次の一手で覚える矢倉定跡~後手米長流急戦矢倉駒組編~

前回の問題はこちら

初手から

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀▲5六歩 △5四歩 ▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金▲7八金 △4一玉 ▲6九玉

ここからが本格的な定跡です。

それでは、米長流急戦矢倉の基本的な駒組を確認していこうと思います。

この急戦は、現在の矢倉定跡の根幹になるので、駒組編と仕掛け編を分けて説明していこうと思います。

5手目▲7七銀・▲6六歩どちらにも使える上に、先手番でも応用可能な急戦矢倉の王道ともいえるポジションです。

現代矢倉の主流である同型矢倉も、この米長流急戦矢倉から派生していくので、土居矢倉とも深い関係があります。

今回は駒組編です。

米長流急戦矢倉は超急戦・本組の2種類がありますが、超急戦は難しすぎるので扱いません。

今回は本組の定跡です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-52.png
後手の次の一手を考えてください

解答はこちら

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「次の一手で覚える矢倉定跡~後手米長流急戦矢倉駒組編~」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です