「終盤に時間を残すために、序盤をノータイムで指す」ことの危険性について

ということで、今年はこの記事で締めくくろうと思います。

ウォーズやクエストの切れ負けでよく「終盤に時間を残すために、序盤をノータイムで指す」ということをやっている方が多いと思います。

たぶん、豊島竜王のスタイルとかも影響しているとは思うんですが、これは非常に危険です( ;∀;)

まず、序盤に大差が生まれてそのまま負けることがとても多くなりますw

序盤ノータイムで指すことができる戦法ってほとんどないんですよね。かろうじて言えば四間飛車くらい。それでも、相手の急戦や持久戦についてしっかり対応しないといけないので序盤にしっかり考えて指した方が絶対に成績は上がります!

豊島竜王とかがやっているじゃないかという反論もあるかもしれません。

しかし、注意してほしいのは……

豊島先生、プロのタイトルホルダーですぜ!?

将棋歴30年近くて、才能もあって、めちゃくちゃ勤勉だからできることで、アマチュアの我々が真似できるのかといえば……

まぁ、できませんよね。

はっきり言えば序盤にリードを作れば、中盤に逆転されても勝ちやすい形が残っていて、勝てる可能性がとても高くなります。

だからこそ、序盤にしっかり時間を使って将棋を組み立てていってほしいと思います。

そして、序盤ノータイム指しだと、1局を大切にできないんですよね。自分の一手を説明できないんですよ。だからこそ、経験値がたまりにくい。

その悪循環から抜け出すためにも、序盤を丁寧に指すことを忘れないようにすることをおすすめします。

今年もありがとうございましたm(__)m

将棋[初段になれるかな]大会議

新品価格
¥1,485から
(2020/12/31 13:53時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です