王座戦観戦記 深浦康市 九段 vs 藤井聡太 二冠~人類代表が怪物撃破!!~

いや、さすがは深浦先生のような将棋でした。

最初は矢倉でしたね。

藤井二冠はツノ銀雁木に構えたので、先手から仕掛けてきました。

▲3五歩急戦ですね。久しぶりに見た。

ただ、自分の知っている定跡は矢倉▲3七銀戦法の変化なんでまた違いますけどねw

今回は雁木に早繰り銀も含みのような形。

藤井二冠の棋風をような深浦先生の猛攻。

深浦先生ってどちらかと言えば受け将棋ですが、さすがは羽生キラーと恐れられた男。

ただ、最近の藤井二冠は受け将棋シフトな感じで後手も上手く対応していましたね。

後手のカウンターが炸裂して、これはいつもの藤井聡太パターンかと思いましたがさすがの粘り。

▲9五角あたりからまさに深浦将棋で逆転した感じでした。

この受け方はまさに深浦哲学!!

いや、しびれましたね。

最後は鮮やかな寄せ。

深浦先生はさすが人類代表みたいなすごい棋譜でした。

斬り合いで勝つ! 深浦の居飛車穴熊 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,694から
(2021/5/8 00:32時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です