藤井聡太二冠の棋風と駒落ちについて考えること!

ということで、久しぶりに駒落ち記事です!
藤井二冠の将棋って駒落ち将棋のイメージがあるなと思っています!

厚みをしっかり作って押しつぶす将棋とか、角換わりの切りあいとか独特のバランス感覚みたいなものが駒落ちの感覚に近いと思うんですよね。

駒落ち=縦の将棋に強くなる。
この関係があるので、幼少期に所司先生の『駒落ち定跡』を徹底的に学んだことが多いんだろうなと勝手に思っています。

やっぱり正統派居飛車党になるためには、駒落ち定跡って近道だよなと藤井二冠の将棋を見ながら思いました!

昭和期の大棋士のほとんども駒落ちから入っているはずなので、当たり前と言えば当たり前ですが(;^ω^)

藤井先生が覚えた定跡書↓(駒落ちを本気でやる時は必須)

【決定版】駒落ち定跡

新品価格
¥3,080から
(2020/9/19 21:40時点)

めちゃくちゃわかりやすい駒落ち本↓

駒落ちのはなし

新品価格
¥1,980から
(2020/9/19 21:41時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です