居飛車をはじめて勉強したいときは、棒銀からはじめるべき理由

ということで、居飛車を勉強したいという方はまずは棒銀から始めるべきだと思っています。

というのも、棒銀は攻めの基本が詰まっているうえに、わかりやすく、応用範囲も広いから。

居飛車で一番難しいのは攻めですよね。

変な癖がつくとあんまりよくない。
なので、一番オーソドックスな棒銀から始めるのが理にかなっていると思います。

そして、棒銀が成功した後、どうしたらいいのかわからない。
これが初心者の最大の悩みですね。

そこは手筋の勉強が必要です。

棒銀の成功=序盤の終わりと考えると、次は手筋をみっちりやっていくのが大事です。

手筋は、重い攻め・強引な攻めで自滅を防いでくれるので、重い攻撃をしてしまって、寄せに使う駒がないというのも防いでくれます。

棒銀は、矢倉・角換わり・振り飛車に応用可能です。

右四間飛車もいいんですが、利用範囲が棒銀のほうがはるかに広いんですよね。

最悪、居飛車は棒銀オンリーでもいけなくはないんで(笑)
自分も原始棒銀だけでどこまでいけるかチャレンジで、三段までは戦えました。

居飛車は、振り飛車よりも囲いが流動的なので、その感覚をならすためにも、棒銀は結構有効だと思います。

棒銀の知識は横歩取り以外では使えるので、一生ものになります。

1手ずつ解説する角換わり棒銀 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,525から
(2021/2/2 21:22時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です