『1冊で全てわかる向かい飛車 その狙いと対策』レビュー~向かい飛車とは乱戦することとみつけたり~

1冊で全てわかる向かい飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,525から
(2020/9/5 18:36時点)

ということで、今日は一日中この本を読んでいました!

この本の収録内容は

・ノーマル向かい飛車

・メリケン向かい飛車

・角交換向かい飛車

・角頭歩向かい飛車

の定跡と対策です!

レベルは初段以上の方向けですね。向かい飛車は乱戦になる変化が多いので、そことの折り合いをどうするかですね。

級位者の方で向かい飛車に悩んでいる方はこちらの本のほうがおススメします。この本はちょっと難しすぎる感じです。

渡辺明の居飛車対振り飛車 I 中飛車・三間飛車・向かい飛車編 (NHK将棋シリーズ)

新品価格
¥1,100から
(2020/9/5 18:44時点)

↑こちらはNHK将棋講座の内容をまとめたもので、非常にわかりやすいです!定跡はちょっと古めですが、向かい飛車に関してはこの本はいまだに使えることが多いです。

向かい飛車に対して、穴熊に組む対策もかなり紹介されていますが、この場合は居飛車がかなり神経を使うことになるので、慣れるまでは紹介されている穴熊定跡よりも左美濃の方を中心に覚えていくといいと思います。

左美濃にしたほうが、穴熊よりも穏やかになりやすいですね。慣れるまではこちらの方向をおすすめしたいです。

ただ、向かい飛車は激しいですね。

常に乱戦になる変化が多いので、乱戦大好きな棋風の人が得意にしているイメージです。

三間飛車と向かい飛車がさばきの将棋ですよね。純粋な振り飛車党って感じがします。

あと、やられた困る▲5七角・△5三角の変化も詳しく解説されているので、そちらに悩んでいる方にもおすすめです。

向かい飛車が嫌な居飛車党は、飛車先の歩を突きこさないようにすれば乱戦はならないので、それが一番の対策のような気もします(笑)

内容的には結構複雑な変化も含まれているので、有段者以上で向かい飛車を指したい人や向かい飛車に困っている居飛車党向けですね。

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です