私が激指15を選んだ理由

はじめに

さて、今日は激指先生のお話をしようと思います。
現在、自分のPCとスマホには研究用及びブログ用、対局用にこのソフトたちが入っています。

①振電
②技巧2
③激指15
④激指10
⑤GPS将棋
⑥ぴよ将棋
⑦将皇
⑧ボナンザ

実力は
①振電
②技巧2
③激指15

この3つがとびぬけて強いです。おそらく最強は、振電ですが(笑)

練習対局用は
③激指15
④激指10
⑥ぴよ将棋
⑦将皇

ここら辺が難易度調整がしやすくて使いやすいです。

ボナンザやGPS将棋はひとり電王戦をする時くらいしか使いませんw

さて、この数多い将棋ソフトの中で、ひとつだけ選びなさいと言われたら、間違いなく「激指15」を選びます。

なぜなら

1対局以外にもおまけ機能が多い

激指15のおまけ機能は

・大量の3・5手詰将棋
・次の一手
・指導対局モード
・自動生成される詰将棋と次の一手
・実戦詰将棋1000問

これだけで、定価10万円くらいの価値はありますw
なのに、1万円代で買えるのは本当にすごい( ゚Д゚)

対局だけでなく、このおまけモードだけやっても強くなれると思います。

練習対局をしやすい

これも大きな魅力。
自分の実力にあった段位を選べるので、めちゃくちゃ強いフリーソフトよりも使いやすいです。

ぴよ将棋というライバルもいますが、棋力はこちらの方が上で解析も信頼性が強いので、手軽さ・コスト以外は圧勝。

フリーソフトよりも導入が簡単

フリーソフトを導入するのはPCが詳しくないと難しいという意見が多いです。

私は慣れているので、20分くらいで導入できるんですが、たしかに初見は面倒でした。

でも、激指は買って、PCにデータを読み込ませたら使えるので、はるかに簡単ですね。

この手軽さは本当にいい。

人間の定跡が入っている

これが最大の魅力。
ソフト定跡は、難易度が高すぎる手順が多くて、一般のアマでは使いこなせないので、人間が考えた実戦的な定跡が入っているのは本当にありがたいです。

いろんな定跡を並べたところ、かなり最新のものまで含まれているようなので、これは買いですw

将棋レボリューション 激指15

価格:9,974円
(2020/4/2 22:29時点)
感想(1件)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です