【アベマトーナメント観戦記】菅井竜也 八段 vs. 佐々木勇気 七段~相穴熊の攻防&手詰まりになった時の対処法~

注意書き

将棋連盟の将棋連盟ライブ中継アプリ等(https://www.shogi.or.jp/lp/mr201704/ )を使って観戦を楽しんでいる方向けの将棋観戦記です。

ただし、将棋連盟から「棋譜利用に関するお願い」(https://www.shogi.or.jp/news/2019/09/post_1824.html )という通達も出ているのでこれを遵守して、観戦記を書いていこうと思います。

・棋譜と図面を使用しない

・読者の方が上記のアプリを使用して棋譜並べをする参考になるように、序盤の構想のどこがおもしろいのかや、終盤の注目ポイントを簡潔に述べる

・あくまで、 将棋連盟ライブ中継アプリ等 のバックナンバーで参考になる対局紹介というレベルで抑える。

今回の対局の基本情報

棋戦名:第3回AbemaTVトーナメント大将戦

対局者:菅井竜也 八段 vs. 佐々木勇気 七段

日付:2020.4.11

観戦記

さあ、いよいよ大将戦です。

前回の記事はこちら

振り飛車チームは、振り飛車党の若きエース菅井八段。(好きな女流棋士は、矢内先生らしいですw)

豊島チームは、天才との呼び名が高い佐々木七段です。

実はこの組み合わせ、小学生名人戦と同じ組み合わせらしいですw

15年以上もふたりで戦っているというのは面白いですね。

四間飛車穴熊vs居飛車穴熊の相穴熊になりました。

四間飛車穴熊を指す人は分かってくれると思いますが、意外と振り飛車穴熊ってセンスが問われるというか下手に指すと手詰まりになりやすいのが怖いですよね。

最近のプロの棋譜を見ていると、相穴熊は端歩を突き合うパターンが多いですね。

振り飛車穴熊側が苦戦しているイメージで、菅井先生がどんな工夫をしてくるかと楽しみにしていました。

と思ったら銀と金が右側を前進していく。ひえー、これをまとめきれるのかと震えました(笑)

振り飛車側からしかけていかないと、ジリ貧になりやすいのですが、攻めをまとめるのも難しそう。

そんな駆け引きをしていると、居飛車が攻撃を開始。

振り飛車は4筋の位取り穴熊という主張があるとはいえ、やはり攻撃の主導権を奪われるのは嫌ですね。

これは振り飛車がまとめにくそう。

中盤の入り口でそう思っていました。

しかし、閉塞感をものともせず、打開していく菅井先生。すごい。

4筋に作っておいた厚みを活かして、角の打ち込みスペースを作り出して、一気に攻める、攻める。

相穴熊では先に、囲いを崩した方が有利だと思っていますが、菅井先生が逆転して攻めます。

居飛車穴熊は固いんですが、急所を的確に突いて崩壊させて、菅井先生の勝利。

振り飛車側は、一度も王手をかけられていない。さすがは、穴熊。

まとめ

今回の見どころ

・振り飛車穴熊でどうポイントを稼ぐか

・手詰まりになりそうになった時の対処法

・居飛車穴熊を的確に崩す手筋

【定期宣伝↓】NHK杯やアベマトーナメント、各種棋戦・タイトル中継のアーカイブスが豊富なアベマTVのプレミアムはいかがでしょうか?将棋のビデオが月額960円で観放題です。

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です