中飛車おじさんが考える後手で絶対に中飛車にする方法!~筋違い角? なにそれ美味しいの?~

中飛車大好き人間が後手で絶望する瞬間
・▲7六歩△3四歩▲2二角成の先手筋違い角に遭遇した時
・▲7六歩△3四歩▲2四歩△5四歩▲2二角成の大乱戦に持ち込まれたとき

この2つですよね。

俺はもっとゆっくりした中飛車にしたいんじゃ!!!

超速に不利でも挑んで、終盤で逆転したいんじゃ!

ということで、絶望したときに考えたのが、▲7六歩△5二飛の2手目中飛車戦法です!

居飛車党はこれをとがめられますか?

・飛車先の歩を交換できるから居飛車党有利説
→歩を持ち駒にできるけど、それって手損でしょ。なら振り飛車も悪くない。そもそも現代相がかりで、飛車先の歩交換のメリットはかなり否定されているじゃん!(Dの反論)

・志低すぎる。初心者の手じゃん!
→志? 俺は振り飛車が指したいんじゃない。中飛車にしたいんじゃ!!(Dの反論)

・先手中飛車だって、相振り飛車では結構厳しいのに後手中飛車だともっときつくない
→正論すぎて何も言えねぇ

ということで、相振りは受けまくる展開になりやすいのがネックですが、対居飛車には結構戦えます。

筋違い角にも絶対にならないので、受け棋風の人向けですね~

戸辺流 こだわりのゴキゲン中飛車 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,525から
(2020/9/28 21:46時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です