【棋聖戦第3局観戦記】渡辺明 棋聖 VS 藤井聡太 七段

いや~渡辺先生が強かった。最年少タイトルをかけた大一番で、執念の勝利をあげて、次の対局に繋げました。

運命の第三局は、角換わりになりました。

先手の藤井先生が得意とする腰掛け銀ですね。

すさまじい勢いで対局が進みます。

昼休み前に、ほぼ終盤の入り口まで到達しました。

これは最強の終盤力を持つ藤井先生有利か!?

私もそう思っていました。

実際、夕方まではプロ棋士の先生たちも藤井先生持ちが多かったです。

藤井先生が自分から敵の攻撃を誘い込んで、難解な局面を飄々と泳いでいました。

今日の将棋飯。

藤井先生豚しゃぶが多いイメージですw

好きなんだろうな~

午前から続くこの難解な局面において、渡辺先生の妙手がすべてを覆しました。

ほんの少しの歩の動きが世界を変えてしまいました。

冷静に藤井先生の最後のお願いを回避して、渡辺棋聖がそのまま勝ち切りました。

今回もすさまじい将棋でしたね。

さあ、5番勝負がわからなくなりました。サッカーでも2-0から2-1になった瞬間が一番危ないといわれますからね。次回も楽しみです。

将棋の渡辺くん(1) (週刊少年マガジンコミックス)

新品価格
¥880から
(2020/7/9 19:44時点)

藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書)

新品価格
¥850から
(2020/7/9 19:46時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「【棋聖戦第3局観戦記】渡辺明 棋聖 VS 藤井聡太 七段」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です