王位戦挑戦者決定戦・永瀬拓矢二冠vs藤井聡太七段~相早繰り銀の乱戦~

またまた、このふたりのカードです。挑戦者決定戦で何度もぶつかり合う二人。アベマ杯ではチームメイトなのに、いや~トーナメントの頂上でぶつかり合うのはすごいですね。

戦型は角換わりの相早繰り銀ですね。

糸谷哲郎先生が、一手損角換わりで相早繰り銀を得意にしていたのは、ちょっと昔の話ですが、最近はノーマル角換わりでも見直されている形です。

詳細はこちらの本が詳しいので、おススメしておきます。

現代角換わりのすべて (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,640から
(2020/6/23 20:34時点)

お昼ご飯はふたりとも同じものですね。最近、中継でこの「肉豆腐(キムチ)」を食べる人が多いと思うので、プロの間で流行しているんですかね?

スタミナつきそうなお弁当で美味しそうw

厚みの将棋は完勝か大敗になりやすいんですが、ここまで永瀬二冠をあっとうするとは思いませんでした。

毎回書いていますが、藤井聡太先生と永瀬先生が厚みの将棋では、二強と考えているので、その二強対決がこのような結果になるとは……

あくまで素人の戯言ですが、「中原先生・加藤一二三先生・谷川先生のいいところを合わせて完成した居飛車党正統派の最高傑作」みたいな将棋になっているように思います。

ダブルタイトル戦ですか……

これはしばらく目が離せませんね(;’∀’)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「王位戦挑戦者決定戦・永瀬拓矢二冠vs藤井聡太七段~相早繰り銀の乱戦~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です