【NHK杯観戦記】▲畠山鎮八段―△豊島将之竜王~脇システムの攻防!~

ということで最近は矢倉も完全復活し私もウキウキです!

先手の畠山八段は棒銀から端攻めを目指す将棋。対する豊島竜王は角を打ちこんでのカウンターですね。

脇システムは攻め合いになりやすいので、見ていて面白いですよね!

畠山先生が抑え込んでいく展開ですね。

攻めをつなぎまくる畠山先生に豊島先生は防戦へ。

▲3五金というカッコイイ一手が飛び出し、詰むや詰まざるやの終盤へ

ギリギリの攻防で竜王が逃げ切る展開へ・・・

豊島先生が接戦をものにして勝利へ

面白い終盤でした!!

名人への軌跡

新品価格
¥2,706から
(2020/9/20 11:51時点)

矢倉の基本 ~駒組みと考え方~ (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,804から
(2020/9/20 11:25時点)

矢倉の基本から学びたい人向けの本です!

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です