平成相掛かり(相掛り棒銀・UFO銀)と令和相掛かりはどのように違うのか?

ということで、今日は平成相掛かりと令和のそれの比較です。
自分は、得意戦法は相掛かり(ただし、誰も受けてくれない)なので、語っていきますね。

まず、平成相掛かりの代表格・相掛かり棒銀からのUFO銀ですが、これは比較的に持久戦になりやすい戦型でした。


棒銀と言えば、攻めの印象ですが、相掛かり棒銀の本質は、棒銀から銀を引いての持久戦。
じっくりとした将棋になりやすいものでした。

棒銀はあくまでフェイントに使うような形。

よくわかる相掛かり (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,540から
(2020/11/17 21:06時点)

しかし、令和相掛かりはより、横歩取りに近いものになっています。
平たく言えば、空中戦です。

普通に横歩取りすることも多くなり、中住まい等簡易な囲いで乱戦をするのが主流になってきていています。
より、定跡化されにくい力戦志向が強まった形ですね。

なので、相がかり初心者さんは、相掛かり棒銀から入ったほうが勉強しやすいと思います。
本格派居飛車党になりたい人はがんばってみてください!

本田奎の相掛かり研究 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,694から
(2020/11/17 21:06時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です