第31期女流王位戦 第3局▲里見香奈女流王位-△加藤桃子女流三段~意地のぶつかり合う中飛車VS一直線穴熊~

さきほど、第31期女流王位戦 第3局が決着しました。

勝者は、先手番の里見香奈女流王位。

加藤桃子先生をストレートで降して、防衛を果たしました。

3局連続の中飛車vs一直線穴熊の意地の激突でしたね。

本局は、5筋位取り中飛車に対して、加藤先生の一直線穴熊でした。

自分的には、5筋位取り中飛車は、相手に穴熊を許すので、勝ち切るのは結構難しいイメージがあります(もちろん、5筋位取り中飛車のメリットは理解できるんですが)

里見先生・西山先生の女流棋界トップの棋譜は、本当に終盤が強くて面白いんですよね。

今局は、端攻めの勝負。

高美濃囲いですが、やはり端の反動がかなりきついなか、穴熊を攻め潰してしまった印象です。

振り飛車党としてはこういう棋譜にすごい憧れますね(おまえはオールラウンダーだろというツッコミはおいておいて)

加藤桃子先生は本当に強いのに、それを抑えて勝ってしまうトップ二人の棋力は本当にすさまじい。

清水市代先生の女流歴代1位のタイトル数も射程に入ってきました。

すごい勝負だ(;´Д`)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です