オールラウンダーが語る将棋の戦法~石田流編~

前回に続き三間飛車の話をしていきたいと思います!

大人気の石田流ですが、これはかなり苦境に立たされているイメージですね。

2つの対策が有力でそれに苦戦して石田流が激減しているんですよ。

振り飛車最前線 石田流VS△1四歩型 マイナビ将棋BOOKS

新品価格
¥1,525から
(2021/3/28 20:42時点)

その最有力がこちらの4手目△1四歩作戦。

これに石田流側が端歩を受けると相振り飛車にして端歩突きを咎める方針。

なら端歩を受けなければいいじゃないという人もいますが、そうすると美濃囲いが棺桶美濃(端歩のない美濃囲い)になってしまい安定感に欠けてしまう。

4手目で石田流がつまらなくされてしまう危険な手なんですよね。

とはいってもこれは居飛車も相振り飛車も指せないといけないのでアマチュアが真似するのはきついんですが(笑)

そして、もう一つの最有力がエルモ右四間飛車です。

振り飛車を一刀両断!右四間飛車エルモ囲い (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,372から
(2021/3/28 20:47時点)

これもかなり有力で石田流が漫然としているとすぐに不利になります。

わかりやすいので余計に難しい戦法ですね。

これに対抗するため石田流も、早石田系の乱戦を増やしたりして対応している感じですがかなり苦戦している印象です。

個人的には右四間飛車エルモをお勧めしたいかなと!

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です