【王位戦観戦記】▲藤井聡太棋聖vs△木村一基王位~進化が進む土居矢倉の最前線・矢倉新時代の幕開け~

いやーすごい将棋でした。


藤井棋聖は、先手矢倉の早囲いから土井矢倉に変化する珍しい将棋でしたね。本来は片矢倉にするのが定跡ですが、土井矢倉でした。

たしかに、ふたつの矢倉は角交換に強いバランス系矢倉という共通点もありますし、それで代替手段に使うのは面白い構想です。さらに、矢倉端攻め攻撃の王道である雀刺しまで組み合わせる意欲的な序盤でした。

攻める藤井棋聖・受ける木村王位という構図が出来上がりました。

主導権を握る藤井棋聖は、端攻めを見せつつ、盤の3~4筋から攻撃を開始。厚みを使った猛攻から、端を食い破る矢倉の王道を行く指しまわしです。

木村王位も逃げ筋が出てきたんですが、それでも藤井棋聖が攻めをつないでしまって勝利。凄まじい攻め将棋で、全盛期の中原先生を思いだします。

こちらのブログ記事も書きましたが、土居矢倉はさらなる進化を遂げてきていますね。

最初は、先後同型矢倉の変化として登場しましたが、今局でもそうですし、最近では今まで見ることができなかった矢倉の戦法と土居矢倉が組み合わされることが非常に多いです。

矢倉藤井システム、対急戦矢倉、相矢倉などなど。

本来なら金矢倉・片矢倉が採用されるところで、土居矢倉がオプションに追加されてきています。このタイトル戦は、矢倉新時代の幕開けを象徴するような将棋でしたね!

角交換が発生しやすいバランス型の将棋が多くなることで、偏りが激しい金矢倉は数を減らし始めて、片矢倉と親戚の土居矢倉が市民権を獲得しています。

今後の矢倉にも目が離せません!!

藤井聡太全局集 平成30年度版

新品価格
¥2,435から
(2020/8/5 20:23時点)

矢倉の新常識 マイナビ将棋BOOKS

新品価格
¥1,525から
(2020/8/5 20:23時点)

【NHK杯観戦記】▲藤井聡太棋聖vs△塚田泰明九段~強すぎる棋聖~

さあ、注目すべき藤井棋聖がNHK杯に出てきました。谷川九段が解説ということで、連盟の本気具合を感じます。

塚田九段のインタビュー率直でしたね。

「1回戦突破が目標」「藤井棋聖と聞いて落ちこんだ」「藤井棋聖と指せるのは最初で最後かもしれない」

タイトル経験もある塚田九段にここまで言わせる藤井棋聖やばすぎる。

しかし、塚田九段も「△4五歩反発」「角換わりポンポン桂」「塚田スペシャル」と序盤のスペシャリストであります。

戦型は矢倉です。

△7五歩突き急戦ですね。急戦矢倉でも結構珍しい形ですね。久しぶりに見たような気がします。

これは準急戦みたいな将棋なので、脇システムっぽい形に合流しました。

後手がまとめにくい将棋のように見えます。

谷川九段が「14歳で棋士になれるひとはなかなかいない」とおっしゃっていましたが、おっしゃっている本人が・・・そのひとりですよねww

藤井聡太先生が一気に攻めに転じました。そこに塚田先生も反撃に転じて、攻め合いに。

難解な終盤戦で、藤井棋聖の終盤力が発動。「寄せられるなら、寄せてみろ」みたいな手でしたね。見事に手厚く固い陣形が誕生し数の力で一気に寄せ切り棋聖の勝利です。

終盤が異次元の強さですね(;’∀’)

藤井聡太全局集 平成30年度版

新品価格
¥2,706から
(2020/8/2 10:51時点)

矢倉の新常識 マイナビ将棋BOOKS

新品価格
¥1,525から
(2020/8/2 11:47時点)

【名人戦第四局2日目観戦記】▲渡辺明二冠vs△豊島将之名人~渡辺二冠圧巻の指しまわし~

矢倉党大注目の第四局ですが、渡辺二冠が圧巻の指しまわしで勝利し、2勝2敗のタイに持ち込みました。

初日の猛攻振りそのままに挟撃体制を作って、一気に勝負を決めてしまった印象です。脇システムという将棋はこういうものだというのが一番わかりやすく出た将棋だと思いました。

そして、将棋飯の豪華さもさすがは有名な宿でした。

おにぎり・サンドイッチ・松花堂弁当・お寿司のクオリティが高すぎるwww

脇システムは、定跡通りになりやすい将棋なので、研究好きには好まれます。火力も高いので矢倉党初心者にも結構おススメしております。

おススメの次の一手を思いだしたので貼っておきますね。

よかったら参照ください。

定跡&実戦次の一手 攻めて楽しい脇システム(将棋世界2019年12月号付録)

新品価格
¥122から
(2020/7/28 20:08時点)

矢倉で有段者になるためにおススメの戦法

今日は難しい矢倉定跡を得意にするために、おススメの戦法を紹介していきます。

条件はこちら

・矢倉5手目問題に関係なく採用できる

・できる限り攻撃力が高い戦法の方がベスト

・研究手順に誘導しやすい

この3つの条件に当てはまる戦法は

<先手番矢倉>

・脇システム

<後手番矢倉>

・米長流急戦矢倉

この2つです。

脇システムのメリット

・先手番なら基本的にどちらの矢倉5手目でも採用可能

・定跡通りの展開になりやすい(はずれたらほとんど悪手)

・攻めが棒銀と組み合わせるのでわかりやすい

激変する現代矢倉 ~▲3七銀戦法から藤井流早囲いまで~ (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,355から
(2020/7/25 14:43時点)

米長流急戦矢倉のメリット

・基本的にどちらの矢倉5手目でも採用可能

・火力が最強クラスにある

・簡単に指定局面まで持っていける

・米長流急戦矢倉の定跡を知っている級位者の方が少ない(自分だけ有利に戦える)

・先手番でも応用可能

・この本がとてもわかりやすい

藤森流急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,355から
(2020/7/25 14:46時点)

【実戦感想戦】D vs 2級の方~相居飛車の序盤の考え方を紹介(5手目▲7七銀に対して、どうやって自分の狙いに誘導するか)~

将棋盤

 0

ということで、久しぶりの自局の解説です。

今回は難しい相居飛車の序盤について解説していきます。

自分はいつものように5手目▲7七銀で、矢倉を志向しました。

7手目で自分が飛車先の歩を突いて、相手の急戦矢倉をけん制しました。お相手の方は急戦矢倉が得意なので、そちらをけん制しました。しかし、このけん制によって力戦へ移行することに・・・

この手は、後手、矢倉拒否になっています。矢倉に誘導したかった場合は△4二銀で矢倉を作ります。

代えてこれだと後手矢倉
角道を閉じれば後手雁木になります。

ちなみに、今回の手順で10手目にこう指せば、極限早繰り銀(先手に横歩とらせver)になります。

今回は、すべてに当てはまらなかったので、居飛車力戦となりました。

15手目で自分が横歩を取り激しい将棋を目指しました。ここで飛車が引けば相掛かりのような形で比較的に穏やかになります。手損して歩を2枚取るかどうかの好みの問題だと思います。自分は横歩を取る派でした。

44手目の歩打ちに代えて、5手1組の手筋(△8八角成▲同金△5七桂▲同玉△7九角)が強烈で覚えておきたい手筋です。

あとは思いつくところだと62手目に△5五角としたほうが有力ですね

終局図以下は

△同金▲2二金で詰みです

将棋・基本戦法まるわかり事典 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,355から
(2020/7/23 19:10時点)

急戦矢倉、将棋ソフトが一番評価する急戦は何か?

さあ、たまにやるこの企画の矢倉編です。

今回は居飛車の戦型なので「技巧2」さんに登板願います。

技巧はどの急戦矢倉を一番評価するのでしょうか?

原始棒銀

将棋の最も基本的な攻撃は棒銀。

後手が一直線で矢倉を潰してしまう作戦ですね。

80~90年代ではタイトル戦でも登場しました。

先手+64と意外と高評価です。まとめにくいんですが、確かにここから力戦にまとめることができますからね。

対急戦矢倉必勝ガイド (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,232から
(2020/7/20 23:12時点)

右四間飛車

こちらもアマチュアに大人気です。プロ間でも指されていて、定跡も進化している急戦矢倉ですね。角道が閉じたら発動トリガーになります。

先手+67

ほぼ、棒銀と互角ですが、ソフトは若干棒銀押しですか・・・意外だ。

圧倒的破壊力! 藤森流なんでも右四間飛車 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,372から
(2020/7/20 23:14時点)

矢倉中飛車

5手目▲7七銀にめっぽう強い急戦矢倉です。

シンプルに中央を狙う破壊力抜群の急戦矢倉ですが、評価はいかに・・・

先手+77ですか。代表的な急戦矢倉は、結構互角の戦いですね。

競り勝てるかどうかといったところでしょうか。

自分的には優勝候補だったので、意外です(笑)

矢倉の新常識 マイナビ将棋BOOKS

新品価格
¥1,525から
(2020/7/20 23:12時点)

米長流急戦矢倉

故。米長永世棋聖が作り出した急戦矢倉ですね。いまだに現代矢倉の中心にいる怪物戦法です。

ついに出ました。先手のマイナス評価。

-11

急戦矢倉はどれも優秀ですが、やはりこの急戦矢倉は頭が一つぬけていますね。

藤森流急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,355から
(2020/7/20 23:12時点)

△5三銀右急戦

棋界の伝説を作る急戦矢倉です。七冠・永世竜王など大事な対局において登場し歴史を作る矢倉界のレジェンド。

中原流・郷田流・阿久津流などに派生し、渡辺新手は平成後期の一大ムーブメントでした。

ふたたびでました先手のマイナス評価。

ー16

ここから持久戦に持ち込むこともできる変幻自在振りを評価されたのかもしれません。

さあ、暫定1位です。しかし、次はまちがいなく優勝候補筆頭。

矢倉△5三銀右戦法 仕掛けて勝つ後手矢倉の革命 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥2,024から
(2020/7/20 23:15時点)

居角左美濃急戦

5手目▲6六歩矢倉を駆逐した戦法ですね。破壊力抜群。先手が一方的に負けることが多い脅威の破壊力。

どうひょうかするのか・・・

まさかの完全互角評価0です。人間的には攻められまくるんですが、ソフトの受けは完璧ですからね。

実際、私もまだ矢倉に勝機はあると思っています。

常識破りの新戦法 矢倉左美濃急戦 基本編 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,390から
(2020/7/20 23:13時点)

まとめ

1位 △5三銀右急戦 -16

2位 米長流急戦矢倉  ―11

3位 居角左美濃急戦 0

という結果になりました。結構意外なような当然のような気がしますね。

しかし、後手番の評価値としてはすべてが優秀ですよね。これを機に矢倉を使ってみたい人はこちらをどうぞ↓

次の一手でおぼえる矢倉定跡~将棋ソフトの米長流急戦矢倉参考棋譜~

またまた、将棋ソフトJKishi18gouの棋譜から参考になる棋譜をピックアップしていきます。今回は米長流急戦矢倉です。

ただし、この米長流は、先手番でも応用できるため、今回は先手の急戦です。後手は早繰り銀に構えて、対抗していますが、米長流の猛攻は止まりません。

JKishi18gou vs 後手
将棋盤

 0

今回は相手が早繰り銀に構えていたため、こう言う感じの仕掛けになっています。

小駒を使って一気に中央を制圧していく攻め方をお手本にしてみてください。

とても勉強になりますよ(特に30手台の仕掛け方)

藤森流急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,355から
(2020/7/17 23:50時点)

米長流はこの本が最高にわかりやすいです。私一押しです(^^)/

次の一手で覚える矢倉定跡~参考棋譜 矢倉vs早繰り銀(応用)~

ご好評いただいている矢倉のこの企画ですが、将棋倶楽部24に常駐している将棋ソフトJKishi18gouの棋譜の中から参考になる棋譜をチョイスして、おいておくことにしました。

再生ページはこちら

将棋盤

 0

この棋譜は厳密にいえば早繰り銀ではありませんが、早繰り銀の攻め方の応用なので置いておきます。

5手目▲7七銀型矢倉ですが、△5三銀から早繰り銀(&引き角からの猛攻)は矢倉の基本なので、やってみると勝ち星を稼ぎやすいです(笑)

定跡の話をしたときよりも後手はさらに攻撃的に成っています。

50手付近の攻防が今回の見どころです(+_+)

矢倉の新常識 マイナビ将棋BOOKS

新品価格
¥1,525から
(2020/7/17 00:38時点)

【棋聖戦観戦記】▲渡辺明棋聖vs△藤井聡太七段~最年少タイトルホルダー藤井聡太棋聖誕生~

藤井聡太全局集 平成30年度版

新品価格
¥2,435から
(2020/7/16 19:03時点)

ついに決まりましたね。棋界最年少タイトルホルダーが誕生しました。

その名も藤井聡太棋聖。

幕末の天才棋士・天野宗歩をたたえるために作られた棋聖というタイトルですが、まさに歴代居飛車党の最高傑作である藤井聡太先生にピッタリのタイトルでした。倒した相手が、現役最強とも言われていた渡辺明三冠ですからね。文句なしのタイトル奪取です。

戦型は、矢倉の先手米長流急戦でした。

ちょうどブログにその研究記事を載せたのでタイムリーでした(;’∀’)

先手の猛攻をしのいでカウンターで渡辺先生の矢倉を吹き飛ばしてしまいました。

渡辺先生もさすがの棋力で、詰む詰まないの難解な終盤に持ち込みましたが・・・

それすらも完全に見切っていました( ;∀;)

前人未到の17歳タイトルホルダーが爆誕しました。私が生きている間はこの記録を破ることができる人は出てこないでしょう。

完璧な指しまわしです。

まさに、天野宗歩の再来を予感させる棋聖誕生。おめでとうございます!

藤井聡太 強さの本質

新品価格
¥1,462から
(2020/7/16 19:01時点)

次の一手で覚える矢倉定跡~後手米長流急戦矢倉仕掛け基本編~

前回の問題はこちら

前回はここまで勉強しました。

それでは、米長流急戦矢倉の仕掛け方を勉強していきます。

まず、先手が何も知らずに矢倉を組んでくることを想定して学んでいきましょう。

問題①

普通に矢倉を組もうとする先手

後手の次の一手を考えて仕掛けてみてください。

解答はこちら