【中飛車徹底研究】後手中飛車・飛車先交換型【定跡の先へ】

将棋盤

 0

ということで、中飛車徹底研究をしていきたいと思います。

今回は、先手の居飛車が飛車先交換をしてきた場合の変化です。

筋違い角を避けるために、初手△5二飛車にしています。

これなら絶対に中飛車にできます。

初手から▲7六歩△5二飛▲2六歩△5四歩▲2五歩△3四歩▲2四歩△同 歩▲同 飛


上図より△8八角成▲同 銀△3三角

ここまでは後手中飛車の基本。これで飛車を下げさせる効果がありますね。

上図より▲2八飛△2六歩

仮に同飛車とすると8八の銀が死にます。なので取れない。後手は向かい飛車にして指せると定跡書には書かれます。でも、この形はあくまで互角です。本は有利と言っているところもありますがそこまでの差はありません。先手は飛車が逃げると、ただでと金が作られてしまうので、逃げてはいけませんね。

続きを見ていきます。

上図より▲7七銀△2二飛

狙いの向かい飛車です。不安的にできないので、銀は上げておきます。

ここで互角に戦うには……

上図より▲3八金をおすすめします。

これは銀で受けると先手大劣勢です。

※▲3八銀△7七角成▲同 桂△2七銀▲6六角△2八銀成でよくありません。これを避けるために銀ではなく金で動くべきです。

上図より△7七角成▲同 桂△2七銀▲6六角

この角の動きでカウンターが成立しています。

上図より△2八銀▲同銀△2七歩成▲同金で後手の歩切れが痛く、居飛車有利です。

中飛車の基本 ゴキゲン中飛車編 (最強将棋21)

新品価格
¥1,540から
(2020/10/22 21:57時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です