【奇襲戦法研究所】筋違い角に邪魔されない中飛車の指しかた~2手目△5二飛車~

はじめに

アマチュアの振り飛車党が、一番苦手ななんですか?

居飛車穴熊?

急戦?

いいえ、「筋違い角」でしょう。

筋違い角

振り飛車党に無理やり居飛車を強要する作戦ですね。

こちらの記事でも触れているので、興味がある方はどうぞ。

さて、昔は中飛車おじさんとして名をはせた(笑)私が、筋違い角対策の中飛車をひとつ紹介します。

それが、2手目の△5二飛車ですね。

序論

先手が▲7六歩とした時に、△5二飛車といきなり振ります。

こうして、筋違い角を事前に予防できます。

中飛車党おススメの戦法です。

何とも初心者っぽい手ですが、意外と咎めることが難しいので、何でも中飛車にしたいひとは採用してみてください!

流れ

▲7六歩△5二飛(基本図)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-104.png です

先手が角道を開けてきた場合、筋違い角に誘導される恐れがあります。

そうすると中飛車にできない。それは嫌だと、初手から中飛車です。

こうすることで、筋違い角を避けて、安全に中飛車にすることができます。

あとは、ゴキゲン中飛車定跡との合流を目指します。

基本図から▲2六歩△5四歩▲2五歩△3四歩(結果図1)

ゴキゲン中飛車定跡に合流しました。

ここから先手が角交換してきたら、丸山ワクチン。

▲4八銀としてきたら、超速か一直線穴熊などの定跡と合流します。

どうして、角道を最後に開けるのか。これには、訳があるので次の章で説明します。

序盤の落とし穴

基本図から▲2六歩△3四歩(図①)

5筋の歩を突かずに、角道を開けると、一気に大乱戦に持ち込まれます。

図①から▲2二角成△同 銀(図②)

この角交換から一気に乱打戦になります。

図②から▲6五角(結果図②)

せっかく、筋違い角の乱戦を避けたのに、別の乱戦になってしまいますね。

この乱戦を避けるために、さきに5筋を突いておいた方が安全となります。

ちなみに結果図②のあとは、

△3二金▲8三角成△9二角と進んで、一応互角の戦いになるので、乱戦好きなひとはどうぞ。

先手を持った時のコツ

ということで、意外と居飛車ではこの初手5二飛車を咎めることは意外とできません。

では、どうするか?

中飛車の弱点を突く展開。それは相振り飛車です。

これについては、次回に続きます。

その他の戦法についての目次です。

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「【奇襲戦法研究所】筋違い角に邪魔されない中飛車の指しかた~2手目△5二飛車~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です