【abema観戦記】羽生善治九段 vs黒沢怜生五段 ~大乱戦のまとめ方~

いや~、今日のアベマは波乱が起きましたね。

まさかのドリームチームが敗戦でした。

https://abema.tv/video/episode/288-23_s50_p13 (6.28現在、あと2日無料で見れるそうです!)

今回取り上げるのは▲羽生先生vs△黒沢先生の中堅戦第二局。

黒沢得意の角交換振り飛車になりましたね。

▲6五角の大乱戦です。

この大乱戦でもかなり珍しい変化に突入しました。

お互いの馬がけん制してお互いを消し合う大乱戦。

この短い時間で構想力勝負の難しい将棋になりましたね。

だけども、そこは構想力の怪物羽生九段。

みごとに銀冠にまとめきって、厚みを作り出していく構想です。

玉頭位取りに変化して、厚みを作り出したうえで、囲いの差で作戦勝ち。

この序盤構想力はさすがのひとことですね。

ただ、厚みの将棋は、持ち時間が短いとまとめるのが難しいのでそこがネックですね。

中盤の難しい局面でお互いに持ち時間を失い、息詰まる終盤へ。

羽生先生がやや指し運が悪かったのか、黒沢先生が寄せきりました。

必死をかけた黒沢先生に対して、即詰みに活路を見い出そうとした羽生先生の怒涛の王手ラッシュ。

ひえー怖い終盤戦です。

先週の藤井聡太先生との将棋を思いだす打ち合いでしたね。

ダイレクト向かい飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,650から
(2020/6/28 01:01時点)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です