【将棋】藤井猛『角交換四間飛車を指しこなす本』(浅川書房)

KKS

浅川書房『角交換四間飛車を指しこなす本』(藤井猛)

今回は、最近私が解いていた将棋の本『角交換四間飛車を指しこなす本』のレビューになります。

この本の内容は以前レビューしたこちらの本とも密接に関係しているのでよかったらご覧ください。

ということで、今回は角交換四間飛車の専門書です。
次の一手形式で勉強できる定跡書ですね。

この指しこなす本は、やっぱり藤井猛九段の独壇場といってもいいくら名著を量産しています。安心安全の藤井クオリティはやっぱり今回も健在でした。

角交換四間飛車に対して、居飛車側のメジャーな対策は矢倉か銀冠。
矢倉:銀冠=7:3くらいで見ることが多いかなと思いますが、今回は矢倉に特化して基本的な手筋を紹介していく形です。

矢倉に対して、逆棒銀にするときとしてはいけない時はどういうときか。
逆棒銀からどのような手筋を使って相手の飛車先を突き破るか。
逆棒銀にできない場合は、左の銀をどう扱うべきか。
美濃囲いの端歩を受けるときか受けない時の違いはどこにあるのか。

こんな角交換四間飛車の基本となる大局観を分かりやすい言葉で説明してくれます。

章分けはこんな感じ
①基本的な駒組

②逆棒銀の基本的な手筋

③逆棒銀を封じられた時の対策&居飛車側が腰掛銀を採用してきたときの対策

基本的にこの手があると逆棒銀は無理筋となります。

実力が上がれば上がるほどほど、基本的に逆棒銀は決まらないものと考えたほうがいいと思います。

なので、①②が基本知識。③が応用的な位置づけとなり。基本的な定跡となっていますね。

唯一の残念な点は、居飛車側が銀冠を採用してきたときの説明がなかったこと。

基本的な考えは対矢倉と同じなんですが、最近の研究では角交換四間飛車に対して居飛車が銀冠に組む対策に有力な手順が見つかっています。

なので、これを何周もした後に、『将棋世界』の特集講座などでそちらの定跡を確認していくことをおすすめします。

とはいっても、基本的な手筋や定跡の網羅性は非常に頼りになる本です。
銀冠対策は応用編になるイメージなので、こちらの本でしっかりと基礎固めしてから次のステップに入るといいと思います。

こちらをマスターできれば、角交換四間飛車で有段者以上の実力を身に着けれらると断言します。

もしこちらが少し難しいならば、上で紹介した『角交換振り飛車(基礎編)』もおすすめです。

【将棋】鈴木大介『角交換振り飛車【基礎編】』(浅川書房)レビュー

ということで、今日は将棋本のレビューです。

鈴木大介『角交換振り飛車【基礎編】』(浅川書房)です。

浅川書房と言えば、有段者御用達の出版社さんですね。

名著が多く出版されていて、はずれなし。

この本ももちろん大当たりですw

というのも、浅川書房さんは結構有段者向けの難しい棋書もたくさん出すんですが、この本はかなりわかりやすい。

というか浅川書房クオリティで、級位者の方向けに書かれた本のような位置づけです。

つまり、すごくわかりやすくて、実戦でもよく見る手順が満載です。

角交換振り飛車って、序盤で角交換する都合上、結構落とし穴が多いんですよね。

ただ、基本的な駒組と攻め方が分かりやすいので、初心者の人でもやりやすい。

この本も角交換振り飛車の基本となる攻め筋を一番最初の章で3つに分類して、解説してくれる親切設計。

角交換振り飛車(角交換四間飛車・ダイレクト向かい飛車・3三角戦法・ゴキゲン中飛車などなど)を覚えたい人が一番最初に手を出すべき本がこちらの一冊です。

その後に『角交換四間飛車を指しこなす本』などに移行すると挫折知らずに問題が解けるはずです。

この本では以下の3戦法が紹介されています。

①△3三角戦法

②角交換四間飛車

③ダイレクト向かい飛車

この3戦法。△3三角戦法は00年代中盤~後半に流行った戦法で、今は廃れ気味ですが、ここは絶対に読んでおいた方がいいです。

この戦法紹介に、角交換振り飛車の基礎がすべて詰まっていますw

基本的な駒組。居飛車を手詰まりに追い込む方法。3つの基本的な攻め方。

ぶっちゃけこの章を完璧に理解できたら、角交換振り飛車だけで初段になれるレベルじゃないかなとw

この章を読み終わったら、角交換四間飛車・ダイレクト向かい飛車、自分がやりたい角交換振り飛車の章を読みましょう。

そして、専門的な棋書にステップアップしていってください。

おどろくほど理解できるようになっているはずです。

有段者の人でも、角交換振り飛車をやったことがないひとはここからスタートするといいと思います。

そして、藤井先生の指しこなす本などにステップアップして基礎を作るのがおススメです。

【将棋】将棋の定跡書はどうしてあんなに難しいのか?(定跡書を味わい尽くすために)

はじめに

将棋の定跡書って難しい。

困った顔で働く会社員のイラスト(男性)

twitterでよく見る悩みの一つですね。

私もこの問題に長い間悩まされていました。初段レベルになってやっとなんとなくの意味がわかってきたというのが正直なところです。

将棋の定跡書はなぜ難しいのか。理解するためにはどうすればいいのか。その理由を考えて、今後の将棋上達法の一助になればと思い今回の記事にさせていただきます。

理由1

理由1:そもそも定跡書のほとんどは上級~有段者向けの本である

まず、これがポイントです。問題の大本でもあります。ほとんどの定跡書がアマ初段以上の実力を想定して書かれていると私は思います。これを踏まえて次の理由を読んでもらえると今回の記事の趣旨がわかりやすくなります。

理由2

理由2:前提条件として、基本手筋をマスターしている必要がある
これも級位者の方が定跡書でつまづくポイント。
手筋とは駒の効率的な利用方法です。つまり、一局面における最善手の導き方の基本がわかっていないと、一手一手の意味が分からずに定跡書を読んでも理解できないんです。定跡は手筋の積み重ねだから、手筋がわからない状態でその集合体の定跡を学ぶのは難しい。四則計算ができない小学生がより高度な因数分解ができないのと同じです。『羽生の法則』をマスターしているレベルでやっと定跡書が読めるレベルになるということです。
初段=基本的な手筋をマスターしている状態と考えるとやはり、それくらいの棋力は必要になってきてしまいます。
定跡書を読むこと自体が、一種の応用問題なところはあります。
まずは、自分で考えられるようになること。これが大事です。そうしなければ、定跡書の本当の価値は理解できないでしょう。

理由3

理由3:定跡書は、その戦法が得意な人やおぼえたいひとのために書かれている。

つまり、今得意な人が補強用に読んだり、意欲が高い人が頑張って読む本なんです。生半可な気持ちで挑戦すると挫折します(笑)

理由4

理由4:定跡書には基本的な内容からプロの最新研究まで含まれている

これも定跡書を難しくしているポイント。
基本的な定跡ならわかりやすいし、なじみ深い。でも、プロの最新研究は深すぎてわけわかめ。
なので、定跡書1週目は、基本と書かれている変化だけ確認していくと挫折しなくていいと思います。アマトップクラスにならないとそこまでの知識は不要かもしれません。

まとめ

以上が、定跡書が難しい理由です。
定跡書のネガティブなイメージを書いてしまいましたが、私は定跡書が大好きです。
この記事でいいたいことはひとつ。
「背伸びをしすぎない」こと
まずは、手筋本・次の一手・詰将棋・駒落ち将棋で基礎を固めましょう。
自分でしっかり局面を考えることができるようになって、やっと定跡書の内容が理解できるようになります。
基本的な手筋をマスターして、基礎が完成すれば、定跡書は少しずつ読めるようになっていきます。
そして、定跡書が読めるようになっても、まずは簡単なところからコツコツと積み重ねていくことが大事です。いきなり、難関に挑戦しても間違いなく挫折します。
読めるようになって、完璧に覚えた定跡書は、最高の将棋ライフのパートナーになることでしょう。
そのためにも、今は焦らずコツコツ基礎を積み重ねていくべきです。
あこがれのプロ棋士の本を読みたい。
その気持ちはよくわかります。

でも、冬山登山に軽装でいっても途中で遭難するだけです。
まずは基礎体力をつけるところからはじめていきましょう。

ただ、将棋の定跡書はすぐに絶版になるので、欲しい本は買っておいて鑑賞しましょう。
将棋界を盛り上げるために、どんどん課金してください(笑)

ガッツポーズのイラスト(会社員)

【棋書レビュー】『ひと目の石田流』【現代振り飛車党になるために……】

ということで、最近はまっている「石田流」の基本書をご紹介です。

それがこちらの長岡裕也『ひと目の石田流』(マイナビ)です。

この本、最高の出来ですw

定跡確認用の次の一手問題集なんですが、石田流で初段になりたいひとはこれ1冊でOK

第1章 石田流三間飛車の基本
第2章 △5三銀型持久戦
第3章 △6三銀型持久戦
第4章 △6三銀型急戦
第5章 角交換型
第6章 相振り飛車
第7章 相三間飛車
第8章 後手番での石田流

この構成になっています。

まあ、後手側が石田流を拒否してくることもあるので、三間飛車定跡も勉強が必要なんですが(;’∀’)

石田流の利点として……

①振り飛車の理想形で戦える

②振り飛車側から積極的に戦うことができる

③さばきの手筋に困らなくなる

④美濃囲いとの相性が最高

⑤玉頭銀にして攻撃も可能

基本的にこの↓の形からはじまる基本定跡がこの本でカバーできます。

早石田ですね。ここから居飛車側が角交換してくる超急戦的な手順・基本的な対急戦の手順・居飛車側の持久戦・相振り飛車・後手石田流がすべてこの本でカバーできる網羅性が本当に凄いw

対抗形・相振り飛車・後手石田流これだけカバーできる高い網羅性。基本的な石田流の手筋。これ一冊でOK

石田流の基礎本いう立ち位置です。

惜しむらくは、出版年の関係で、△1四歩戦法の説明がないことくらいですが。

まあ、 △1四歩戦法は、後手が居飛車・相振り飛車どちらも指せるオールラウンダーくらいしか使いこなせない高度な戦い方なので、初段レベルの知識の対象範囲外とも言えます。なので、有段者になってから別の本で学んでもいいのかな?と私は思いますね。

もうひとつのデメリットは、居飛車の左美濃対策も乏しいこと。これも出版年の影響のはず。だから、左美濃対策の宮本新手とかも残念ながら取り扱われていません。

だいたい、棒金・二枚銀→居飛車穴熊→左美濃→ △1四歩戦法 といった感じで後手の対策が進化していったので、後ろふたつが抜けているのがちょっと残念。

ただ、基本手筋・相振り定跡をこれ1冊でカバーできるのは本当に凄い。

この本を完璧にして、後年に発売された『石田流を指しこなす本』三点セットを完璧にするのが、最強の石田流使い誕生の第一歩だと思います。

石田流に興味がある人は、絶対に解いた方がいいです。

次の難しい定跡に向かうための基礎知識が、確実に手に入ります。

この本を読んで先手の振り飛車のエース戦法を手に入れましょう。

中飛車・石田流ができるようになると本格派現代振り飛車党になれますw

【棋書レビュー】最強アマ直伝! 勝てる将棋、勝てる戦法

はじめに

今回は私の中飛車のバイブルであるこの本を紹介します。

今泉健司 『最強アマ直伝! 勝てる将棋、勝てる戦法』(マイナビ)です。紙の本は絶版になってしまいましたが、まだ電子版は現役なので、中飛車党は是非とも買ってみた方がいいです。

ぶっちゃけこの本の内容だけど、アマ2~3段になっているような気がします。たぶん、もっと上も狙えるはずです。

この本と中飛車の素晴らしいところ

この本の素晴らしいところ

・わかりやすい(対抗形の時はできる限り角交換。持久戦の時は、位を取られて厚みで負けないようにした方がイイなどなど)

・プロの最新研究よりも勝ちやすさを追求していてアマチュアに優しい

・先手中飛車本だが、対抗形・一直線穴熊・相振り飛車・左穴熊など凄まじい網羅性を含む。中飛車本で一冊しか持つことを許されなかったら私は間違いなくこの本を選びます(笑)

中飛車の素晴らしさ

・わかりやすい。

・片美濃以上の防御力を得られる

・ほとんどの戦法相手に選択できる。

・振り飛車の中でも攻守のバランスがいい。

いいことづくめですね。

ちなみにこの本には続編のような本があって、そちらは貴重な相振り中飛車の定跡がたくさん載っています↓

この2冊をマスターすれば間違いなく最強クラスの中飛車党になれるはず。

私はまだ、マスターしきれていません(笑)

内容

・対抗形(角交換型)

基本的に5筋位取り中飛車よりも穴熊に組ませない角交換型が推奨されている印象です。角交換してしまえば、穴熊にされる危険性がグッと下がりますからね。

・相中飛車

これは貴重な相中飛車の定跡。私はこの内容と技巧2との研究で相中飛車に関してはかなりのドル箱になっています。

・一直線穴熊

5筋位取りの定跡から、銀が前に出るのではなくて、居飛車が穴熊を採用してくる場合です。角交換せずに、5筋位取りをすると穴熊に組まれるので、私は苦手です(笑)

自分が穴熊にするのは好きなんですけどw

・中飛車左穴熊

これも私の得意戦法。

この本は、まだ中飛車左穴熊の専門書がでる前だったので、この章はとても重宝していましたw


・向かい飛車

こちらは中飛車の一つの選択肢。番外編に近いですが、居飛車が飛車先の歩をついてきた場合の可能性です。

出てくる手筋も勉強になるので、余裕があれば読んだ方がいいでしょう。

ちなみに向かい飛車じゃなく、中飛車にしても有力です。

これらの定跡が収録されております。

相振り飛車定跡が相中飛車・左穴熊関係に特化していますが、それは続編の↑の本で補完されています。

省エネモードで読む場合は、角交換型・相中飛車・左穴熊の3章を読むだけでかなり戦えるようになります。今はこれに、角道クローズの左美濃戦法が台頭してきていますが、こちらはまた別の本で補完する必要があります。

ただ、ここまで学べば先手中飛車の基本はほぼ網羅しています。

勝ちやすい形を学んで、アマらしい実戦的な指し方を勉強するのに最適の一冊。

これは私の一押し中飛車本です。

中飛車関連本レビュー

私が実際に読んできた中飛車関連本を紹介していくページになります!

S→A→B→Cの順で、B以上がおススメなので、そちらのレビューとなります。

S(持っていないなら買うべき)

A(迷ったら即買うべし)

B(普通にいい本)

C(時と場合による)

難易度設定はこちら

易……2級くらいまでの実力

普通……初段前後

やや難……三段相当

難……アマ高段者

『最強アマ直伝! 勝てる将棋、勝てる戦法』評価:SS 難易度:易~やや難


(メリット)
・とてもわかりやすい解説。棋書が苦手な人でも読みやすい
・高い網羅性。対一直線穴熊・対角交換・対相振り飛車・対相中飛車をカバー
・これを一冊読むだけで、中飛車が指せるようになる。
(デメリット)
・後手中飛車の解説がないことだけ(ただ、応用はできる)
【総評】
今泉先生がアマチュア時代に書いた名著。高い網羅性とわかりやすい解説で、私の中で中飛車革命が起きましたw いまだに中飛車の本で最高でバイブル。私が二段・三段に昇段できたのはこの本のおかげが大きいですw
本当にわかりやすく、勉強になるので、中飛車に興味があるひとはぜひとも一読あれ!

『対振り革命 中飛車左穴熊』評価:S 難易度:普通~やや難


(メリット)
・中飛車のウィークポイントだった相振り飛車克服に必須の本
・専門書だけあって、今泉本の内容を大幅に補強できる。
(デメリット)
・今泉本より難しいので、級位者の方は、初段になってからでもいいかもしれない。
・新しい対策がどんどん生まれているので、やや古くなってしまっている。
【総評】
・今泉本とこれがあれば中飛車はほぼ完ぺきじゃないかとすら思える素敵な本。とりあえずこの二冊で有段者層でも通じる中飛車が指せるので、コスパも高い。

『相中飛車徹底ガイド』評価:S 難易度:普通~やや難


(メリット)
・プロはあまりやらないけど、アマチュア頻出の相中飛車について一冊丸々書かれた唯一の専門書
・安心安全の相振り飛車の大家杉山先生の著書(はずれるわけがない)
(デメリット)
・相中飛車最有力の囲い「金無双」をもう少し読みたかった。
・中飛車原理主義者用の本なので、読むべき人が少ない(読むべき人にはバイブルですw)
【総評】
今泉本・左穴熊本、そして、これが中飛車党三種の神器です。相中飛車は、私が最も得意とする戦型で、この本の内容をもとにソフトと研究して、ウォーズ三段~五段の方に勝率七割を誇っています。あまり、研究している人も少ない分野なので、中飛車党未開のフロンティア開拓のために必須の本です。さあ、僕と契約して、一緒に中飛車おじさんになろうよ(笑)

『青嶋の結論 対中飛車・居飛車穴熊必勝ガイド』評価:B 難易度:やや難


(メリット)
・本が少ない中飛車vs居飛車穴熊について丸々一冊書かれている。
・超速・一直線穴熊の定跡を確認できる。
(デメリット)
・難易度が高い
・使いこなすのに結構な実力が必要
【総評】
とてもいい本です。ただ、デメリットで上げたように使いこなすのが難しいため、評価を下げています。アマ高段以上向けに作られた本ですね。難しいです。

『わかる! 勝てる! 現代中飛車』評価:B 難易度:易~普通


(メリット)
・解説や手順がわかりやすい。→なども多用されていて、級位者の方でも読める
・対居飛車に特化。五筋位取り中飛車など。
(デメリット)
・網羅性で今泉本。希少価値性で、杉山本二冊に負ける。
・とてもいい本だが、名著たちとの比較で相対的に価値が下がってしまう。補完本としては最高の選択肢。

『ひと目の中飛車』評価:A 難易度:普通


(メリット)
・中飛車の基本的な定跡が網羅できる
・解説もわかりやすい
(デメリット)
・初段レベルに合わせているためか、有力な手順が割愛されている(わかりやすさ重視という注釈があります)
【総評】
中飛車版、『指しこなす本』の立ち位置。次の一手本コーナーでも紹介しました。わかりやすく、網羅性も高いので初段レベルを目指す人は必読の一冊。わかりやすさ重視の反動がやや気になるくらい。中飛車についての定跡書を読んで確認用問題集として使うのがベストか?

『将棋戦型別名局集5 中飛車名局集』評価:A 難易度:難

(メリット)

・中飛車の名局が100収録

・ツノ銀・風車・ゴキゲン中飛車と数多くの中飛車戦法が収録

(デメリット)

・廃れた対策の棋譜も多く、実戦で見たことがないものも多い。

・プロの棋譜なので難しい

・ノーマル中飛車・後手のゴキゲン中飛車が中心なので、先手中飛車党には少しだけ不満

【総評】

中飛車名局集です。幅広い中飛車の棋譜が載っています。ただ、プロの棋譜なので難しい。ノーマル中飛車も使う人は必須の本ですが、現代中飛車しか指さない人には無理してもたなくてもいいかもしれない。内容自体は素晴らしい&希少価値も高いので、Aランク評価とします。

『羽生の頭脳2』評価:A 難易度:やや難


(メリット)
・現状、絶版になっていないノーマル中飛車を学ぶことができる数少ない棋書
(デメリット)
・藤井システム・ゴキゲン中飛車・松尾流穴熊以前の本なので、内容が古い。
【総評】
内容は古いものの、掲載されている定跡に希少価値が高いため、評価を上げています。
ノーマル中飛車の説明は希少価値高い。

関連項目