【JT杯観戦記】▲久保利明九段vs△羽生善治九段~角交換振り飛車の大乱戦~

ついにJT杯が開幕しました。棋戦の主催者さんもこんなに大変な時期なのに、いろいろと調整していただき開幕になっていることを考えると1ファンとしてとても嬉しくなりますね。

開幕カードは、▲久保利明九段vs△羽生善治九段

豪華ですww

戦型は角交換振り飛車の(4→3飛車戦法)になりましたね。

乱戦にしないで石田流にするために、一度四間飛車で途中下車する戦法です。

そうすることで、角交換振り飛車のいつもの角打ちからの乱戦を予防できます。

振り飛車4→3戦法 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,257から
(2020/6/28 17:38時点)

絶版になってしまった本ですが、電子書籍はまだ買えるんですねb

羽生先生の角打ちによって、石田流は阻まれて乱戦パターンに突入です。

ここで打つとこういうパターンになるのかと驚きました。

今泉先生の見解です↓

羽生先生が久保飛車を完全に抑え込んだように見えたのですが、飛車が縦に横に動いて敵を揺さぶります。そこから華麗に敵の抑え込みをかわして、敵陣突入!?まるでラグビーみたいな飛車の動きでした。

今泉先生の解説通り、飛車を抑えまれないようにした久保先生が完勝してしまいました(;’∀’)

厚みの将棋は負ける時は一方的に成りやすいですからね。

押さえ込む構想が本当におもしろかっただけに残念です。

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です