【将棋観戦記】加藤桃子女流三段 対 西山朋佳女王~居飛車党の教科書のような攻めのつなぎ方~

注意書き

将棋連盟の将棋連盟ライブ中継アプリ等(https://www.shogi.or.jp/lp/mr201704/ )を使って観戦を楽しんでいる方向けの将棋観戦記です。

ただし、将棋連盟から「棋譜利用に関するお願い」(https://www.shogi.or.jp/news/2019/09/post_1824.html )という通達も出ているのでこれを遵守して、観戦記を書いていこうと思います。

・棋譜と図面を使用しない

・読者の方が上記のアプリを使用して棋譜並べをする参考になるように、序盤の構想のどこがおもしろいのかや、終盤の注目ポイントを簡潔に述べる

・あくまで、 将棋連盟ライブ中継アプリ等 のバックナンバーで参考になる対局紹介というレベルで抑える。

今回の対局の基本情報

棋戦名:第13期マイナビ女子オープン五番勝負

対局者: 加藤桃子女流三段 対 西山朋佳女王

日付:2020.4.7

観戦記

さあ、マイナビ女子オープン五番勝負がついにはじまりました。

最強の女王西山先生に加藤桃子先生が挑戦です。

どちらも奨励会経験があり、西山先生は現在三段リーグ挑戦中、次点1。

対して、加藤桃子先生は奨励会初段まで上がった強豪です。

居飛車党vs振り飛車党の戦いとなりました。

加藤先生が、居飛車穴熊。西山先生が、△5三銀型三間飛車に構えて、正面衝突。

加藤先生は、攻め将棋に定評がありますが、今日の将棋はキレキレでした。

早めに定跡から離れて、穴熊のハッチがしまったら即開戦。

思い切りが良すぎます(笑)

固さをある程度犠牲にして、積極的に主導権を握りました。たしかに、居飛穴にじっくり囲うと三間飛車側に主導権が移りやすいですからね。攻め将棋としてはそれをよしとしなかったのでしょう。

対して、西山先生も、左金を攻めに繰り出すすさまじい力戦の構想を披露。

昭和か、昭和の将棋なのか?

こんな力戦調でも、潰れずに互角の勝負を繰り広げる両者の剛腕ぶりには、私も感激しました。

そして、加藤先生の手筋の力が本当にお手本となる位うまかった。

歩のたたき、割り打ちの銀、継ぎ桂などなど。

基本手筋を着実に使って、攻めを繋げていく。もう、これは居飛車党の教科書ですよ!?

ということで、初段になりたい方はこちらの棋譜をバンバン並べてみてください(笑)

終盤もリードを保ったまま、暴れ馬を抑え込んで完勝。

加藤先生の会心譜ですね。

アマチュアのお手本にしたいくらいの中盤でした。

まとめ

今回の見どころ

・力戦調でも簡単に潰れない二人の剛腕ぶり

・中盤の手筋を使って、攻めを繋げていく技術

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です