将棋の序盤がうまくなりたい? たくさんの勝ちやすい筋を見つけたい?序盤をもっと丁寧に指したい?ならば、ひとり将棋をしてみたら?

ということで、自分がやっている序盤勉強法の一つを紹介します!

それはひとり将棋です!

ぴよ将棋でもいいので、盤と駒を用意します。

プレイヤーvsプレイヤーで対局を始めます。

自分が研究したい戦型になるように指して、中盤までしっかり考えながら指していく。

この時は定跡書などは読んではいけません。ソフトの解析も終わるまで×

自分の頭だけで考えてください。待ったはOK

相手がこういう手を差したらどうしようかなとか

この変化は、王手飛車の筋があるなとか

桂馬が飛べばいいんじゃねとか。

これを30分くらいやっていくと、マイ定跡みたいなものが出来上がります。

定跡書の本は、あくまで知識で、体験じゃないからおぼえにくいし、プロの最善手ばかり紹介されるんで、難しすぎる。

ならば、自分の頭で考えることで、自分の実力にあった定跡が作れるんですw

そして、自分の頭で考えた定跡なんで、再現性が高くて、はめて筋もいっぱいおぼえることができますw

自分もこのやりかたで羽生式袖飛車の定跡を完成させました。

王手飛車筋がたくさんあるのは、このおかげです(笑)

定跡書に頼り切らずに、自分の頭で考えるトレーニングですね。

一手一手の意味をこめるためにも、かなり有効なトレーニングだと思っています。

なので、級位者の方にもおすすめ。

将棋[初段になれるかな]大会議

新品価格
¥1,485から
(2021/1/10 10:48時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です