中盤力を鍛える次の一手~力戦編~

前回の問題はこちら

問題①~右玉編~

先手大ピンチですが、じつは大優勢です。

3手示して返し技をかけてみてください。

解答①

▲5六角△8二飛車▲8三歩

居飛車を抑え込むときによく登場する角と歩の連携です。

これで飛車の突破は防がれて、後手はかなり厳しくなります。

問題②~雁木右玉~(後手番)

さて、後手番の問題です。

先手が棒銀で右玉完成前に仕掛けてきました。

うまくいなしてください。

解答②

△4四角

△同歩としてしまうと銀が前にでてきてしまいます。

なので、角で銀を狙撃しましょう。

これで飛車を袖飛車にすることが難しくなるので、継続の攻撃が難しくなり、棒銀の銀がお荷物になりやすくなります。

問題③~羽生式袖飛車~(後手番)

これはオリジナル定跡です。

羽生式袖飛車の嵌め手です。後手番になって考えてください。

5手1組です。

解答③

△7六歩▲同歩△8二角成▲同玉△4四角

これで王手飛車取りです。

▲5五角で一応の反撃はありますが、

以下、

△2六角 ▲7五歩 △同 飛  ▲6六銀 △7八飛成 ▲同 金 △2八飛

の順で攻めの速度で後手が優勢となります。

この流れは、ウォーズで五段のかたから金星を獲得するために編み出した努力の結晶なんですw

棋譜②

手合割:平手
先手:
後手:
手数—-指手———消費時間–
1 7六歩(77) (00:00 / 00:00:00)
2 3四歩(33) (00:00 / 00:00:00)
3 4八銀(39) (00:01 / 00:00:01)
4 4四歩(43) (00:01 / 00:00:01)
5 5六歩(57) (00:01 / 00:00:02)
6 4二銀(31) (00:01 / 00:00:02)
7 5八金(49) (00:06 / 00:00:08)
8 4三銀(42) (00:00 / 00:00:02)
9 2六歩(27) (00:00 / 00:00:08)
10 3三角(22) (00:01 / 00:00:03)
11 9六歩(97) (00:04 / 00:00:12)
12 9四歩(93) (00:01 / 00:00:04)
13 3六歩(37) (00:02 / 00:00:14)
14 3二金(41) (00:00 / 00:00:04)
15 6八銀(79) (00:03 / 00:00:17)
16 6二銀(71) (00:00 / 00:00:04)
17 7八金(69) (00:02 / 00:00:19)
18 6四歩(63) (00:00 / 00:00:04)
19 6九玉(59) (00:01 / 00:00:20)
20 6三銀(62) (00:00 / 00:00:04)
21 2五歩(26) (00:01 / 00:00:21)
22 7四歩(73) (00:00 / 00:00:04)
23 3七銀(48) (00:01 / 00:00:22)
24 5二金(61) (00:02 / 00:00:06)
25 2六銀(37) (00:01 / 00:00:23)
26 7三桂(81) (00:01 / 00:00:07)
27 1六歩(17) (00:02 / 00:00:25)
28 1四歩(13) (00:01 / 00:00:08)
29 6六歩(67) (00:02 / 00:00:27)
30 6二玉(51) (00:00 / 00:00:08)
31 6七銀(68) (00:01 / 00:00:28)
32 4五歩(44) (00:00 / 00:00:08)
33 3五歩(36) (00:00 / 00:00:28)
34 4四角(33) (00:00 / 00:00:08)
35 3四歩(35) (00:00 / 00:00:28)
36 同 銀(43) (00:00 / 00:00:08)
37 3六歩打 (00:00 / 00:00:28)

棋譜③

手合割:平手
先手:
後手:
手数—-指手———消費時間–
1 2六歩(27) (00:00 / 00:00:00)
2 3二金(41) (00:00 / 00:00:00)
3 2五歩(26) (00:00 / 00:00:00)
4 7二飛(82) (00:00 / 00:00:00)
5 4八銀(39) (00:00 / 00:00:00)
6 7四歩(73) (00:00 / 00:00:00)
7 2四歩(25) (00:00 / 00:00:00)
8 同 歩(23) (00:00 / 00:00:00)
9 同 飛(28) (00:00 / 00:00:00)
10 2三歩打 (00:00 / 00:00:00)
11 2六飛(24) (00:00 / 00:00:00)
12 7五歩(74) (00:00 / 00:00:00)
13 7八銀(79) (00:00 / 00:00:00)
14 3四歩(33) (00:00 / 00:00:00)
15 5六歩(57) (00:00 / 00:00:00)
16 6二銀(71) (00:00 / 00:00:00)
17 5七銀(48) (00:00 / 00:00:00)
18 6四歩(63) (00:00 / 00:00:00)
19 6六歩(67) (00:00 / 00:00:00)
20 6三銀(62) (00:00 / 00:00:00)
21 6八玉(59) (00:00 / 00:00:00)
22 7四飛(72) (00:00 / 00:00:00)
23 5八金(49) (00:00 / 00:00:00)
24 4一玉(51) (00:00 / 00:00:00)
25 7九玉(68) (00:00 / 00:00:00)
26 7三桂(81) (00:00 / 00:00:00)
27 6七金(58) (00:00 / 00:00:00)
28 4二銀(31) (00:00 / 00:00:00)
29 9六歩(97) (00:00 / 00:00:00)
30 3一玉(41) (00:00 / 00:00:00)
31 4六歩(47) (00:00 / 00:00:00)
32 6五歩(64) (00:00 / 00:00:00)
33 同 歩(66) (00:00 / 00:00:00)
34 7六歩(75) (00:00 / 00:00:00)
35 同 歩(77) (00:00 / 00:00:00)
36 8八角成(22) (00:00 / 00:00:00)
37 同 玉(79) (00:00 / 00:00:00)
38 4四角打 (00:00 / 00:00:00)
39 5五角打 (00:00 / 00:00:00)
40 2六角(44) (00:00 / 00:00:00)
41 7五歩(76) (00:00 / 00:00:00)
42 同 飛(74) (00:00 / 00:00:00)
43 6六銀(57) (00:00 / 00:00:00)
44 7八飛成(75) (00:00 / 00:00:00)
45 同 金(69) (00:00 / 00:00:00)
46 2八飛打 (00:00 / 00:00:00)

オリジナル戦法考察① 「ハチワン=Dシステム」

ハチワン

ということで、今日は将棋の考察記事です。

今回は 柴田ヨサクル先生 のマンガ『ハチワンダイバー』で開発された「ハチワンシステム」の考察記事です。少し自分の方でその戦法を魔改造したので、オリジナル戦法化しておりますw

よって「ハチワン=Dシステム」(仮)の名称を今回は使わせていただきます。

①ハチワンシステムとは?

まずは元となったハチワンシステムの解説です。

この図がハチワンシステムの基本図。

この状態を作った後に、相手が振り飛車・居飛車・急戦のどれを使うか見て、自分の戦法を決めるという大胆な戦法ですね。趣旨としては矢倉の森下システムに近いものを感じます。

例えば、相手が対振りの姿勢を先に作ったら、ここから雁木に変化して上から押しつぶす。

相手が矢倉に組んでくるものなら、振り飛車にして作戦がちにする。

こんな感じの狙いなんですが、一つ問題があります。

それは、はやめに左辺がツノ銀の形になりやすいので、相手に飛車を振られた時に、苦戦しやすいんです。

この状態だと、対抗形は難しいし、相振りにしても中飛車or四間飛車にしか振れずに作戦負けしやすいです。

よって、今回は相手が振り飛車にしてきても大丈夫なように、システムを魔改造したいと思います(笑)

なお、先手用のシステムはまだ未完成なので、後手番専門となりますw

基本的には、角道を閉じて、ノーマル振り飛車でよく見るこの形を作ってしまいましょう。

or

②vs矢倉

まずは、相手が矢倉を目指してきた場合です。

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △4四歩 ▲6八銀 △4二銀 ▲4八銀 △4三銀 ▲7八金 △3二金 ▲5八金 △5二飛

相手が、カニ囲いを作ってきた状態を見て、中飛車に振る感じ。相手は雁木か矢倉になると思っているので、驚くことでしょうw

これで相手は、ノーマル中飛車に矢倉で挑まなくてはいけなくなるので、作戦負けと言えるでしょう。

もしくは、このまま雁木にして矢倉つぶしをしても美味しいです。

③vs舟囲い

こちらはねらい目ですw

角道を閉じて、銀の動きをみると、対振りになると予想して、舟囲いをフライング気味に作っちゃうことあるじゃないですかw

その油断をつきましょう。

基本図のツノ銀の形を作る前に相手が舟囲いを作ってきました。

これは狙い撃ちできます。

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲2五歩 △3三角  ▲4八銀 △4二銀 ▲6八玉 △4三銀 ▲7八玉 △6二銀 ▲5八金右 △6四歩 ▲6八銀 △6三銀 ▲7七銀 △3二金 ▲6六歩 △5二金 ▲6七金 △4一玉 ▲7九角 △5四銀  ▲5六歩 △7四歩 ▲3六歩 △6二飛

相手は、矢倉に組み替えようとしますが、後手がもう攻撃準備が整いました。

先攻できるので、後手有利。

➃vs振り飛車

さあ、懸念となる対振り飛車です。

悩んだ結果、たどり着いた結論は、「右玉」ですw

対振りの右玉ですね。

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △4四歩 ▲6八銀 △4二銀
▲7七角 △4三銀 ▲6七銀 △3二金 ▲6八飛 △6二銀
▲4八玉 △7四歩 ▲3八玉 △6四歩 ▲5六銀 △7三桂
▲2八玉 △6三銀 ▲3八銀 △7二金 ▲4六歩 △8一飛
▲5八金左 △6二玉

俗に言う「糸谷流右玉」です。

糸谷哲郎八段が、デビュー当初勝ち星を稼いだあの戦法ですw。

これはすべての振り飛車につかうことができるので、「ハチワン=Dシステム」の根幹になる戦法ですw

従来のハチワンシステムの悩み、対振り飛車戦をこれひとつでのりきることができます。

対居飛車だったら、雁木(相手が舟囲い模様の時)or中飛車(相手が雁木か矢倉模様の時)で対抗。中飛車をおぼえるのが面倒だったら、雁木オンリーでもいける。

振ってきたら、すべて右玉ですw

つまり、ふたつorみっつの戦法を覚えるだけで、ほぼオールジャンルの敵と戦えるのが魅力ですね。

これが「ハチワン=Dシステム」 の概要になります。

今後はこの戦法を補完するために、「矢倉vs中飛車」・「矢倉vs雁木」・「船囲いvs雁木」・「対振り右玉」の記事を追加していこうと思います。

以上、偉大なる柴田ヨサクル先生の開発した「ハチワンシステム」魔改造の巻でした(笑) ハチワンダイバー面白いのでみんなも読んでくださいね!

ハチワンシステムの弱点【2019・10・22追記】

最近、ハチワンシステム関係の来場者の方が多いので追記させていただきます。

上記のように理想的なハチワンシステムですが、いくつか落とし穴があります。

私が考えるハチワンシステムの弱点は……

①嬉野流や筋違い角などの相手のペースで序盤が動く対奇襲戦法では使いにくい

②雁木調の序盤なので、相手が早繰り銀や原始棒銀できた場合は振り飛車に転換するほうがいいがそのタイミングが意外と難しい。

③囲いが雁木や片美濃になりやすく、普通の矢倉や美濃囲いと比べると脆い

④相手が四間飛車を採用してきたときに、糸谷流右玉だと弱くなりやすく、相振り飛車を選択する必要がある。しかし、左金がツノ銀の形になっていると、手詰まりになりやすい相四間飛車となる。

これを踏まえたうえで、後手専用の作戦だと考えています。

以上、こんな感じです。

ハチワンシステムを指しこなすためにおススメの棋書(2019.11.30追記)

さて、そういえばハチワンシステムを指しこなすためにおススメする本を紹介していなかったので追記です。

この戦法の根幹にあるのは、雁木と(糸谷流)の右玉、ノーマル中飛車です。

なので、おススメの本を厳選して、こちらで簡単に紹介します。

棋界に伝わる二つの秘法 雁木・右玉伝説

棋界に伝わる二つの秘法 雁木・右玉伝説 (マイナビ将棋文庫)

こちらは、対居飛車用の定跡である雁木と右玉を同時に学べる名著です。

手に入る雁木定跡の中で、私が一押しするのがこちらの本です。

とてもわかりやすく基本が身につきます。

右玉編では、ノーマル中飛車の感覚に近い風車右玉が紹介されているので、そちらもどうぞ!

糸谷流右玉でも応用可能な手筋もあるので、一冊で二度美味しいです。

ハチワンシステムのために必須の一冊!

スリル&ロマン 対振り飛車右玉

ハチワンシステムの弱点。対振り飛車を克服するためにこちらも必要でしょう。

上でも書きましたが、雁木と対振り右玉ができれば、ハチワンシステムは再現可能となります。

そして、この本が唯一の対振り飛車右玉の専門書です(^^)/

こちらも必須の内容ですね。

KIF形式棋譜ファイル

手合割:平手
先手:
後手:
手数—-指手———消費時間–
1 7六歩(77) (00:00 / 00:00:00)
2 3四歩(33) (00:00 / 00:00:00)
3 6六歩(67) (00:00 / 00:00:00)
4 4四歩(43) (00:00 / 00:00:00)
5 6八銀(79) (00:00 / 00:00:00)
6 4二銀(31) (00:00 / 00:00:00)
7 4八銀(39) (00:00 / 00:00:00)
8 4三銀(42) (00:00 / 00:00:00)
9 7八金(69) (00:00 / 00:00:00)
10 3二金(41) (00:00 / 00:00:00)
11 5八金(49) (00:00 / 00:00:00)
12 5二飛(82) (00:00 / 00:00:00)

変化:7手
7 7七角(88) (00:00 / 00:00:00)
8 4三銀(42) (00:00 / 00:00:00)
9 6七銀(68) (00:00 / 00:00:00)
10 3二金(41) (00:00 / 00:00:00)
11 6八飛(28) (00:00 / 00:00:00)
12 5二金(61) (00:00 / 00:00:00)
13 4八玉(59) (00:00 / 00:00:00)
14 6二銀(71) (00:00 / 00:00:00)
15 3八玉(48) (00:00 / 00:00:00)
16 6四歩(63) (00:00 / 00:00:00)
17 2八玉(38) (00:00 / 00:00:00)
18 7四歩(73) (00:00 / 00:00:00)
19 3八銀(39) (00:00 / 00:00:00)
20 7三桂(81) (00:00 / 00:00:00)
21 5八金(69) (00:00 / 00:00:00)
22 6三銀(62) (00:00 / 00:00:00)
23 4六歩(47) (00:00 / 00:00:00)
24 6二玉(51) (00:00 / 00:00:00)
25 7八飛(68) (00:00 / 00:00:00)
26 8一飛(82) (00:00 / 00:00:00)

変化:12手
12 6二銀(71) (00:00 / 00:00:00)
13 4八玉(59) (00:00 / 00:00:00)
14 7四歩(73) (00:00 / 00:00:00)
15 3八玉(48) (00:00 / 00:00:00)
16 6四歩(63) (00:00 / 00:00:00)
17 5六銀(67) (00:00 / 00:00:00)
18 7三桂(81) (00:00 / 00:00:00)
19 2八玉(38) (00:00 / 00:00:00)
20 6三銀(62) (00:00 / 00:00:00)
21 3八銀(39) (00:00 / 00:00:00)
22 7二金(61) (00:00 / 00:00:00)
23 4六歩(47) (00:00 / 00:00:00)
24 8一飛(82) (00:00 / 00:00:00)
25 5八金(69) (00:00 / 00:00:00)
26 6二玉(51) (00:00 / 00:00:00)

変化:3手
3 2六歩(27) (00:00 / 00:00:00)
4 3三角(22) (00:00 / 00:00:00)

変化:4手
4 4四歩(43) (00:00 / 00:00:00)
5 2五歩(26) (00:00 / 00:00:00)
6 3三角(22) (00:00 / 00:00:00)
7 4八銀(39) (00:00 / 00:00:00)
8 4二銀(31) (00:00 / 00:00:00)
9 6八玉(59) (00:00 / 00:00:00)
10 4三銀(42) (00:00 / 00:00:00)
11 7八玉(68) (00:00 / 00:00:00)
12 6二銀(71) (00:00 / 00:00:00)
13 5八金(49) (00:00 / 00:00:00)
14 6四歩(63) (00:00 / 00:00:00)
15 6八銀(79) (00:00 / 00:00:00)
16 6三銀(62) (00:00 / 00:00:00)
17 7七銀(68) (00:00 / 00:00:00)
18 3二金(41) (00:00 / 00:00:00)
19 6六歩(67) (00:00 / 00:00:00)
20 5二金(61) (00:00 / 00:00:00)
21 6七金(58) (00:00 / 00:00:00)
22 4一玉(51) (00:00 / 00:00:00)
23 7九角(88) (00:00 / 00:00:00)
24 5四銀(63) (00:00 / 00:00:00)
25 5六歩(57) (00:00 / 00:00:00)
26 7四歩(73) (00:00 / 00:00:00)
27 3六歩(37) (00:00 / 00:00:00)
28 6二飛(82) (00:00 / 00:00:00)

変化:22手
22 7四歩(73) (00:00 / 00:00:00)
23 5六歩(57) (00:00 / 00:00:00)
24 7三桂(81) (00:00 / 00:00:00)
25 7九角(88) (00:00 / 00:00:00)
26 6二玉(51) (00:00 / 00:00:00)
27 3六歩(37) (00:00 / 00:00:00)
28 8一飛(82) (00:00 / 00:00:00)