【アベマトーナメント観戦記】本田奎五段vs豊島将之竜王名人~攻防の角と難解な詰むや詰まざるや~

注意書き

将棋連盟の将棋連盟ライブ中継アプリ等(https://www.shogi.or.jp/lp/mr201704/ )を使って観戦を楽しんでいる方向けの将棋観戦記です。

ただし、将棋連盟から「棋譜利用に関するお願い」(https://www.shogi.or.jp/news/2019/09/post_1824.html )という通達も出ているのでこれを遵守して、観戦記を書いていこうと思います。

・棋譜と図面を使用しない

・読者の方が上記のアプリを使用して棋譜並べをする参考になるように、序盤の構想のどこがおもしろいのかや、終盤の注目ポイントを簡潔に述べる

・あくまで、 将棋連盟ライブ中継アプリ等 のバックナンバーで参考になる対局紹介というレベルで抑える。

今回の対局の基本情報

棋戦名:第3回AbemaTVトーナメント大将戦

対局者:本田奎五段vs豊島将之竜王名人

日付:2020.4.18

観戦記

さあ、アベマTVトーナメントの観戦記です。

チーム豊島vs三浦の戦いは相がかりシリーズになりましたね。

第二局は本田先生が豊島名人を逆転で破り、フルセットに持ち込みました。

本田先生の伝家の宝刀「相がかり」に対して、豊島名人はひねり飛車で対抗。

昭和期においては必勝戦法だと言われていたひねり飛車も、最近までは廃れていました。しかし、最近は復調傾向ですね。

ひねり飛車は、居飛車の中でも知らない人も多いので、ざっくり説明しておくと、「飛車先の歩を交換した後に、浮き飛車にして、飛車をひねるように石田流のように組む」戦法です。

坊主美濃に囲われることが多くて、一歩を持ち駒にして振り飛車の理想形に組める超攻撃的な作戦です。

詳しく知りたい方はこちらの本をどうぞ

大橋貴洸の新研究 耀龍ひねり飛車 [ 大橋貴洸 ]

価格:1,694円
(2020/4/18 23:21時点)
感想(0件)

本田先生は銀冠を作り対抗です。

豊島名人がうまくさばいたように見えましたが、やはり銀冠に組んでいる本田先生が形成有利になった感じ。

序盤で積極的に主導権を握りに行った竜王名人に対して、うまく対応して有利になった感じですね。

中盤の攻防の角の手筋は、本田先生の好手。

「手がない時に攻防の角は有効」と解説の藤森先生も言っていました。

なかなか難しい形ですが、豊島先生は、フォークの桂馬を使って玉頭戦も見せていきます。

逆転を狙う時は、玉頭戦が有力な選択肢です。短時間なのに、難解な終盤へ。

負けている時は、難解な局面に誘導。米長流の泥沼戦法に似ています。

しかし、最近のりにのっている本田先生は詰みを見つけて圧殺。

ひえ―凄い終盤

まとめ

今回の見どころ

・珍しいひねり飛車の序盤

・攻防の角

・難解な終盤と妙手で一撃で勝ち切る本田先生の終盤力。

【定期宣伝↓】NHK杯やアベマトーナメント、各種棋戦・タイトル中継のアーカイブスが豊富なアベマのプレミアムはいかがでしょうか?将棋のビデオが月額960円で観放題です。

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「【アベマトーナメント観戦記】本田奎五段vs豊島将之竜王名人~攻防の角と難解な詰むや詰まざるや~」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です