【王座戦観戦記】▲永瀬拓矢王座vs△久保利明九段~端歩穴熊vs振り飛車ミレニアム~

こちらのガイドラインに従って王座戦の観戦記を書いていきます!

今回は永瀬王座が端歩穴熊、久保九段が四間飛車ミレニアムとなりました。

久保先生が耀龍四間飛車を見せながら、ミレニアムに組みましたね。まさに新時代の振り飛車です。

しかし、ここからがふたりの心理戦でしたね。

千日手を見せつつ少しずつ囲いが変化して、最終的にこうなりました。

銀冠穴熊対銀冠!

囲いが進化しすぎて、まさかの前例と合流するすごい展開でした(;’∀’)

中盤以降はさばくよりもねじり合う感じの将棋となりましたね。

永瀬王座が穴熊の固さを活かして、攻めを誘発させて守りこんでカウンターする展開です。まさに、千日手からのリードを奪って守り抜く永瀬スタイルです!!守っていく中でじわじわとリードを拡大させる負けない将棋・・・

永瀬将棋の真骨頂です。久保先生の攻めを抑え込んで強烈なカウンターが発動し、一気に銀冠を崩しました。端歩穴熊は突いている端歩が決め手になることが多くて今回もそうなりましたね。

永瀬先生が先勝です。

終局図

以下、△7三角▲同角成△同金▲9三角……と9手詰や11手詰がありますね。

これぞ永瀬将棋でしたね!

次回も楽しみですb

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です