『藤井聡太全局集』にチャレンジしています

私の趣味は棋譜並べ(+_+)

ぶっちゃけると、実戦や詰将棋よりも棋譜並べが大好きです。

こんな感じで並べているのですが、土日にたくさん並べたので、誕生日プレゼントにいただいた『中原誠名局集』を並べ終わりました↓

中原誠名局集

新品価格
¥2,464から
(2020/6/29 21:34時点)

前に中原先生の将棋をたくさん並べていたこともあって、結構知っている棋譜もあったので、自分の成長を実感しました(笑)

大山先生は振り飛車党の基本。

中原先生は居飛車党の基本。

そんな感じで正統派将棋をじっくり学びたい人は、是非とも並べることをお勧めします。

大山VS中原全局集

新品価格
¥3,080から
(2020/6/29 21:39時点)

この全局集を並べると、本当に香車一枚以上強くなる気がしますw

中原先生のすさまじい攻めと大山先生の序盤センスからのたくましい受けを学べますからね。ちなみに、自作の西山先生の名局集は、終盤の怪力がつきました。

そして、ついにセールで買っておいた藤井聡太先生の棋譜集にチャレンジ中ですb

藤井聡太全局集 平成28・29年度版

新品価格
¥2,706から
(2020/6/29 21:32時点)

デビュー年からの棋譜ですね。

加藤一二三先生との激闘から始まり、伝説の29連勝、羽生・広瀬両先生を打ち破り朝日杯優勝までを描くスペクタクル。

今半分くらい並べ終わりました。

角換わり中心の棋譜ですね。当時の流行で、矢倉が少ないのは残念ですが、おもしろいです。

あくまで素人の戯言ですが、「中原先生・加藤一二三先生・谷川先生のいいところを合わせて完成した居飛車党正統派の最高傑作」みたいな将棋になっているように思います。

https://dnovel.net/archives/4025

前にブログでこう書きましたが、やっぱりその印象が強くなりました。

厚みを活かす攻守のバランスの良さ・強烈な攻め・驚異の終盤力。

さあ、この棋譜並べを頑張りながら、藤井聡太先生のタイトル戦を楽しく応援したいと思いますb

王位戦はどっちを応援していいのかわからないです(´・ω・`)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です