次の一手で覚える矢倉定跡~後手偽装早繰り銀編~

②▲4六角

先手矢倉における角の場所はいくつか理想的な場所があります。

ゆっくりした相矢倉は、▲6八角

さらに、持久戦になった場合は、▲2六角

激しい将棋で、攻め合いになる場合は、▲4六角

が理想となることが多いです。

これが矢倉のエッセンス。

さて、次は後手側のセンスを問われる一手です。

自由度が高い局面ですが、どう指すのがいいでしょうか?

仕掛ける? 矢倉にする? それともそれ以外?

解答はこちら(クリック)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「次の一手で覚える矢倉定跡~後手偽装早繰り銀編~」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です