竜王戦第3局羽生九段―豊島竜王の1日目の局面分析

ということで、羽生先生が先手で相掛かり。空中戦模様になりました。

羽生先生は歩得&中住まいに構えて、バランス型。

豊島竜王は、4・5筋に厚みを作って主張点を作っています。

現状は若干、羽生先生が指しやすいかなと? 囲いと歩得が大きい。

ですが、豊島竜王の陣形は手厚く、負けにくい陣形と言えます。

よって、そこまでの差はなく、互角でしょうね。

今日の結果が楽しみです。

本田奎の相掛かり研究 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,694から
(2020/11/8 10:35時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です