【NHK杯観戦記】▲木村一基九段vs藤井聡太二冠(解説:羽生善治九段とか豪華すぎる!?)

木村先生、王位戦で対戦したばかりで、あまり会いたくないというユーモアセンスが炸裂ですww

やっぱり、羽生先生も相掛かり予想でしたねw

私もそう思っていました!

盤全体で攻防が始まりました。

一回よくしてしまえばあとは終盤力で押し切るというのが藤井先生の持ち味なんですよね。羽生先生も同じようなことを言っていました。

手厚い陣形で盤を制圧しているように見える木村九段。

それに対してカウンターを狙う藤井二冠。

ギリギリの攻めあいが続きます。

木村先生の受け将棋は、先に攻めがあって、その後に受けが来るイメージです。

そして、木村九段の猛攻。カウンターも強靭な受けまくり、そのまま盤全体から作り出した圧力で攻め潰し勝利!

木村九段のすばらしいところがでました。

名局でした。

木村一基の初級者でもわかる受けの基本 NHK将棋シリーズ

新品価格
¥1,056から
(2020/11/22 11:58時点)

藤井聡太全局集 令和元年度版

新品価格
¥2,435から
(2020/11/22 11:59時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です