【将棋観戦記】菅井竜也 八段 vs. 藤井聡太 七段~三間飛車の最前線&藤井七段全勝街道爆走中~

注意書き

将棋連盟の将棋連盟ライブ中継アプリ等(https://www.shogi.or.jp/lp/mr201704/ )を使って観戦を楽しんでいる方向けの将棋観戦記です。

ただし、将棋連盟から「棋譜利用に関するお願い」(https://www.shogi.or.jp/news/2019/09/post_1824.html )という通達も出ているのでこれを遵守して、観戦記を書いていこうと思います。

・棋譜と図面を使用しない

・読者の方が上記のアプリを使用して棋譜並べをする参考になるように、序盤の構想のどこがおもしろいのかや、終盤の注目ポイントを簡潔に述べる

・あくまで、 将棋連盟ライブ中継アプリ等 のバックナンバーで参考になる対局紹介というレベルで抑える。

今回の対局の基本情報

棋戦名:第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組

対局者: 菅井竜也 八段 vs. 藤井聡太 七段

日付:2020.4.10

観戦記

さあ、王位戦王位戦挑戦者決定リーグ白組も頂上決戦ですね。

現代最強の振り飛車党菅井先生。

対するは、将棋界の至宝”藤井聡太”先生。

タイトル挑戦の機運が高まる中で、緊張感がある戦いになりました。

今回は、先手菅井先生の三間飛車、後手は左美濃で対抗となりました。

こちらのブログでも書きましたが、三間飛車に居飛車穴熊を使うと攻め潰される恐れがあるため、居飛車党は左美濃を使うことが現在のトレンドになっています。

序盤の端の様子見などはもう最序盤から、心理戦や駆け引きが発生している証拠です。

対して、三間飛車は、左銀の急戦で左美濃・穴熊に挑戦することが多いです。ただし、穴熊ほど手数がかからない左美濃ですので、居飛車側も左銀速攻に対処しやすいので、一方的な受け合いにならないことがメリット。

居飛車は厚みをもってさばきを抑え込む展開になりやすく、結構居飛車が指しやすい印象ですね。そして、藤井先生は手厚い将棋もうまい。

完全に攻撃の主導権を握っていました。対して、菅井先生は左の金を攻めに使って、玉頭戦に移行。

しかし、藤井先生は老獪でした。

玉頭戦の反動を利用して、雀刺しからの端攻めで一気に美濃崩し。

一気に菅井玉を包囲して、完勝してしまいました(;’∀’)

まとめ

今回の見どころ

・三間飛車定跡の最前線

・左美濃の厚みを活かしたおさえこみ

・玉頭戦の反動を突いた端攻め

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です