【NHK杯観戦記】松尾八段―深浦NHK杯~地球代表の華麗な詰み

ということで、今日はNHK杯でしたね。

松尾先生が先手で、角換わり。

現代腰掛け銀になりました。

最近は、ポンポン桂馬ばかり見ていた印象なので、ちょっと懐かしいです(笑)

先手は腰掛け銀から銀矢倉へ。昭和の将棋でも矢倉戦ですがこういう戦型多かったよな~

深浦先生が盤全体を使う攻撃で主導権を握ります。

銀矢倉の厚みがどんどん増していくのは、自分好み。

少しずつ、挽回していく松尾先生!!

危ない将棋すぎる。深浦先生が一気に詰ませにいきました( ;∀;)

これは詰むや詰まざるや!!!

詰んだああああああああああああああ。

さすがは、地球代表ですね!!!

角換わり 初段の常識

新品価格
¥1,525から
(2020/11/8 10:44時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です