土居矢倉の復活について~ソフト以後の矢倉史入門「矢倉は終わったの本当の意味とは?」~

それでは今回は、土居矢倉の復活について書いていきたいと思います。

というのも土居矢倉って、どうして組まれるのか?

この疑問って結構あると思うんですよね。

何十年も前に存在していた土居矢倉がどうして、現代によみがえったのか。

それは現代矢倉の歴史を振り返れば分かってきます。

私は今までの矢倉記事で、土居矢倉は「急戦矢倉及び同型矢倉に対して対応しやすい」と説明してきました。

実は、この説明は、「米長流急戦矢倉」についての一定の理解がないと土居矢倉についてわからないため、こう言ってお茶を濁してきました(笑)

米長流急戦矢倉がいかに土居矢倉に関係あるのか。

それは、矢倉の歴史を読み解く必要があります。

ソフトと矢倉(~「矢倉は終わったまで」~)

ソフト以前の矢倉は、5手目▲6六歩が有力でした。

こちらはほとんどの急戦矢倉に強い形であり、▲4六銀3七桂戦法(矢倉▲3七銀戦法の延長上にあります)というすさまじい化け物戦法があり、初手から91手まで定跡化されている変化がありました。

しかし、この定跡を将棋ソフトは完全に覆します。

このふたつの戦法が誕生したためです。

・△4五歩戦法(▲4六銀3七桂戦法に組ませない手順)

・左美濃急戦(大前提であった5手目▲6六歩を咎める急戦の確立)

これによって、従来の5手目▲6六歩からのじっくりした相矢倉は壊滅しました。

これが俗に言う「矢倉は終わった」事件です。

つまり、(5手目▲6六歩型)矢倉は終わったのです(笑)

しかし、別の5手目の矢倉が復活します。

それが、5手目▲7七銀矢倉です。

これは、昭和期に流行した矢倉の形で、▲6六歩をギリギリまでつかないので、天敵の左美濃急戦になる恐れがありません。

ただし、こちらは他の急戦矢倉に弱いため、矢倉戦は「矢倉中飛車」と「米長流急戦矢倉」の2つの急戦矢倉が主戦場へと移行しました。

詳細はこちらです↓

米長流急戦矢倉と同型矢倉

そして、いよいよ主役の米長流急戦矢倉が登場しましたね。

実は、この急戦矢倉はかなり特殊で、5手目▲7七銀なら、先手も採用できるのです。

その結果、先手でも、後手でも急戦矢倉が大流行する結果となりました。

先手も後手もそれを警戒することとなります。

そして、どちらかが米長流急戦矢倉を拒否した場合なんですが……

専門的な手順の説明は省き、結論だけ言うと

先後同型の矢倉になります。

この流れから、先後同型矢倉も流行していくことになります。

先後同型矢倉と土居矢倉

そもそも同型矢倉は、5手目▲7七銀がトリガーとなります。

矢倉の5手目が▲7七銀に移ることで、後手の急戦と同型矢倉が増えることで、矢倉は平成矢倉とは別の形へと進化していくことになります。

詳細はこちらの本を読んでみて下さい。

将棋 平成新手白書 【居飛車編】【電子書籍】[ 片上大輔 ]

価格:1,574円
(2020/6/2 21:16時点)
感想(0件)

同型矢倉は、矢倉の中でも1手の違いでまるで解釈が変わる問題なので、詳細な説明は今後に譲りますが、その中で土居矢倉が復活しました。

はじめは、西尾先生が後手番で指し、その影響を受けた高見先生が先後どちらにも使用し、さらに藤井聡太先生まで使用することで、一気に市民権を獲得しました。

さて、ここでどうして土居矢倉が5手目▲7七銀及び同型矢倉と相性がいいのかという説明に移りましょう。

・角が使いやすい(従来の同型矢倉は角がかなり使いにくかった)

・角交換に強い(もともと土居矢倉は角換わりに使われていたので、打ち込みスペースがなくバランスが良い)

・同型矢倉の主戦場の一つである中央に厚みを作りやすい。

・土居矢倉側が先攻しやすい

自分はこの4点だと考えています。

まとめ

ソフト前後の矢倉の歴史

①矢倉5手目▲6六歩が、△4五歩戦法と左美濃急戦の影響で壊滅(「矢倉は終わった」)

②矢倉5手目▲7七銀が復活。

③▲7七銀型矢倉に強い米長流急戦矢倉と、それが成立しなかった場合の同型矢倉が増加する。

➃同型矢倉において、土居矢倉が戦いやすいことが判明。矢倉戦法の主流の座へ

まとめるとこういう流れですね。

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「土居矢倉の復活について~ソフト以後の矢倉史入門「矢倉は終わったの本当の意味とは?」~」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です