【名人戦第四局1日目観戦記】▲渡辺明二冠vs△豊島将之名人~脇システム・大長考のぶつかり合い~

今日の名人戦は、脇システムでしたね。

使い手の私としては歓喜の悲鳴です(笑)

かなり激しい手順で、バンバン手が進んでいきました。

脇システムは、棒銀と組み合わせて、角交換するかどうかで手順がわかれるのが大まかなイメージですが、いや~激しい。

角の打ち込みスペースをいかに作るのか。

作った場合は、本当に底に打ちこんでどれだけ有効なのか。

他の駒との兼ね合いはどうかなど、すさまじい駆け引きが展開されています。

渡辺陣は、イイ感じで攻めていますが飛車の活用が難しそう。

豊島陣は、囲いが崩壊気味で怖いけど、攻めは楽しみ。

難解ですw

激変する現代矢倉 ~▲3七銀戦法から藤井流早囲いまで~ (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,355から
(2020/7/27 20:16時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「【名人戦第四局1日目観戦記】▲渡辺明二冠vs△豊島将之名人~脇システム・大長考のぶつかり合い~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です