次の一手で覚える矢倉定跡~後手一直線棒銀の基本編~

はじめに

さて、昨日は矢倉の5手目まで見てきました。

今日からは、5手目6六歩からの矢倉を見ていきます。

平成矢倉には24手組という組み方が主流です。

こちらは、24手で矢倉を組むものですが、矢倉が完成すると、先手陣形が守備力と攻撃力のどちらの理想形も手にいれたうえで、手番を握っているというすさまじいメリットをもっています。

矢倉24手組

▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩△6二銀▲5六歩△5四歩▲4八銀△4二銀▲5八金右△3二金▲7八金△4一玉▲6九玉△7四歩▲6七金右△5二金▲7七銀△3三銀▲7九角△3一角▲3六歩△4四歩

後手は、一方的に受け続けることになる可能性があり、どうにかしてそれを防ぐために先手の矢倉が完成する前に、急戦を仕掛ける急戦矢倉が発明されました。

振り飛車党にもわかりやすく言うと、穴熊の完成前に攻める藤井システムと同じ考えですね。「先手の矢倉は強いから、組ませる前に潰す!」

つまり、矢倉を完成させるためには、先手は組ませる前に攻めてくる後手の急戦を対処しながら指していかないといけません。

なので、この問題集では、先に後手の急戦矢倉の対処法を出題してから、相矢倉に移ろうと思います。

今回は、後手の一直線棒銀を取り扱っていきます!

問題はこちら(クリック)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「次の一手で覚える矢倉定跡~後手一直線棒銀の基本編~」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です