) (00:11 / 00:01:02)
24 6八玉(59) (00:00 / 00:00:10)
25 6二金(61) (00:00 / 00:01:02)
26 7八玉(68) (00:00 / 00:00:10)
27 9四歩(93) (00:00 / 00:01:02)
28 9六歩(97) (00:00 / 00:00:10)
29 6四銀(53) (00:10 / 00:01:12)
30 5八金(49) (00:14 / 00:00:24)
31 7四歩(73) (00:21 / 00:01:33)
32 4八飛(18) (00:10 / 00:00:34)
33 5三金(62) (00:00 / 00:01:33)

*ここまで定跡手順
34 1二歩打 (00:15 / 00:00:49)
35 8四歩(83) (01:23 / 00:02:56)
36 4五歩(46) (00:00 / 00:00:49)
37 3三角(22) (00:28 / 00:03:24)
38 6八金(69) (00:17 / 00:01:06)
39 8五歩(84) (00:43 / 00:04:07)
40 1八飛(48) (01:10 / 00:02:16)
*疑問手。このまま右四間飛車で攻め潰すほうが有力。
41 7三桂(81) (00:40 / 00:04:47)
42 4四歩(45) (00:16 / 00:02:32)
43 同 銀(43) (00:22 / 00:05:09)
44 4五歩打 (00:00 / 00:02:32)
45 5五銀(44) (00:25 / 00:05:34)
46 4八飛(18) (01:23 / 00:03:55)
47 2四角(33) (01:29 / 00:07:03)
48 5五銀(56) (00:00 / 00:03:55)
49 同 歩(54) (00:19 / 00:07:22)
50 1一歩成(12) (02:25 / 00:06:20)
51 5六歩(55) (00:11 / 00:07:33)
52 2一と(11) (00:22 / 00:06:42)
53 5七歩成(56) (00:30 / 00:08:03)
54 同 金(58) (00:00 / 00:06:42)
55 6五桂(73) (00:00 / 00:08:03)
56 5六金(57) (00:49 / 00:07:31)
57 5七銀打 (00:52 / 00:08:55)
58 同 金(56) (00:54 / 00:08:25)
59 同 桂成(65) (00:00 / 00:08:55)
60 4九飛(48) (00:26 / 00:08:51)
*これが敗着の一手▲1八飛車で下手優勢
61 6八成桂(57) (00:26 / 00:09:21)
62 同 銀(79) (00:00 / 00:08:51)
63 5八金打 (00:00 / 00:09:21)
64 7七角(88) (00:50 / 00:09:41)
65 4九金(58) (00:00 / 00:09:21)
66 5六桂打 (00:24 / 00:10:05)
67 2八飛打 (00:11 / 00:09:32)
68 6九銀打 (00:14 / 00:10:19)
69 5九金(49) (00:00 / 00:09:32)
70 6四桂(56) (00:19 / 00:10:38)
71 同 歩(63) (00:00 / 00:09:32)
72 5四歩打 (01:50 / 00:12:28)
73 6九金(59) (00:16 / 00:09:48)
74 7九銀打 (00:00 / 00:12:28)
75 6八金(69) (00:00 / 00:09:48)
76 同 角(77) (00:22 / 00:12:50)
77 6九銀打 (00:12 / 00:10:00)
78 8八玉(78) (00:10 / 00:13:00)
*ここで、下手玉に詰みがあったが読み切れなかったため、余して勝つ方針に転換。厚みの将棋は、余して勝つ方針になりやすい。
79 6八角成(24) (00:00 / 00:10:00)
80 8四桂打 (01:11 / 00:14:11)
81 6三玉(72) (01:26 / 00:11:26)
82 5三歩成(54) (00:14 / 00:14:25)
83 同 玉(63) (00:00 / 00:11:26)
84 4四金打 (00:17 / 00:14:42)
85 6三玉(53) (00:14 / 00:11:40)
86 7二銀打 (00:33 / 00:15:15)
87 7三玉(63) (00:17 / 00:11:57)
88 6八銀(79) (02:36 / 00:17:51)
89 同 飛成(28) (00:00 / 00:11:57)
*ここで下手の方が投了。以下、詰みまで解説。
90 投了 (00:16 / 00:18:07)
まで89手で上手の勝ち

変化:90手
90 7八金打 (00:00 / 00:17:51)
91 7九角打 (00:00 / 00:11:57)
92 9八玉(88) (00:00 / 00:17:51)
93 7八龍(68) (00:00 / 00:11:57)
94 8八角打 (00:00 / 00:17:51)
95 同 龍(78) (00:00 / 00:11:57)

変化:85手
85 5二玉(53) (00:00 / 00:11:26)
*ここで5二玉なら即詰みになる。以下、手順参照。
86 5三金打 (00:00 / 00:14:42)
87 6一玉(52) (00:00 / 00:11:26)
88 6二銀打 (00:00 / 00:14:42)

変化:79手
79 6八飛成(28) (00:00 / 00:10:00)
*この飛車成りから即詰み。
80 同 銀(79) (00:00 / 00:13:00)
81 7九角打 (00:00 / 00:10:00)
82 同 銀(68) (00:00 / 00:13:00)
83 同 角成(24) (00:00 / 00:10:00)
84 9八玉(88) (00:00 / 00:13:00)
85 9七金打 (00:00 / 00:10:00)
86 同 桂(89) (00:00 / 00:13:00)
87 8九銀打 (00:00 / 00:10:00)

変化:84手
84 7七玉(88) (00:00 / 00:13:00)
85 8八銀打 (00:00 / 00:10:00)
86 6六玉(77) (00:00 / 00:13:00)
87 6五金打 (00:00 / 00:10:00)

変化:60手
60 1八飛(48) (00:00 / 00:08:25)
*以下の手順が有力?
61 6八成桂(57) (00:00 / 00:08:55)
62 同 銀(79) (00:00 / 00:08:25)
63 5六歩打 (00:00 / 00:08:55)
64 5八歩打 (00:00 / 00:08:25)
65 8六歩(85) (00:00 / 00:08:55)
66 同 歩(87) (00:00 / 00:08:25)
67 8七歩打 (00:00 / 00:08:55)
68 8四桂打 (00:00 / 00:08:25)

変化:40手
40 4四歩(45) (00:00 / 00:01:06)
41 同 銀(43) (00:00 / 00:04:07)
*これ以降は感想戦の手順
42 4五銀(56) (00:00 / 00:01:06)
43 5五歩(54) (00:00 / 00:04:07)
44 3四銀(45) (00:00 / 00:01:06)

相居飛車とは、厚みの奪い合い~自戦記(2枚落オリジナル定跡奥義・上手6四金型位取り)~

はじめに


ということで今回は自戦記です。
このサイトは奇襲戦法・駒落ち・プロの観戦記が3本柱で、久しぶりの駒落ち記事です。
今回は、前回二歩突っ切り定跡で私を完封した3級の方へのリベンジ戦です。

前回は定跡通りに指して、私が完敗したので、駒落ち専門サイトの主として本気の勝負を挑みました。
D流二枚落ち裏定跡の奥義”上手6四金型位取り”を採用しました。

上手6四金型位取り


この定跡は、ぴよ将棋に駒落ち上手で勝つために開発した定跡で、相手が二歩突っ切りでも銀多伝でも対抗できるように独自開発したオリジナル定跡です。

この記事の進化版ですw

この定跡を初見で破ることができた場合は、ぴよ初段に匹敵するくらいの強さだと思います(笑)(実は、居飛車党になるために必須の知識が詰まっているので、教材としてもかなり有効です)

棋譜

感想戦

ということで序盤から、かなり飛ばしています。
この上手6四金型位取りは、私の棋風がもっともでやすく作っているので、玉頭に厚みが作戦の根幹。


あえて、中央の厚みを放棄しているのは、二枚落ち上手の戦略では中央の厚みを維持することができないためです。であれば、王様の安全に最も影響が出る玉頭付近の6~7筋に手厚い陣形を作って逆転を狙っていくのがこの戦法の骨子。


普通の駒落ち定跡だと、下手はゆったり囲ってから動くのがセオリーですが、この定跡はゆっくり囲おうとすると玉頭に上手の要塞が完成するため、下手がゆっくりしていると、完全に抑え込まれる危険性が高まります。また、仕掛けの権利が上手にもあり、より緊張感がある序盤になります。正直、上手側が自分でこんなに動くのはずるい気もするんですが、より平手に近い感覚になるのがメリット。

対人戦では、二枚落ちの基礎がしっかりできていると思った人にしかやりません。だから、ひよこにはたくさんやります。

平手定跡の勉強にもなるので、今回の場合は先にある程度、攻めの形を作っておくことをお勧めしております。

24手目


ここで、下手の方はカニ囲いを目指しましたが、そうすると自分の厚みを目指す理想形が完成してしまいます。そうすると下手の作った3~4筋の価値が相対的に低下します。2手後の△3四歩によって上手の飛車先の歩が抑え込まれてしまいます。

かといって、敵の玉頭に飛車を振ってもそちらでも厚みが完成していて、どちらでも抑え込まれやすくなってしまって、飛車の価値も低下させることができました。


厚みを志向してくる敵に対して、ゆったりしていると、好位置を抑えられて完封負けしてしまう。


いちおうこの戦法への対処法(=厚みへの対処法)としては、二点あります。
①速攻パターン(厚みの理想形完成前に攻めたおす)
②自分も厚みを作る

これは性格診断にもなっていて、①を目指す人は角換わりが得意、②が好きな人は矢倉や雁木が得意。勝手にそう思っています。

①のパターンならカニ囲いを作る前に、3四歩などで銀を叩いたりして、陣形を乱しておくといいですね。上手から見た左辺で主張を作るパターンです。

具体例:▲3四歩△2二銀▲4六銀 △7四歩▲3七桂△7三玉▲3五銀△5五歩▲4六飛△5四金▲5六歩△6四銀 ▲5八金右

②を目指すなら、6筋の位を取られないようにこちらも歩をついて、カニ囲いから矢倉を作っていくと一方的に厚みを作られないようになります。こちらは上手から見た右辺で主張を作るイメージ。

今回の下手はカニ囲いを優先したことで、抑え込まれやすくなり、上手の理想形を許す展開になりました。

中盤戦

ただ、この後の手筋の使い方がとてもうまかった。
お相手の方は攻めに定評がある棋風のように思います。46手目など歩を使った手筋がとてもうまいと感じました。
これが勝利につながらなかったのは、次の歩の連打の後のまとめ方がネックだったと思います。

60手目


ここで▲8三銀と打てたら、下手大優勢でした。ここらへんは厚みある陣形を作って逃げやすい局面を作っていた上手陣形の唯一のウィークポイント。下図のように銀と金を使って上下の挟み撃ちができていたら、ほぼ勝ちですね。


逆に、それを逃すと自分の陣形の厚みが生きる形となりました。

終盤戦

厚みは広さと同じ意味を持っているので、金銀が集結している上部にも、壁駒が少なくなった下部にも逃げ出すことができます。


今回は下手の攻め駒が少ないので、下部脱出を選択。

うまく逃げ込み、詰まない形を確保し、逆襲に転じました。龍を自陣の守りに転回するのは、永瀬二冠風です。


持ち時間が無くなった下手の方にミスが出て、時間切れとなりました。

この時間切れについては、相手の方も相当悔やんでいらっしゃって、何度も謝っていただきました。自分としては、しっかり考えた上のミスなので、そこまで気にしなくていいと思います。誰もが一度はやったことありますよね(;^ω^)

まとめ


今局は厚みの有効性を強く示したものにすることができました。
居飛車党として、厚みの感覚を養うためにはいくつか方法がありますが、自分の場合は以下のことをおすすめします。

①二枚落ち定跡をしっかり理解する(厚みから攻撃に移る手法をおぼえられる)
②駒落ち上手を積極的に持つ(厚みを使って受けて抑え込み、逃げる技術を学べる)

このふたつをバランスよく学ぶと厚みある将棋の理解が深まります。

また、位や厚みについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、よかったらどうぞ。

【定期宣伝↓】NHK杯やアベマトーナメント、各種棋戦・タイトル中継のアーカイブスが豊富なアベマTVのプレミアムはいかがでしょうか?将棋のビデオが月額960円で観放題です。

友だち対局感想戦~二枚落ちvs二歩突っ切り定跡~

はじめに

昨日、twitterのほうで、友だち対局をおこなうこととなり、2枚落ち上手をもって友だち対局をしてきました。

今回は変化しないで、表定跡の方で正々堂々と挑みましたw

やっぱり、定跡どおりにやると必勝形を覆すのが難しいですよね。

個人的にはかなり粘って、終盤に入玉寸前までいけたんですが、飛車の動きをミスって一気に崩れてしまいました(笑)

ということで、棋譜添削も踏まえた感想戦です。

相手の方は3級の方でした。

棋譜

感想戦

二枚落ち定跡の二歩突っ切り定跡ですね。

相手は3級の方ですが、ここまでしっかり定跡どおりに駒組みしてもらえると、自分もお手上げです。

持ち時間は、30分ー30秒でやったので、お互いに時間を使い切り質の高い棋譜になったと思います。

1-41手目まで

一か所だけ手順前後(28-31手目)もありましたが、基本的に定跡手順に従った将棋となりました。自分も一応、駒落ちの専門家を名乗っているので、裏定跡もある程度わかるのですが、ここまで基本をしっかり勉強してくれた方なので、正々堂々と正面から勝負する方針へ。

ここまで、厚みと囲いがしっかり作られると、ほとんど上手の敗勢です。ここから以下に粘って、お互いに質の高い終盤のトレーニングをするかに焦点が移ってきます。

42手目

▲3五銀も定跡手ですが、ここの最善は上手に中央の厚みを作らせない▲5六歩です。ここで、上手に中央の厚みを作らせてしまうと、いろんな粘りや紛れの形を作られやすいので、下手としては損ですね。今回はそのおかげで自分が粘りやすくなりました。

「中央の位は天王山」はもう死語ですが、居飛車党の基本的な概念ではあるので、駒落ち対局の時はしっかり意識すると平手でも手を指しやすいと思います。

中央の厚みを無条件で取られると、持久戦になった時にどうしても手に困りやすくなるので(;’∀’)

駒落ち定跡=居飛車の基本的な考えを学ぶ場となっているので、詳しく解説しました。

43-54手目

仕掛けの手順も基本に忠実で、とても理にかなっている攻め方でした。

特に、52手目の▲2六角は、勉強しないと指せない手なので、しっかり勉強していることが分かります。

自分の反省としては、もう少し3一銀を早めにしておくべきだったと思います。

ここは上手の反省点です。

55手目

これは自分の誘い水でした。

次の一手は▲5六飛車で最善手ですが、将来的に手に入るであろう銀を使って飛車をいじめるためにあえて誘導させていただきました。

赤丸の部分に銀や金を置けば飛車の動きを制圧できるので、王の逃走経路も確保しやすくなります。悪手ですが、意外と咎めにくい上に将来的にミスを誘発させやすい一手なので完全な勝負手です。

そうこうしないと、相手の方の勝勢局面なので、逆転が難しくなるのでリスクを取って攻めに行きました。

69手目

私が用意していた勝負手が炸裂しました。

△5五銀(悪手の勝負手)

ここの最善は▲同飛です。

以下、昨日の感想戦で上げた以外の一例としては

▲同 飛△同 金▲5二銀△7二玉▲5三と△同 銀▲同角成

これで綺麗に寄せきってます。飛車を切ると言うのはかなり難しいので、指されたら投了やむなしですね。逆転を狙うための勝負手ですがうまく悪手に誘導できました。

74手目

ここでは、ふたつの手が思いつきます。

①6四銀(昨日の感想戦で提示した手)

②5三と(今日、思いついた手)

どちらもかなり有効な手ですね。

①の場合は確実に馬が作れて寄せ局面へと移行可能で、金取りと馬成りの二つの攻めが非常に受けにくい(堅実な手)

②こちらのほうが若干攻めが早い(※ただし、思いつきにくい)。1手早く馬を作ることができます。

ここの局面では、終盤のスピード感を養うためにおぼえておきたい手ですね。

終盤は駒得よりも早さを意識していくとより勝ちやすくなります。

75手目~

ここら辺は、もう完璧なくらい着実に勝負を決めようとしています。

特に、81手目の4三銀は、見事な詰めろでした。

83手目のこちらの手順に気がつけばさらによかった。

▲8三金です。

安易な王手よりも、包囲網を作った方がより勝ちやすい局面でした。

100手目付近は、こちらがかなり挽回しました。下手やや有利くらいの盤面だったはずです。

111手目の△4七飛車成りが自分の大悪手でした。

一手ミスれば即詰みにできる場面が続いたので、攻めを焦りましたね。

5七桂馬を見逃していました(笑)

みごとに、咎められて終局です。

もう少し粘りを見せられたら良かったのですが、苦しい将棋を耐えまくりました(笑)

いや~強かった。

最後の方は詰ませにくい中段玉もうまくやられてしまいました。

以上、感想戦でした。

今回の記事を深く知りたい方はこちらをどうぞ。

駒落ち定跡 決定版 [ 所司和晴 ]

価格:3,080円
(2020/4/5 11:35時点)
感想(2件)

天野宗歩著『将棋精選』現代語訳プロジェクト②~四枚落ち~

前回の記事はこちら↓

四枚落ち①

△6二銀 ▲1六歩 △3二金 ▲1五歩 △2四歩 ▲9六歩
△7二金 ▲9五歩 △8四歩 ▲2六歩 △2三金 ▲9四歩
△同 歩 ▲同 香 △9三歩 ▲同香成 △同 桂 ▲9四歩
△8三金 ▲9三歩成 △同 金 ▲3五桂 △2二金

▲2五歩
△同 歩 ▲2四歩

このようにして、下手よし。
この後は飛車先から仕掛けするのがよい。
そうじて、四枚落ちは最初のは左右の端からの仕掛けに専念すべしだとおぼえておくべし。
_______
△2二金のところ
△3四金 ▲4三桂不成
△4二玉 ▲3一桂成 △同 玉 ▲1四歩 △同 歩 ▲1二歩
△3五桂 ▲3八銀

でも下手指しやすい。

四枚落ち②

手合割:四枚落ち

△6二銀 ▲1六歩 △3二金 ▲1五歩 △2四歩 ▲9六歩
△7二金 ▲9五歩 △8四歩 ▲2六歩 △2三金 ▲9四歩
△同 歩 ▲同 香 △9三歩 ▲同香成 △同 桂 ▲9四歩


△8五桂 ▲9三歩成 △7四歩 ▲7八銀 △4二玉 ▲8六歩
△7三金 ▲7六歩 △7五歩 ▲8五歩 △同 歩 ▲3五桂
△3四金 ▲2三桂成

このようにして、下手よし。この後は、端歩の突きだしをして優勢。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

△8五桂のところ

△9一香 ▲9三歩成 △同 香 ▲9七歩 △3二銀 ▲2五歩
△同 歩 ▲同 飛 △2四歩 ▲2六飛 △3四歩 ▲8六飛
△8三金 ▲7五桂

でも下手よし。

△3四歩のところ

△8三金 ▲2二歩
△同 金 ▲7五桂 △9四金 ▲8三桂成△2三金 ▲9六歩

これでも下手指しやすい。

ただし、この後は▲9五歩の突きにて下手優勢。

四枚落ち③

△6二銀▲1六歩△3二金▲1五歩△2四歩▲9六歩△7二金▲9五歩△8二金
▲2六歩△2三金▲3八銀△2二銀▲7六歩△4二玉(※1)

▲2七銀△3四歩▲3六銀
△3三桂▲1七桂△3二玉▲2五歩△同 歩▲同 桂△2四歩▲3三桂成
△同 銀▲1四歩△同 歩▲4五桂△4四銀▲2五歩△同 歩▲同 銀△3五銀▲1四銀


このようにして下手よし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

△4二玉(※1) のところ

△5四歩 ▲2七銀 △3四歩 ▲3六銀
△3三桂 ▲1七桂 △5三銀 ▲2五歩 △同 桂 ▲同 銀
△同 歩 ▲同 桂 △2四歩(※2) ▲1三桂成 △同 銀 ▲1四歩
△同 銀 ▲同 香 △5五桂 ▲1八飛 △6七桂不成▲6八玉
△7九桂成 ▲同 玉

これにて下手よし

△2四歩(※2) のところ

△2四銀 ▲4五桂 △4四銀(※3) ▲同 角
△同 歩 ▲5三桂成 △6一玉 ▲3三桂成 △同銀上 ▲2四飛

これでも下手よし。

△4四銀(※3) のところ

△4二銀 ▲3三桂右成
△同銀左上 ▲同桂成 △同 金 ▲同角成 △同銀引 ▲2一飛成
△3一桂 ▲3二龍 △2三角 ▲5三銀

これでも下手よし。

棋譜データ

手合割:四枚落ち
下手:
上手:
手数—-指手———消費時間–
1 6二銀(71) (00:00 / 00:00:00)
2 1六歩(17) (00:00 / 00:00:00)
3 3二金(41) (00:00 / 00:00:00)
4 1五歩(16) (00:00 / 00:00:00)
5 2四歩(23) (00:00 / 00:00:00)
6 9六歩(97) (00:00 / 00:00:00)
7 7二金(61) (00:00 / 00:00:00)
8 9五歩(96) (00:00 / 00:00:00)
9 8四歩(83) (00:00 / 00:00:00)
10 2六歩(27) (00:00 / 00:00:00)
11 8三金(72) (00:00 / 00:00:00)
12 1四歩(15) (00:00 / 00:00:00)
13 同 歩(13) (00:00 / 00:00:00)
14 同 香(19) (00:00 / 00:00:00)

変化:11手
11 2三金(32) (00:00 / 00:00:00)
12 9四歩(95) (00:00 / 00:00:00)
13 同 歩(93) (00:00 / 00:00:00)
14 同 香(99) (00:00 / 00:00:00)
15 9三歩打 (00:00 / 00:00:00)
16 同 香成(94) (00:00 / 00:00:00)
17 同 桂(81) (00:00 / 00:00:00)
18 9四歩打 (00:00 / 00:00:00)
19 8三金(72) (00:00 / 00:00:00)
20 9三歩成(94) (00:00 / 00:00:00)
21 同 金(83) (00:00 / 00:00:00)
22 3五桂打 (00:00 / 00:00:00)
23 2二金(23) (00:00 / 00:00:00)
24 2五歩(26) (00:00 / 00:00:00)
25 同 歩(24) (00:00 / 00:00:00)
26 2四歩打 (00:00 / 00:00:00)

変化:23手
23 3四金(23) (00:00 / 00:00:00)
24 4三桂(35) (00:00 / 00:00:00)
25 4二玉(51) (00:00 / 00:00:00)
26 3一桂成(43) (00:00 / 00:00:00)
27 同 玉(42) (00:00 / 00:00:00)
28 1四歩(15) (00:00 / 00:00:00)
29 同 歩(13) (00:00 / 00:00:00)
30 1二歩打 (00:00 / 00:00:00)
31 3五桂打 (00:00 / 00:00:00)
32 3八銀(39) (00:00 / 00:00:00)

棋譜②

手合割:四枚落ち
下手:
上手:
手数—-指手———消費時間–
1 6二銀(71) (00:00 / 00:00:00)
2 1六歩(17) (00:00 / 00:00:00)
3 3二金(41) (00:00 / 00:00:00)
4 1五歩(16) (00:00 / 00:00:00)
5 2四歩(23) (00:00 / 00:00:00)
6 9六歩(97) (00:00 / 00:00:00)
7 7二金(61) (00:00 / 00:00:00)
8 9五歩(96) (00:00 / 00:00:00)
9 8四歩(83) (00:00 / 00:00:00)
10 2六歩(27) (00:00 / 00:00:00)
11 2三金(32) (00:00 / 00:00:00)
12 9四歩(95) (00:00 / 00:00:00)
13 同 歩(93) (00:00 / 00:00:00)
14 同 香(99) (00:00 / 00:00:00)
15 9三歩打 (00:00 / 00:00:00)
16 同 香成(94) (00:00 / 00:00:00)
17 同 桂(81) (00:00 / 00:00:00)
18 9四歩打 (00:00 / 00:00:00)
19 8五桂(93) (00:00 / 00:00:00)
20 9三歩成(94) (00:00 / 00:00:00)
21 7四歩(73) (00:00 / 00:00:00)
22 7八銀(79) (00:00 / 00:00:00)
23 4二玉(51) (00:00 / 00:00:00)
24 8六歩(87) (00:00 / 00:00:00)
25 7三金(72) (00:00 / 00:00:00)
26 7六歩(77) (00:00 / 00:00:00)
27 7五歩(74) (00:00 / 00:00:00)
28 8五歩(86) (00:00 / 00:00:00)
29 同 歩(84) (00:00 / 00:00:00)
30 3五桂打 (00:00 / 00:00:00)
31 3四金(23) (00:00 / 00:00:00)
32 2三桂成(35) (00:00 / 00:00:00)

変化:19手
19 9一香打 (00:00 / 00:00:00)
20 9三歩成(94) (00:00 / 00:00:00)
21 同 香(91) (00:00 / 00:00:00)
22 9七歩打 (00:00 / 00:00:00)
23 3二銀(31) (00:00 / 00:00:00)
24 2五歩(26) (00:00 / 00:00:00)
25 同 歩(24) (00:00 / 00:00:00)
26 同 飛(28) (00:00 / 00:00:00)
27 2四歩打 (00:00 / 00:00:00)
28 2六飛(25) (00:00 / 00:00:00)
29 3四歩(33) (00:00 / 00:00:00)
30 8六飛(26) (00:00 / 00:00:00)
31 8三金(72) (00:00 / 00:00:00)
32 7五桂打 (00:00 / 00:00:00)

変化:29手
29 8三金(72) (00:00 / 00:00:00)
30 2二歩打 (00:00 / 00:00:00)
31 同 金(23) (00:00 / 00:00:00)
32 7五桂打 (00:00 / 00:00:00)
33 9四金(83) (00:00 / 00:00:00)
34 8三桂(75) (00:00 / 00:00:00)
35 2三金(22) (00:00 / 00:00:00)
36 9六歩(97) (00:00 / 00:00:00)

変化:34手
34 8三桂成(75) (00:00 / 00:00:00)
35 2三金(22) (00:00 / 00:00:00)
36 9六歩(97) (00:00 / 00:00:00)

棋譜③

手合割:四枚落ち
下手:
上手:
手数—-指手———消費時間–
1 6二銀(71) (00:00 / 00:00:00)
2 1六歩(17) (00:00 / 00:00:00)
3 3二金(41) (00:00 / 00:00:00)
4 1五歩(16) (00:00 / 00:00:00)
5 2四歩(23) (00:00 / 00:00:00)
6 9六歩(97) (00:00 / 00:00:00)
7 7二金(61) (00:00 / 00:00:00)
8 9五歩(96) (00:00 / 00:00:00)
9 8二金(72) (00:00 / 00:00:00)
10 2六歩(27) (00:00 / 00:00:00)
11 2三金(32) (00:00 / 00:00:00)
12 3八銀(39) (00:00 / 00:00:00)
13 2二銀(31) (00:00 / 00:00:00)
14 7六歩(77) (00:00 / 00:00:00)
15 4二玉(51) (00:00 / 00:00:00)
16 2七銀(38) (00:00 / 00:00:00)
17 3四歩(33) (00:00 / 00:00:00)
18 3六銀(27) (00:00 / 00:00:00)
19 3三桂(21) (00:00 / 00:00:00)
20 1七桂(29) (00:00 / 00:00:00)
21 3二玉(42) (00:00 / 00:00:00)
22 2五歩(26) (00:00 / 00:00:00)
23 同 歩(24) (00:00 / 00:00:00)
24 同 桂(17) (00:00 / 00:00:00)
25 2四歩打 (00:00 / 00:00:00)
26 3三桂成(25) (00:00 / 00:00:00)
27 同 銀(22) (00:00 / 00:00:00)
28 1四歩(15) (00:00 / 00:00:00)
29 同 歩(13) (00:00 / 00:00:00)
30 4五桂打 (00:00 / 00:00:00)
31 4四銀(33) (00:00 / 00:00:00)
32 2五歩打 (00:00 / 00:00:00)
33 同 歩(24) (00:00 / 00:00:00)
34 同 銀(36) (00:00 / 00:00:00)
35 3五銀(44) (00:00 / 00:00:00)
36 1四銀(25) (00:00 / 00:00:00)

変化:15手
15 5四歩(53) (00:00 / 00:00:00)
16 2七銀(38) (00:00 / 00:00:00)
17 3四歩(33) (00:00 / 00:00:00)
18 3六銀(27) (00:00 / 00:00:00)
19 3三桂(21) (00:00 / 00:00:00)
20 1七桂(29) (00:00 / 00:00:00)
21 5三銀(62) (00:00 / 00:00:00)
22 2五歩(26) (00:00 / 00:00:00)
23 同 歩(24) (00:00 / 00:00:00)

変化:23手
23 同 桂(33) (00:00 / 00:00:00)
24 同 銀(36) (00:00 / 00:00:00)
25 同 歩(24) (00:00 / 00:00:00)
26 同 桂(17) (00:00 / 00:00:00)
27 2四銀打 (00:00 / 00:00:00)
28 4五桂打 (00:00 / 00:00:00)
29 4四銀(53) (00:00 / 00:00:00)
30 同 角(88) (00:00 / 00:00:00)
31 同 歩(43) (00:00 / 00:00:00)
32 5三桂成(45) (00:00 / 00:00:00)
33 6一玉(51) (00:00 / 00:00:00)
34 3三桂成(25) (00:00 / 00:00:00)
35 同 銀(22) (00:00 / 00:00:00)
36 2四飛(28) (00:00 / 00:00:00)
37 中断 (00:00 / 00:00:00)
まで36手で中断

変化:29手
29 4二銀(53) (00:00 / 00:00:00)
30 3三桂成(25) (00:00 / 00:00:00)
31 同 銀(22) (00:00 / 00:00:00)
32 同 桂成(45) (00:00 / 00:00:00)
33 同 銀(24) (00:00 / 00:00:00)
34 同 角成(88) (00:00 / 00:00:00)
35 中断 (00:00 / 00:00:00)
まで34手で中断

変化:33手
33 同 金(23) (00:00 / 00:00:00)
34 同 角成(88) (00:00 / 00:00:00)
35 同 銀(24) (00:00 / 00:00:00)
36 2一飛成(28) (00:00 / 00:00:00)
37 3一桂打 (00:00 / 00:00:00)
38 3二龍(21) (00:00 / 00:00:00)
39 2三角打 (00:00 / 00:00:00)
40 5三銀打 (00:00 / 00:00:00)
41 中断 (00:00 / 00:00:00)
まで40手で中断

変化:27手
27 2四歩打 (00:00 / 00:00:00)
28 1三桂成(25) (00:00 / 00:00:00)
29 同 銀(22) (00:00 / 00:00:00)
30 1四歩(15) (00:00 / 00:00:00)
31 同 銀(13) (00:00 / 00:00:00)
32 同 香(19) (00:00 / 00:00:00)
33 5五桂打 (00:00 / 00:00:00)
34 1八飛(28) (00:00 / 00:00:00)
35 6七桂(55) (00:00 / 00:00:00)
36 6八玉(59) (00:00 / 00:00:00)
37 7九桂成(67) (00:00 / 00:00:00)
38 同 玉(68) (00:00 / 00:00:00)
39 中断 (00:00 / 00:00:00)
まで38手で中断

youtubeにある駒落ち関係おススメ動画紹介

前回の記事はこちら↓

最近は、youtubeでの将棋動画が好調ですよね

あげあげさん、クロノさん、アユムさんなどなど。

元奨励会員やアマ強豪さんたちが続々と動画をあげてくれます。

さて、その中から私がチョイスした駒落ち動画のおすすめ傑作選を紹介していきます。

みんなも観てみてください。

①【将棋】駒落ちで身に付く力とは?

元奨励会三段の石川泰先生が、わかりやすく駒落ちの目的を紹介してくれる動画です。

どうして、駒落ちをしなくちゃいけないのか。

自分が足りない力を伸ばすためには、どの駒落ちを勉強すればいいのか分かりやすく解説してくれます。

駒落ち初心者の方に一押し!

②指導将棋でお困りの方必見!!プロ同士でガチンコ6枚落ち対決!三枚堂達也七段対山本博志四段。

こちらは湾岸将棋教室さんが投稿してくれているプロvsプロの駒落ち対局の様子ですw

プロ同士の駒落ちは、こういう企画ものじゃないと見られないので、下手・上手どちらをもって参考になるはずです。

この動画は六枚落ちの1筋突破定跡ですね。

矢倉崩しの基礎ともなる定跡なので、しっかり確認しておくと得るもの多いと思います。

続編に「プロ同士のガチンコ駒落ち対決続編!近藤六段が教える勝つ4枚落ちの指し方。近藤誠也六段対髙野智史四段。」

こちらは、下手中飛車です。

もあるので、こちらもおススメです。

ちょっと声が聞き取りにくいところがあるのが、唯一の残念な点ですが、とても参考になります。

③将棋ソフトの2枚落ちの強さが話題みたいなので本気で対局してみた!

みんな大好きクロノさんの動画です(私も大好きw)

こちらは当時最強の将棋ソフトとクロノさんが対局した時の将棋動画ですね。

二枚落ちで、下手棒銀です。

クロノさんの駒落ちは、平手定跡の応用パターンが多いので、駒落ち定跡が分からない人でもとっつきやすいと思います。

平手定跡の応用でも勝てるんですが、駒落ち定跡の方が勝ちやすいことも多いので、駒落ちが楽しくなってきたら覚えてみてくださいw

④大盤解説「駒落ち上手の考え方① 四枚落ち編」

プロ棋士の中でも、駒落ち最強クラスと評判の神吉先生の駒落ち上手講座です。

駒落ち上手のやりかたはほとんど分からない中で、この講座がyoutubeにあるのは本当に嬉しいかぎり。

駒落ち名人の上手芸のコツを詳細に解説してくれます。

隠れた名動画でシリーズ化されているので、是非とも駒落ち上手を持つことがある人はご覧ください!

<おススメ駒落ち本>

駒落ち定跡 決定版 [ 所司和晴 ]

価格:3,080円
(2020/1/3 21:48時点)
感想(2件)

「次の一手」で覚える 駒落ち定跡コレクション404 (マイナビ将棋文庫) [ 所司和晴 ]

価格:1,474円
(2020/1/3 21:49時点)
感想(0件)

駒落ちのはなし【電子書籍】[ 先崎 学 ]

価格:1,572円
(2020/1/3 21:49時点)
感想(0件)

駒落ち四間飛車定跡まとめ

前回の記事はこちら↓

はじめに

ということで、駒落ちサイトの基本方針でも書きましたが、振り飛車党でも楽しめる駒落ち定跡を目指すと言うことで、二枚落ち以下の四間飛車定跡について、考察していきます。

というのも、三間飛車は基本的に”さばき”重視の振り飛車です。ただ、上手側は厚みを作って対抗してくるので、”さばき”を狙いにくい。

なので、二枚落ち以下の駒落ち定跡では、基本的に”四間飛車”と”中飛車”が有力となってきます。こちらは振り飛車でありながら、厚みも重要な要素になってくるので、二枚落ち以下の駒落ちに最適です。

※ちなみに角落ちの場合は、三間飛車も有力となります。相手に飛車がいるので、さばきも成立させやすい。角落ち・香車落ちの場合は三間飛車も有力とおぼえておいてください(笑)

さて、今回は私のアレンジ定跡を使っていきます。

詳しく、駒落ち四間飛車の定跡を知りたい方は以下の本がおススメです。

①『駒落ちの教科書』(阿久津主税先生著)

駒落ちの教科書 八枚~二枚落ち編

こちらは二枚落ちの四間飛車定跡を取り扱っています。

②『駒落ち新定跡』(高橋道雄先生著)

駒落ち新定跡 スーパー将棋講座

こちらは6枚落ち~香車落ちまでの四間飛車定跡

矢倉・三間飛車穴熊も紹介されているので、概説書という位置づけですね。

まずはどちらかを読んで感覚をつかみ、実戦で練習するのがイイと思います。

まだまだ、発展途上の駒落ち定跡になりますので(;’∀’)

私はこの2冊の本を読んで、それをアレンジした戦い方になっております。

実戦①~四枚落ち~

定跡が難しいことで有名な四枚落ちから紹介させていただきます。

駒落ち四間飛車の基本方針は、以下の通り

①飛車を振る

②美濃囲いを作る(▲3九玉型を推奨)

③6筋の位を取る。

この三点です。

さすがに、駒落ち将棋だと下手から攻撃しなくてはいけないので、6筋の位をとって攻撃準備がイイと思います。

▲3九玉型 のメリットは、相振りの時のように、上からの攻撃にも横からの攻撃にもある程度、耐久性があることです。上手から攻撃を受けても、広さもあるので意外と粘れる形になります。

実際の攻撃方法は、以下の3点が考えられます。

A 参考棋譜のように、棒銀攻撃(相手が飛車とは逆の方向に守りを固めた際に有効)

B 飛車先の歩を交換して、飛車を縦横無尽に使う(こちらは相手が厚みを作らずに低い陣形で対応する時に特に有効です。相振りの要領です)

C 右四間飛車への振りなおし(相手が6筋の位取りを拒否した場合。詳細は、阿久津本の114頁から149頁をご参照ください)

これが有力な選択肢です。

今回はぴよが、6筋位取りを流したので、AかBを選ぶことができました。

私は一番わかりやすいAの選択肢を採用した形になります。

ぴよ陣が偏っているため、この攻撃を防ぐことはできません。

これでほぼ必勝形です。

あとはゆっくり寄せきるだけですね。

基本的にまずはこの攻撃法をおぼえるのが、駒落ち四間飛車の入門編となります。

どんどん、実戦例をこの記事に投下していくので、続報をお待ちください。

棋譜①

棋戦:ぴよ将棋w 四枚落ち
開始日時:2019/12/26 22:27:52
終了日時:2019/12/26 22:38:01
下手:プレイヤー
上手:Lv30 ピヨ幸(R1650)
手合割:四枚落ち
手数—-指手———消費時間–
1 6二銀(71) ( 0:01/00:00:01)
2 7六歩(77) ( 0:01/00:00:01)
3 5四歩(53) ( 0:01/00:00:02)
4 6六歩(67) ( 0:01/00:00:02)
5 4二王(51) ( 0:01/00:00:03)
6 6八飛(28) ( 0:01/00:00:03)
7 3二王(42) ( 0:01/00:00:04)
8 7八銀(79) ( 0:01/00:00:04)
9 2二王(32) ( 0:01/00:00:05)
10 6七銀(78) ( 0:01/00:00:05)
11 5三銀(62) ( 0:01/00:00:06)
12 4八王(59) ( 0:01/00:00:06)
13 5二金(61) ( 0:01/00:00:07)
14 3八銀(39) ( 0:01/00:00:07)
15 3二金(41) ( 0:01/00:00:08)
16 3九王(48) ( 0:01/00:00:08)
17 1一王(22) ( 0:01/00:00:09)
18 6五歩(66) ( 0:01/00:00:09)
19 4二金(52) ( 0:01/00:00:10)
20 6六銀(67) ( 0:01/00:00:10)
21 2二金(32) ( 0:01/00:00:11)
22 7五銀(66) ( 0:01/00:00:11)
23 3二金(42) ( 0:01/00:00:12)
24 6四歩(65) ( 0:02/00:00:13)
25 6四歩(63) ( 0:01/00:00:13)
26 6四銀(75) ( 0:01/00:00:14)
27 4二銀(53) ( 0:01/00:00:14)
28 6三銀成(64) ( 0:01/00:00:15)
29 4四歩(43) ( 0:01/00:00:15)
30 5二成銀(63) ( 0:03/00:00:18)
31 4三銀(42) ( 0:01/00:00:16)
32 5三成銀(52) ( 0:04/00:00:22)
33 4二銀(31) ( 0:01/00:00:17)
34 4三成銀(53) ( 0:02/00:00:24)
35 4三銀(42) ( 0:01/00:00:18)
36 6一飛成(68) ( 0:01/00:00:25)
37 7四歩(73) ( 0:01/00:00:19)
38 6四歩打 ( 3:15/00:03:40)
39 7三桂(81) ( 0:01/00:00:20)
40 6三歩成(64) ( 0:10/00:03:50)
41 6五桂(73) ( 0:01/00:00:21)
42 5八金(69) ( 0:05/00:03:55)
43 6九銀打 ( 0:01/00:00:22)
44 6八金(58) ( 0:01/00:03:56)
45 6七歩打 ( 0:01/00:00:23)
46 6九金(68) ( 0:01/00:03:57)
47 5七桂(65) ( 0:01/00:00:24)
48 5九金(69) ( 0:01/00:03:58)
49 4九桂成(57) ( 0:01/00:00:25)
50 4九金(59) ( 0:02/00:04:00)
51 6八歩成(67) ( 0:01/00:00:26)
52 5三と(63) ( 0:02/00:04:02)
53 5八金打 ( 0:01/00:00:27)
54 4三と(53) ( 0:04/00:04:06)
55 4三金(32) ( 0:01/00:00:28)
56 3五桂打 ( 0:03/00:04:09)
57 4九金(58) ( 0:01/00:00:29)
58 4九銀(38) ( 0:02/00:04:11)
59 5九と(68) ( 0:01/00:00:30)
60 4三桂成(35) ( 0:05/00:04:16)
61 4九と(59) ( 0:01/00:00:31)
62 4九王(39) ( 0:02/00:04:18)
63 5七銀打 ( 0:01/00:00:32)
64 5八金打 ( 0:02/00:04:20)
65 5八銀成(57) ( 0:01/00:00:33)
66 5八王(49) ( 0:04/00:04:24)
67 3二金打 ( 0:01/00:00:34)
68 3二成桂(43) ( 0:02/00:04:26)
69 3二金(22) ( 0:01/00:00:35)
70 4四角(88) ( 0:08/00:04:34)
71 2二金打 ( 0:01/00:00:36)
72 5三角成(44) ( 0:07/00:04:41)
73 6六歩打 ( 0:01/00:00:37)
74 6八歩打 ( 0:02/00:04:43)
75 4四歩打 ( 0:01/00:00:38)
76 3一銀打 ( 3:04/00:07:47)
77 3一金(32) ( 0:01/00:00:39)
78 3一馬(53) ( 0:02/00:07:49)
79 6七歩成(66) ( 0:01/00:00:40)
80 6七歩(68) ( 0:02/00:07:51)
81 4二銀打 ( 0:01/00:00:41)
82 4二馬(31) ( 0:03/00:07:54)
83 4五歩(44) ( 0:01/00:00:42)
84 3二金打 ( 0:04/00:07:58)
85 3二金(22) ( 0:01/00:00:43)
86 3二馬(42) ( 0:01/00:07:59)
87 4六桂打 ( 0:01/00:00:44)
88 4六歩(47) ( 0:03/00:08:02)
89 4七金打 ( 0:01/00:00:45)
90 6八王(58) ( 0:01/00:08:03)
91 5八金(47) ( 0:01/00:00:46)
92 5八王(68) ( 0:02/00:08:05)
93 1二王(11) ( 0:01/00:00:47)
94 2二金打 ( 0:03/00:08:08)
95 投了 ( 0:00/00:00:47)
まで94手で下手の勝ち

駒落ちサイトの基本方針と駒落ちが不人気の理由を考察

前回の記事はこちら↓

さて、当サイトは夢はでっかく”国内最大級の駒落ちブログ”を目指していますが、やっぱり駒落ちって平手と比べると人気ないんですよね。

なので今回は、駒落ちが不人気の理由を一度見つめなおして、再び大流行を目指して、現状を考えていきたいと思います。そして、そこから導き出される問題点から今後の駒落ちブログの課題としていきます。

やっぱり冷静に現状を考えないと、対策が出てこないと思うんですw

お風呂を嫌がる犬のイラスト

①平手全盛期問題


まずネット将棋の普及です。これで平手全盛期が訪れたことが最大の原因だと思います。

近くに住んでいる人と指す道場全盛期は、いろんなレベルの人と対局する必要があったので、駒落ちも必要でしたが、今はネットで同レベルの人と簡単に対局できるので、駒落ちおぼえなくても強くなれるんですよね。

ただ、初心者がいきなり平手を指すのは難しいのも事実です。盤全体を掌握できずに、変な手を指してしまうことも結構ある状況なら、むしろ考えなくてはいけない盤面が小さい駒落ちから入ったほうが無理せずに強くなれるのと思います。

平手で停滞して伸び悩んでいる人は、一度ネット将棋の平手戦を休んで駒落ちをしてみてもいいのかなと思います。

②ハンディ戦をネガティブなこととして考えてしまう

下手の人も、上手の人も感情的にネガティブな意味合いで駒落ちを見ていることが多いと感じました。

下手の人は、ハンディ戦で負けてしまうのが恥ずかしい。やる気をなくしてしまうというネガティブな面。

ただ、駒落ちって思った以上に、ハンディになっていないんですよね。
2枚落ちで、初期の評価値-2000くらい。終盤の寄せを間違えたら、逆転されるくらいの評価値なので、そんなに恥ずかしく思わなくて大丈夫です。あくまで、レベルが高い人と”互角”に戦えるハンディであって、”絶対に勝てるハンディではない”と考えたほうがいいと思います。

だから、同レベルの人と平手で勝負しているものと同じと考えてしまって大丈夫です。
上手の人は、平手と感覚が違うから嫌だと思う人が多いと思います。ただ、駒落ち上手で養われる力として、”厚みを作り出す力”・”入玉力”が身につきますね。これは力戦や中終盤力に直結する戦い方なので、おぼえて損なしです。

いい機会なので堪能しておぼえてしまいましょうw

③振り飛車党に不人気

振り飛車の神髄は”さばき”。しかし、飛車落ち以下は厚みによる”おさえこみ”を重視する縦の将棋になりやすいんですよねw

だから、相手の大駒をぶんどって、敵陣にドカーンという爽快な振り飛車の横の将棋ができないんですよね。

逆に居飛車党みたいに、厚みを作ってじわじわ勝つみたいな棋風の人にはどはまりするんですけどね(笑)

振り飛車党さんが、逆に居飛車をおぼえるときには駒落ちって結構有効ですw

もともと居飛車全盛期に考えられた駒落ち定跡なので、立派な居飛車党を養成するために作られている定跡のような気もしますw

もっとも、六枚落ちの端攻めや角落ち・香車落ちの振り飛車定跡などは、振り飛車党にも有効なのでしっかり勉強した方がいいんですが!

④定跡をおぼえるのが面倒だし、駒落ちの本も結構高い

労力の問題ですね。これも結構大きい。
定跡は結構難しいし、なら平手の勉強をしたい。わかりますw

さらに駒落ちの本も結構高い( ;∀;)

ということで、駒落ちを敬遠する人が多いと思います。

駒落ち定跡で難しいのは、急戦を仕掛ける定跡です。具体的にいうと、「四枚落ち棒銀」「二枚落ち二歩突っ切り」「飛車落ち右四間飛車」がスリートップ。私もできる限りわかりやすい定跡で対応するべきだと考えているので、結構工夫して「なんでも銀多伝」とか「飛車落ち振り飛車定跡」を研究して、少しずつ記事を増やしています。

この難しい定跡を、あえて飛ばして、上のような定跡で代用してもらえればかなり労力が減るとは思います。

記事はこのブログで無料公開しているので、そこらへんは王道定跡の補完になったらいいなとも思っています。たぶん、お財布にも多少は優しいはず。また、パブリックドメインを利用して、江戸時代の駒落ち書『将棋精選』の現代語訳にもチャレンジしているので、総合定跡も公開できるようになれば名実ともに、駒落ち総合サイトを名乗れると思います。今後も少しでも駒落ちのすそ野を広がられるようにがんばりますw

まとめと駒落ちサイトの基本方針

①平手全盛期
→平手だけだと伸び悩む時期はかならず来る。そこを補完するための駒落ち将棋。なので、上達の選択肢を増やすためにも駒落ち将棋には一定の影響力を持っていてほしい。

②駒落ち=ネガティブな風潮の打破
→駒落ちで負けても、決して恥ではない。むしろ、負けた後の反省をしないことが恥である。駒落ちでもたくさん負けて、たくさん手筋をおぼえて、強靭な終盤力を身につけることが当たり前の雰囲気づくりをしたい。このブログで、そういう風潮を作っていきたい。上手を持つ人も平手で応用できる力育成の絶好の機会として考えてもらってばんばん上手を持ってほしい。駒落ち対局を増やしていきたい。

③振り飛車党への配慮
もともと、居飛車党養成のための駒落ちという側面があったのは事実。しかし、最近では新しい風潮もできてきて、中飛車・三間飛車・四間飛車を使った振り飛車定跡も生まれてきている、

今後は従来の定跡にとらわれない自由な指し方もどんどん発展させていくことが必要なので、振り飛車党向けの定跡研究もどんどん増やしていく必要がある。

なので記事もそちらをどんどん増やしていこうと思います。

④定跡とコスト
難しい定跡を代用できる新定跡もどんどん増やしていく。
下手が簡単な定跡・難しい定跡を選択できる余地もどんどん増やしていくべきだと考えます。

コストの問題はどうしようもないところはありますが、古い定跡を公開することで、ある程度の負担減になれるように当サイトでがんばっていきたいです。

12月20日~1月14日マイナビさんで将棋の電子書籍セール開始!私がおススメするセール本紹介

前回の記事はこちら↓

はじめに

ということで、マイナビさんのホームページで将棋の電子書籍がセールです。

これは買うしかない(笑)

期間は、12月20日から1月14日までらしいです。

このビックウェーブにのるしかない(;’∀’)

ということで、私がおススメするセール本(550円)ベスト5を紹介していきます。

価格は2019.12.22現在のもので、変動する可能性もあるのでご注意ください。

第1位 『駒落ちのはなし』(先崎学先生)550円

22925_ext_06_0.jpg

言わずと知れた駒落ちの名著。

紙の本で買うと2000円近いのに、電子版はまさかの550円ですよ。

これはすごい。

初級者の方が下手定跡をおぼえるのにも使えるし、上手の人がコツをつかむのにもいい。

まさに全方位向けの駒落ちの名著です。

自称”国内最大級”の駒落ち総合サイトである我がブログも一押しの一冊です。

駒落ち裏定跡も取り扱う画期的な著書。

この機会に持っていない方は是非とも購入の検討を!

第2位 『米長邦雄名局集』550円

24281_ext_06_0.jpg

これをセールに出してくるのか!マイナビさん……

太っ腹すぎるでしょう。

言わずと知れた米長邦雄(元将棋連盟会長・永世棋聖)の名局集です。

226局収録の大ボリューム。紙の本で3000円くらいするのに、まさかの550円!?

ありえないw

こちらの棋譜を並べると間違いなく終盤力とねじり合いの将棋が得意となります。

被験者の私がいうのだから間違いないです。

第3位  奇襲振り飛車戦法 ~その狙いと対策~ ( 飯塚祐紀先生)550円

33863_ext_06_0.jpg

こちらは有名奇襲戦法の成功例とその対策を載せている初段になるために必須の知識が身につきます。

有段者が読んでも、勉強になること間違いなし。

原始中飛車、鬼殺し、角頭歩、パックマン などなど。

奇襲に困っている人はまずはこれを読むのがいいでしょう。

第4位 『解いてスッキリ! 3手5手の詰将棋』(本間博先生) 550円

40240_ext_06_0.jpg

こちらは詰将棋の問題集です。

3~7手の問題を180問収録。

この本の最大の魅力は、基本問題だけで作られていること。

基本手筋を凝縮させて、作られた良問集です。

実戦で勝てるようになるために、必須の知識ばかりなので、この本を解きまくって終盤力を底上げしましょう。

3手詰が解けるレベルになったひとに特におすすめです。

第5位  将棋・基本戦法まるわかり事典 振り飛車編【棋譜ファイル付き】 (安用寺孝功先生)550円

そして、最後におススメするのがこちらです。

このシリーズは隠れた名著なんですが、一冊で振り飛車の基本戦術をマスターできるコスパ最強本です。

さらに、棋譜ファイル付き。

なんと将棋のソフトの上で手打ちせずに勉強ができちゃうんですね。

例えば、本には書かれていないこの変化はどうなんだろうかと疑問に思った場合、即座にソフトに教えてもらうことができる。

それも、基本的な振り飛車戦法すべてを1冊でカバーできる。

まさに無敵の一冊w

駒落ちの経験が活きた棋譜紹介~先手藤井矢倉(脇システム)~

前回の記事はこちら↓

はじめに

今回は、自分の駒落ちの知識が平手に活かせた将棋を紹介します。

二段のかたとの相矢倉の戦いで、私は藤井流早囲い+脇システムを採用し、棒銀から端攻めに繋げて、一気に突破し、最後は挟撃の寄せで完勝した形です。

棒銀+端攻めは、やはり4枚落ち・6枚落ち・8枚落ちの定跡の基本ですし、終盤の寄せは、ひたすら駒落ちを実践して身につけることができるようになった終盤力の目に見える形だと思います。

棋譜

感想戦

(序盤)

将棋ウォーズの対局だったので、相手の得意戦法がわかっていました。

四間飛車。

よし、狙い撃ちにして、舟囲い作ろうと思ったら、相手の方はまさかの矢倉を採用w

舟囲いの形から、藤井流早囲いに方針を変更。

片矢倉+脇システムの形を組んで、攻撃陣地を作り上げました。

どうして、片矢倉+脇システムなのかというと……

脇システム=矢倉でお互いの角がにらみ合う展開になりやすい=いつかは角交換が発生する=バランスが良く角の打ち込みに強い片矢倉との相性が抜群。

この方程式?が成立します。

脇システムの陣形の特徴的に、角の利きを活かして棒銀の端攻めが成立しやすいので、今回はそちらを狙っていきます。

また、序盤の駒組としては、基本的に飛車先の歩をついておいた方がいいです。

少し前までは、飛車先不突き矢倉が主流でしたが、早囲いは後手の急戦が怖いので、それをけん制できる飛車先の歩をどんどんついていったほうがお得。

また相手の方が、矢倉側の端を受けてくれたので、端攻めの権利を獲得。矢倉の端受けは結構神経を使います。

平凡に矢倉に組み合うと先手が先行できるので、自分の有利を確信。

端攻めに移行しました。

銀香車交換は、棒銀の常とう手段ですね。

そこから端攻めを苛烈にするために香車の二段ロケットを作りました(タップミスで8段目に香車をうちこんじゃいました。本来なら1九の地点の方がいいです)

この「と金引き」は、駒落ちでたまにでてくる端攻めの裏手筋みたいなものです。

一方的に攻めることができているので、このちょっと遅い攻撃でも十分間に合う算段。

下の画像から、▲4三金△同玉▲6三金の挟撃の形にもっていく攻めは結構うまく行けた気がしますね。

勝ちやすい包囲網の作り方は、駒落ちの終盤戦から学んだ知識です!

久しぶりの対人戦だったんですが、こんな感じで駒落ちによる実戦力の向上を体感できたので、有意義な対局になりました。

駒落ちは棋力向上に本当に役立ちますね笑

棋譜

# —-  ぴよ将棋 棋譜ファイル  —-
棋戦:
開始日時:
終了日時:
手合割:平手
先手:ririth 三段
後手: 二段
手数—-指手———消費時間–
  1 7六歩(77)  ( 0:01/00:00:01)
  2 3四歩(33)  ( 0:00/00:00:00)
  3 2六歩(27)  ( 0:01/00:00:02)
  4 4四歩(43)  ( 0:00/00:00:00)
  5 2五歩(26)  ( 0:02/00:00:04)
  6 3三角(22)  ( 0:01/00:00:01)
  7 4八銀(39)  ( 0:01/00:00:05)
  8 3二銀(31)  ( 0:01/00:00:02)
  9 6八王(59)  ( 0:00/00:00:05)
  10 5二金(61)  ( 0:00/00:00:02)
  11 7八王(68)  ( 0:01/00:00:06)
  12 4三金(52)  ( 0:00/00:00:02)
  13 5六歩(57)  ( 0:01/00:00:07)
  14 4二角(33)  ( 0:01/00:00:03)
  15 6八銀(79)  ( 0:01/00:00:08)
  16 3三銀(32)  ( 0:00/00:00:03)
  17 7七銀(68)  ( 0:01/00:00:09)
  18 3二金(41)  ( 0:00/00:00:03)
  19 6六歩(67)  ( 0:01/00:00:10)
  20 5四歩(53)  ( 0:01/00:00:04)
  21 5八金(49)  ( 0:02/00:00:12)
  22 6二銀(71)  ( 0:00/00:00:04)
  23 6七金(58)  ( 0:01/00:00:13)
  24 7四歩(73)  ( 0:01/00:00:05)
  25 7九角(88)  ( 0:01/00:00:14)
  26 7三銀(62)  ( 0:00/00:00:05)
  27 4六角(79)  ( 0:02/00:00:16)
  28 4一玉(51)  ( 0:02/00:00:07)
  29 3六歩(37)  ( 0:01/00:00:17)
  30 3一玉(41)  ( 0:00/00:00:07)
  31 6八金(69)  ( 0:01/00:00:18)
  32 2二玉(31)  ( 0:01/00:00:08)
  33 1六歩(17)  ( 0:01/00:00:19)
  34 1四歩(13)  ( 0:01/00:00:09)
  35 3七銀(48)  ( 0:02/00:00:21)
  36 9四歩(93)  ( 0:00/00:00:09)
  37 2六銀(37)  ( 0:00/00:00:21)
  38 4五歩(44)  ( 0:02/00:00:11)
  39 3七角(46)  ( 0:01/00:00:22)
  40 5三角(42)  ( 0:00/00:00:11)
  41 1五歩(16)  ( 0:14/00:00:36)
  42 1五歩(14)  ( 0:01/00:00:12)
  43 1五銀(26)  ( 0:02/00:00:38)
  44 1五香(11)  ( 0:02/00:00:14)
  45 1五香(19)  ( 0:03/00:00:41)
  46 1三歩打    ( 0:02/00:00:16)
  47 1八香打    ( 0:02/00:00:43)
  48 6四歩(63)  ( 0:08/00:00:24)
  49 1三香成(15) ( 0:03/00:00:46)
  50 1三桂(21)  ( 0:01/00:00:25)
  51 1四歩打    ( 0:04/00:00:50)
  52 2五桂(13)  ( 0:01/00:00:26)
  53 1三歩成(14) ( 0:05/00:00:55)
  54 3一玉(22)  ( 0:01/00:00:27)
  55 2五飛(28)  ( 0:01/00:00:56)
  56 2四銀(33)  ( 0:01/00:00:28)
  57 2八飛(25)  ( 0:07/00:01:03)
  58 8四歩(83)  ( 0:10/00:00:38)
  59 1四と(13)  ( 0:02/00:01:05)
  60 3三銀(24)  ( 0:01/00:00:39)
  61 2三と(14)  ( 0:02/00:01:07)
  62 2四歩打    ( 0:01/00:00:40)
  63 1三香成(18) ( 0:02/00:01:09)
  64 8五歩(84)  ( 0:07/00:00:47)
  65 2五歩打    ( 0:03/00:01:12)
  66 2五歩(24)  ( 0:01/00:00:48)
  67 2四桂打    ( 0:03/00:01:15)
  68 2四銀(33)  ( 0:01/00:00:49)
  69 2四と(23)  ( 0:02/00:01:17)
  70 2六銀打    ( 0:02/00:00:51)
  71 2六角(37)  ( 0:02/00:01:19)
  72 2六歩(25)  ( 0:02/00:00:53)
  73 2三成香(13) ( 0:02/00:01:21)
  74 4二金(32)  ( 0:01/00:00:54)
  75 3三銀打    ( 0:03/00:01:24)
  76 1六歩打    ( 0:02/00:00:56)
  77 4二銀成(33) ( 0:04/00:01:28)
  78 4二玉(31)  ( 0:01/00:00:57)
  79 3三金打    ( 0:01/00:01:29)
  80 5二玉(42)  ( 0:01/00:00:58)
  81 4三金(33)  ( 0:01/00:01:30)
  82 4三玉(52)  ( 0:01/00:00:59)
  83 6三金打    ( 0:07/00:01:37)
  84 4四角(53)  ( 0:11/00:01:10)
  85 5三銀打    ( 0:01/00:01:38)
  86 5三角(44)  ( 0:01/00:01:11)
  87 3三成香(23) ( 0:02/00:01:40)
  88 4四玉(43)  ( 0:02/00:01:13)
  89 3四と(24)  ( 0:01/00:01:41)