友だち対局自戦記(相振り飛車) vsぷいさん~位の重要性~

ということで、今回はこの前将棋ウォーズの棋士団を一緒に立ち上げたぷいさんとの戦いの感想戦を自戦記にします。

今回は相振り飛車の戦いです。

最近、藤井猛の『相振り飛車を指しこなす』本を読み返しているので、その応用を試してみました。

私は、先手で向かい飛車。ぷいさんは後手で四間飛車にして、相振り飛車になりました。

A 位の重要性

今回の裏テーマは「位の重要性」です。

位って言うのは簡単に言うと、どこかの筋の中央を確保することなんですが難しいですよね。私も級位者時代はよくわかっていない状態でした。

自分が考える位確保の効果をわかりやすく言うと、以下の通りです。

① 相手の攻撃を未然に防ぐ防波堤(例えば、5筋位取り中飛車。これは、相手の角道を塞いで、自陣に理想形を作る防波堤になっています)

② 次の攻撃につなげやすくなる継戦効果(例えば、棒銀。一度、2筋の位を確保して、銀がそれをカバーして上から陣形を崩そうとして、波状攻撃が可能になります)

③ 王様を仕留める時の補助(これは今回の終盤でよくわかります。位を確保していると相手玉が上に逃げにくくなります。入玉を未然に防げるんです)

B 棋譜

C 感想戦

1~32手目まで

今回は、自分が飛車を振るつもりだったので、相振りになるだろうと覚悟していました。ぷいさんは、いつものように四間飛車だろうから、向かい飛車にしていこう。これが最初の作戦。

普段は、角道オープン相振り飛車ばかり指しているのですが、今回はクローズ型。『相振り飛車を指しこなす本』で勉強した内容を試してみたかったんです。

二人とも金無双好きなので、予想通りな展開。

相振りの四間飛車は、手が作りにくいので、ぷいさんが向かい飛車にしたのはとてもいい判断でした。というか、普通にぷいさんの相振り強いw

33手目 ▲9五歩

何気ない端の位取りですが、これが終盤の勝敗を分ける展開になりましたね。

34~66手目まで

お互いに駒組を進める。

自分が強気に角交換をしかけました。金無双は、角の打ち込みに比較的に強く、飛車の打ち込みに弱いので、角交換はお互いに得。

自分が手損して、角交換になったので、やや相手が有利ですが、持久戦にしてしまえばその手損は消えるだろうと考えました。

自分はその後、矢倉のような形にして、相手の攻撃に備えます。この陣形の意味は2つあります。

① 手損したので、相手が攻撃してくるのは確実。よって、陣形がつぶれた後の逃走経路の確保。飛車を渡さなければ、自分の左側の陣形がかなり広いです。金無双だと、駒が邪魔して逃走が難しくなるので、先に保険をかけた意味。

② 相手の攻撃は、2筋から来るので陣形が突破されても、相手にかなりの痛手を負わせる陣形を目指した。

この狙いが、今回はぴしゃりと決まりましたね。大局観ってたぶんこういうことを言うのでしょう笑

持久戦模様になったので、手損はほぼ消えて、先手有利へ。

67手目 ▲5六歩

自分の今回の悪手はこれ。▲7七角が厳しいですね。消極的になりすぎた。

68手目 △8四飛

これが、ぷいさんの唯一の悪手にして、敗着の一手。自分の悪手に引きずられた感じでしょう。金無双は、飛車交換に弱いのでそれを狙ったと思いますが、これには反撃の一手がありました。

最善手は、△6八角。自分の陣形の隙&王の逃走経路を塞ぐ好手がありました。これを指されたらかなり厳しかったはず。

69手目 ▲8五歩

これで、ぷいさんの狙いをシャットアウトし、8筋の位まで確保できました。おかげで反撃の駒も豊富に。8・9筋の位が確保できたので、相手の入玉はほとんどなくなりました。

69~88手目まで

ここからは自分が一方的に攻撃を受ける番です。

しかし、自分は受け将棋。さらに、事前の逃走経路まで確保しているので、かなり楽観していました。ギリギリで攻撃は繋がらないだろうという読みもできていたので、角を使ったカウンターを用意して、相手の攻撃が切れるのを待ちます。

84手目でだいたいの攻撃は潰しました。相手は第二波の用意をしなくてはいけませんが、こちらの反撃と寄せのイメージはできていたので、自分の優勢を確信。スピード勝負で、こちらが勝てるという自信がありました。

85手目で桂馬を獲得し、一気に寄せにでます。

88手目のぷいさんの桂馬の反撃はいい手ですが、スピードではこちらが上回るので、一度無視し寄せに出ます。

89手目 ▲6四桂

これが、金無双最大の弱点。うさぎの耳とも言われるコビン攻撃。

これでぷいさんの囲いが崩壊します。

89~100手目

自分は一度、攻撃の力を貯めています。

ぷいさんの第二波が襲ってきましたが、攻め駒が足りないので、詰まない。ソフトの評価値も先手+5000。ほぼ必勝形となりました。

101手目 ▲7五桂

これが悪手でした。

▲8三金で、5手詰の手順がありましたね。時間が無くなる焦りもあった。 手順前後のちょっと緩い手でした。

[+Mate:5] ▲8三金打△同玉(82)▲7五桂打△7二玉(83)▲8三金打

まだ、優勢が続いているので、確保した位の利点を生かしてじっくり詰ませに行きます。

投了まで

ぷいさんの最後の攻撃が迫ります。

これミスったら、終わりのギリギリの勝負です。時間をフルに使って、最後は位の力を借りて、勝利しました。残り1秒でしたw

切れ負け勝負だったので、ぷいさんが王手連続という辛い手を指して来たら、必敗でしたね。

そういう意味では、緩めてもらったので恥ずかしいですね。

以前の試合はこちら↓


D KIF形式棋譜ファイル

手合割:平手
先手:D
後手:ぷいさん
手数—-指手———消費時間–
1 7六歩(77) (00:02 / 00:00:02)
2 3四歩(33) (00:01 / 00:00:01)
3 6六歩(67) (00:02 / 00:00:04)
4 4二飛(82) (00:03 / 00:00:04)
5 7七角(88) (00:06 / 00:00:10)
6 6二玉(51) (00:01 / 00:00:05)
7 7八銀(79) (00:01 / 00:00:11)
8 5二金(41) (00:02 / 00:00:07)
9 6七銀(78) (00:01 / 00:00:12)
10 4四歩(43) (00:00 / 00:00:07)
11 8八飛(28) (00:02 / 00:00:14)
12 3二銀(31) (00:01 / 00:00:08)
13 8六歩(87) (00:02 / 00:00:16)
14 7二玉(62) (00:01 / 00:00:09)
15 4八玉(59) (00:02 / 00:00:18)
16 6二金(61) (00:01 / 00:00:10)
17 8五歩(86) (00:01 / 00:00:19)
18 4三銀(32) (00:02 / 00:00:12)
19 3八玉(48) (00:06 / 00:00:25)
20 3三角(22) (00:01 / 00:00:13)
21 5八金(69) (00:02 / 00:00:27)
22 1四歩(13) (00:00 / 00:00:13)
23 4八金(49) (00:02 / 00:00:29)
24 2四歩(23) (00:01 / 00:00:14)
25 8四歩(85) (00:03 / 00:00:32)
26 同 歩(83) (00:01 / 00:00:15)
27 同 飛(88) (00:02 / 00:00:34)
28 8三歩打 (00:01 / 00:00:16)
29 8六飛(84) (00:02 / 00:00:36)
30 1五歩(14) (00:00 / 00:00:16)
31 9六歩(97) (00:01 / 00:00:37)
32 2二飛(42) (00:01 / 00:00:17)
33 9五歩(96) (00:06 / 00:00:43)
34 2五歩(24) (00:02 / 00:00:19)
35 2八銀(39) (00:02 / 00:00:45)
36 4五歩(44) (00:00 / 00:00:19)
37 7五歩(76) (00:03 / 00:00:48)
38 2六歩(25) (00:08 / 00:00:27)
39 同 歩(27) (00:03 / 00:00:51)
40 同 飛(22) (00:01 / 00:00:28)
41 2七歩打 (00:01 / 00:00:52)
42 2四飛(26) (00:01 / 00:00:29)
43 6五歩(66) (00:12 / 00:01:04)
44 3五歩(34) (00:02 / 00:00:31)
45 7四歩(75) (00:15 / 00:01:19)
46 同 飛(24) (00:29 / 00:01:00)
47 3三角成(77) (00:20 / 00:01:39)
48 同 桂(21) (00:01 / 00:01:01)
49 7七歩打 (00:03 / 00:01:42)
50 4六歩(45) (00:04 / 00:01:05)
51 同 歩(47) (00:38 / 00:02:20)
52 2四飛(74) (00:14 / 00:01:19)
53 7六歩(77) (00:09 / 00:02:29)
54 3六歩(35) (00:22 / 00:01:41)
55 同 歩(37) (00:20 / 00:02:49)
56 4四銀(43) (00:08 / 00:01:49)
57 4七金(58) (00:16 / 00:03:05)
58 2六歩打 (00:36 / 00:02:25)
59 同 歩(27) (00:10 / 00:03:15)
60 3五歩打 (00:03 / 00:02:28)
61 3七銀(28) (00:28 / 00:03:43)
62 3六歩(35) (00:11 / 00:02:39)
63 同 銀(37) (00:03 / 00:03:46)
64 3五歩打 (00:03 / 00:02:42)
65 2七銀(36) (00:04 / 00:03:50)
66 5五銀(44) (01:05 / 00:03:47)
67 5六歩(57) (00:53 / 00:04:43)
68 8四飛(24) (00:10 / 00:03:57)
69 8五歩打 (00:07 / 00:04:50)
70 5九角打 (00:04 / 00:04:01)
71 8八飛(86) (00:18 / 00:05:08)
72 4八角成(59) (00:02 / 00:04:03)
73 同 玉(38) (00:05 / 00:05:13)
74 3四飛(84) (00:03 / 00:04:06)
75 5五歩(56) (00:05 / 00:05:18)
76 3六金打 (00:02 / 00:04:08)
77 同 銀(27) (00:27 / 00:05:45)
78 同 歩(35) (00:01 / 00:04:09)
79 3八歩打 (00:04 / 00:05:49)
80 2八銀打 (00:18 / 00:04:27)
81 2三角打 (00:23 / 00:06:12)
82 2四飛(34) (00:03 / 00:04:30)
83 3二角成(23) (00:34 / 00:06:46)
84 2六飛(24) (00:03 / 00:04:33)
85 3三馬(32) (00:10 / 00:06:56)
86 2九銀成(28) (00:03 / 00:04:36)
87 4五角打 (00:11 / 00:07:07)
88 4三桂打 (00:21 / 00:04:57)
89 6四桂打 (00:07 / 00:07:14)
90 8二玉(72) (00:09 / 00:05:06)
91 5二桂成(64) (00:10 / 00:07:24)
92 同 金(62) (00:09 / 00:05:15)
93 5六銀(67) (00:22 / 00:07:46)
94 2八飛成(26) (00:15 / 00:05:30)
95 8四歩(85) (00:12 / 00:07:58)
96 3九龍(28) (00:05 / 00:05:35)
97 5七玉(48) (00:04 / 00:08:02)
98 8四歩(83) (00:07 / 00:05:42)
99 4三馬(33) (00:12 / 00:08:14)
100 6二金(52) (00:14 / 00:05:56)
101 7五桂打 (00:04 / 00:08:18)
102 7二銀(71) (00:17 / 00:06:13)
103 8三歩打 (00:30 / 00:08:48)
104 同 銀(72) (00:06 / 00:06:19)
105 6一金打 (00:15 / 00:09:03)
106 5九龍(39) (00:03 / 00:06:22)
107 5八銀打 (00:08 / 00:09:11)
108 7二金(62) (00:20 / 00:06:42)
109 5三馬(43) (00:20 / 00:09:31)
110 5二歩打 (00:17 / 00:06:59)
111 8三桂成(75) (00:07 / 00:09:38)
112 同 玉(82) (00:03 / 00:07:02)
113 6三馬(53) (00:03 / 00:09:41)
114 同 金(72) (00:06 / 00:07:08)
115 同 角成(45) (00:02 / 00:09:43)
116 7九角打 (00:02 / 00:07:10)
117 6八銀打 (00:02 / 00:09:45)
118 8八角成(79) (00:27 / 00:07:37)
119 5九銀(68) (00:02 / 00:09:47)
120 8七飛打 (00:38 / 00:08:15)
121 6七金打 (00:02 / 00:09:49)
122 6六歩打 (00:05 / 00:08:20)
123 7一金(61) (00:05 / 00:09:54)
124 6七歩成(66) (00:03 / 00:08:23)
125 同 銀(56) (00:02 / 00:09:56)
126 5五馬(88) (00:44 / 00:09:07)
127 7二馬(63) (00:03 / 00:09:59)
128 投了 (00:00 / 00:09:07)
まで127手で先手の勝ち

変化:68手
68 6八角打 (00:00 / 00:03:47)
69 8八飛(86) (00:00 / 00:04:43)
70 7九角成(68) (00:00 / 00:03:47)
71 7七角打 (00:00 / 00:04:43)

変化:67手
67 7七角打 (00:00 / 00:03:50)
68 5四歩(53) (00:00 / 00:03:47)
69 7五歩(76) (00:00 / 00:03:50)
70 4三金(52) (00:00 / 00:03:47)
71 5六歩(57) (00:00 / 00:03:50)
72 4四銀(55) (00:00 / 00:03:47)
73 2八玉(38) (00:00 / 00:03:50)
74 5三銀(44) (00:00 / 00:03:47)
75 3八金(48) (00:00 / 00:03:50)
76 6四歩(63) (00:00 / 00:03:47)
77 7六銀(67) (00:00 / 00:03:50)
78 5五歩(54) (00:00 / 00:03:47)
79 同 角(77) (00:00 / 00:03:50)
80 5四銀(53) (00:00 / 00:03:47)
81 6四角(55) (00:00 / 00:03:50)
82 6八角打 (00:00 / 00:03:47)
83 8七飛(86) (00:00 / 00:03:50)
84 5三金(43) (00:00 / 00:03:47)
85 8四歩打 (00:00 / 00:03:50)
86 同 歩(83) (00:00 / 00:03:47)

One Reply to “友だち対局自戦記(相振り飛車) vsぷいさん~位の重要性~”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です