三間飛車研究① ▲三間飛車vs△棒銀(前編)

はじめに

ということで、今回は三間飛車の定跡研究です。
級位者時代から愛用している三間飛車なのですが、前から作っていた急戦対策をまとめようと思いまして、今回の記事とさせていただきます。

恥ずかしながら、三間飛車使いにも関わらず、三間飛車の本をあまりもっていないんです汗。自分が将棋を始めた時代は、今と違ってノーマル三間飛車冬の時代で(´・ω・`) 石田流の本はたくさんあるのに、ノーマル三間飛車はほとんどない時代を生きてきました。

当時の状況としてはほとんどの本が絶版となっていて(笑)
『羽生の頭脳』を頼りに悪戦苦闘した覚えがあります。

なので、今回の定跡はコンピュータソフトを使って独自研究したものとなっております。
級位者~低段者同士の対局をもとにした研究になっておりますので、高段者以上のかたはご遠慮ください笑

それでは、今回は、▲三間飛車vs後手棒銀の研究です!

先手: 三間飛車 / 後手: 棒銀

①基本図まで

▲7六歩△3四歩▲7八飛△8四歩▲6六歩△8五歩▲7七角△4二玉▲4八玉△3二玉▲6八銀△6二銀▲3八玉△5二金右▲2八玉△7四歩▲3八銀△5四歩▲6七銀

基本図
基本図

多少の手順のズレこそあれ、こちらが基本図。
先手が三間飛車に構えて、後手が舟囲いですね。
正直、三間飛車は、後手の急戦はそれほど怖くありません。
棒銀に強い位置に、飛車が最初からいますし、固さもこちらが上。

先手なら成立する仕掛けもかなり制限されている状況です。
本来なら△3二銀と上がりますが、級位者同士の戦いだとそれが省略されることも多いので、まずは速攻型の手順を考えていきます。

②△7三銀速攻型(棒銀)

(基本図より)△7三銀▲5八金左△1四歩▲1六歩△8四銀▲5六歩

最後の▲5六歩が重要です。これが急戦対策の大事な一手。あとで、カウンターを仕掛けるための布石です。
図①

――――――――――――――――――
△9五銀▲同 角
まずは、やってはいけない手順を軽く紹介。
誰もが一度はやるうっかりです。角の利きを忘れての、銀の特攻。間違いなく投了待ったなし。
――――――――――――――――――

図①へ戻ります。

(図①より)△9四歩▲9六歩△7五歩

自分の級位者時代を思い出すとこの手順が多いかなと思います。
図②

これに対しての返し技がこちら↓

(図②より)▲6八角△7六歩▲4六角

図③

▲5六歩が利いてますね。
これで相手の飛車を狙撃することができます。

(図③より)△9二飛▲7六銀△6六角▲6七銀△9九角成▲7一飛成△8九馬▲8一龍

結果図

飛車はたまらず逃げ出します。その後、歩交換を挟んで、飛車が成りこむ感じ。
馬が成って、桂馬と香車が取られますが、相手の飛車を封印させて、角成りも可能。さらに、美濃囲いまである。
明らかに先手が勝ちやすく、有利な状況となります。

③△6四歩型

もうひとつ考えられるのは、居飛車側が角交換をしかける手順ですね。
図①に戻ってください。
図①

(図①より)△9四歩▲9六歩△6四歩▲5七金

この△6四歩が角交換を狙う一手。それに対して、▲5七金が対策となっています。

図④

(図④より)△6五歩▲5五歩△同 角▲5八飛△6六歩▲同 金△3三角▲5四飛△7三銀▲3四飛

結果図

ノーマル系の振り飛車は、基本的に角交換が不利になるので、相手の狙いを金で抑え込んで、十字飛車で、相手の角頭の歩を1枚多く獲得。後手は攻撃手順が限られているので、先手有利となります。

このように、後手が舟囲い完成前に、速攻を仕掛けるのはかなり難しいです。
後編は、舟囲い完成後の棒銀です。

次回に続く

目次

One Reply to “三間飛車研究① ▲三間飛車vs△棒銀(前編)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です