終盤力を鍛える実戦詰将棋~厚みを活かした詰み手筋~

はじめに

今日はお休みだったので、たくさん激指さんと練習対局できました(笑)

今日の総決算として、最後に厚みを活かした詰手筋を紹介したいと思います。

最近は、5手目▲7七銀から、先手番で米長流急戦矢倉を採用するのにはまっているので、その終盤です。

前回の問題はこちら↓

小説家になろうに投稿している自分の将棋ラブコメとも連動してますねw

【祝39万PV】おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~

https://ncode.syosetu.com/n0999fg/(外部リンク)

さて、上から矢倉を押しつぶしたときに出やすい手筋の問題です。

激指が、この歩の対処をミスしたことから生まれた手筋です。

△同金としないで、△4四金ならまだ勝負が続いていました。

※実戦詰将棋とは、普通の詰将棋のように、相手玉を詰ませる練習ですが、駒余り・余詰めOKかつ実戦的な局面から問題が出題されます。

この同金で頓死

解答はこちら

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「終盤力を鍛える実戦詰将棋~厚みを活かした詰み手筋~」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です