【将棋観戦記】西山朋佳 女流三冠 vs. 長谷部浩平 四段~6組ベスト4を賭けた力戦穴熊と強烈な受け潰し~

注意書き

将棋連盟の将棋連盟ライブ中継アプリ等(https://www.shogi.or.jp/lp/mr201704/ )を使って観戦を楽しんでいる方向けの将棋観戦記です。

ただし、将棋連盟から「棋譜利用に関するお願い」(https://www.shogi.or.jp/news/2019/09/post_1824.html )という通達も出ているのでこれを遵守して、観戦記を書いていこうと思います。

・棋譜と図面を使用しない

・読者の方が上記のアプリを使用して棋譜並べをする参考になるように、序盤の構想のどこがおもしろいのかや、終盤の注目ポイントを簡潔に述べる

・あくまで、 将棋連盟ライブ中継アプリ等 のバックナンバーで参考になる対局紹介というレベルで抑える。

今回の対局の基本情報

棋戦名:第33期竜王戦6組ランキング戦

対局者: 西山朋佳 女流三冠 vs. 長谷部浩平 四段

日付:2020.4.1

観戦記

快進撃を続ける西山女流三冠。ついに竜王戦6組のベスト8までたどり着きました。

女流棋士最高記録のベスト4をかけての一局です。

対するは長谷部浩平 四段です。居飛車党(力戦派)で、まだまだデビュー間もないですが、王位戦の挑戦者決定リーグまで進出した若手の有望株。

お互いに力戦が好きそうなイメージがありましたが、やはり大力戦へ。

西山先生が先手中飛車・後手の長谷部先生が一直線穴熊でしたが、西山先生は囲いを省略させて一気に開戦です(;^ω^)

いきなり、暴れてきましたw

長谷部先生は、なんとか局面を抑えて、穴熊に潜る。

西山先生も、一旦は矛を収めて、穴熊へ。

力戦相穴熊になりました。

序盤から積極策に出た西山先生が主導権を握っていきます。

中盤の入り口でリードを奪うと、その後は、終始リードを奪い続けていた印象です。

長谷部先生は、穴熊の特性を生かしたすさまじい粘り。

穴熊の厚みがどんどん増していく様子は圧巻です。

しかし、そこは三段リーグ次点の強豪西山先生。

穴熊の補強によって、数が少なくなった長谷部先生の攻め駒を焦らずにほぼ根絶やしにして攻めを潰しました。

勝負に辛い。だから、強い。

攻め駒がほぼ消滅した長谷部先生の陣形をあとは料理するだけというところで、投了し勝利。みごとベスト4進出です。

これは、西山先生の本戦入りも期待してしまいますね。

凄い力戦勝負でした!おもしろかった。

まとめ

今回の見どころ

・序盤で積極的に暴れる西山先生の腕力

・長谷部先生の穴熊特有の粘り

・焦らずに勝ちにこだわる西山先生の大局観

他の観戦記はこちらです↓

https://dnovel.net/archives/tag/%E8%A6%B3%E6%88%A6

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「【将棋観戦記】西山朋佳 女流三冠 vs. 長谷部浩平 四段~6組ベスト4を賭けた力戦穴熊と強烈な受け潰し~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です