【竜王戦観戦記】▲羽生善治九段―△丸山忠久九段~再びの一手損角換わり・羽生九段タイトル100期に挑戦へ!~

決断力 (角川新書)

新品価格
¥371から
(2020/9/20 10:49時点)

戦型は、もちろん一手損角換わりになりました!このおふたりは00年代からずっと将棋界をひっぱってきた大元勲なので、将棋も面白いですね。

先手の羽生先生は早繰り銀を見せつつ、棒銀にして平矢倉に構えました。一手損角換わり対策は早繰り銀が主流ですが、棒銀もまた有効ですからね

羽生先生が先攻して、丸山先生が守りきる流れでした。基本的に一手損角換わりは守備になりやすいので、受けとバランス感覚が重要になってきます。

中盤の手筋で羽生先生がリードを作り、丸山先生のカウンターが羽生陣に迫りますが、それを受け止める!

そして、受け止めた後は羽生先生の猛攻が炸裂し、2-1で挑戦者決定!

ついにタイトル100期に挑みます!

羽生善治 闘う頭脳 (文春文庫)

新品価格
¥723から
(2020/9/20 10:49時点)

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,650から
(2020/9/20 10:50時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です