【NHK杯観戦記】▲糸谷哲郎八段ー△青島未来~力戦角換わりからの右玉!~

やはり、この二人の対局は角換わりになりましたね。ふたりとも早指が強いイメージですw

修行時代はネット将棋の強豪として知られていますからね。

今回は角換わりですが、青嶋先生が△2二金型角換わりに誘導しました。△3二金に戻すと一手損なので、力戦形勝負ということでしょうね。

ただ、糸谷先生も力戦形はかなり得意ですよね、青嶋先生危険な道を渡るな~というイメージ。まあ、青嶋先生も糸谷先生も右玉好きだから、こういう薄い力戦形は大好物なんでしょうw

変幻自在!現代右玉のすべて (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,525から
(2020/8/30 10:53時点)

↑右玉の名著

スリル&ロマン 対振り飛車右玉 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,525から
(2020/8/30 10:53時点)

↑糸谷流右玉

厚みを作りつつある糸谷先生。広さとバランスで勝負する青嶋先生。

攻める糸谷vs受ける青島!そして、指すスピードが早すぎておいていかれそうになりますw

青嶋先生は右玉含みでやっていましたが、開戦も早かったので、受けに回っています。バランスがいいので2筋が食い破られても、右玉にして粘れるという計算が成立してますね。

青嶋先生のカウンターで糸谷先生が厳しい状況へ。しかし、そこはさすがの剛腕ぶりで、一手間違えれば詰むギリギリの終盤へ。

しかし、そこはさすがの右玉の広さが生きる展開でした・・・

青嶋先生は糸谷先生の猛攻をかわしきり、長めの即詰み筋を冷静に決めました!

いやー、見事な終盤でした!!

今回の棋譜はすごく面白かったですね。

私のお勧めする右玉本を最後におススメして終わります!

右玉を指しこなす本 対4八金型編 (将棋)

新品価格
¥500から
(2020/8/30 11:35時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です