個人的に思う大山将棋のすごいところ!

個人的に思う大山将棋のすごいところ!

大山康晴名局集 (プレミアムブックス版)

新品価格
¥4,180から
(2020/9/10 20:03時点)

ということで、最近は昭和の将棋をたくさん並べています!
一番好きなのは、やっぱり大山・中原両雄の対局集がめちゃくちゃ面白いです!
大山将棋の好きなところ・すごいところは……

序盤の構想力と受けだと思っています!!

特に、居飛車船囲い急戦関係に対しての構想がすごいですね!四間飛車の急所4巻で取り上げられている、4一金型四間飛車の原型は大山将棋ですし、その構想を60年~70年代には披露していたのは恐ろしいほどのオーパーツです(;’∀’)
あと、居飛車穴熊1号局における戦い方は、00年代の定跡と酷似しており、大山先生ー升田先生の序盤構想力の高さがでております。

序盤で安定してリードを作り、中盤は自慢の受けの力でそのリードを守り切って勝ってしまうという将棋のイメージが強いですね。
リードを広げた後は、終盤のカウンターパンチで相手をK.O.です。

これが大山将棋の黄金パターンみたいなイメージがあります。

それに対して、中原先生は、中盤力の怪物でして、厚みや攻めの形を作って、その攻めを繋ぎに繋げまくって大山先生に打ち勝ってしまうパターンが多いように感じました(;’∀’)

まさに攻めの中原! 受けの大山!!

この棋譜集は本当に勉強になるので、居飛車党・振り飛車党問わずに並べてみるといいと思います!

大山VS中原全局集

新品価格
¥2,772から
(2020/9/10 20:03時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です