【将棋ソフトと学ぶ定跡研究】中飛車vs棒銀

はじめに

さて、この前↓の記事で、中飛車vs棒銀の対局の感想を書きましたが、意外とこれについて書かれた本がない。ならば自分で書けばいいではないかと思いつきました。

ということで、今回は

先手中飛車vs後手棒銀の定跡を研究していきたいと思います!

棋譜

ポイント解説

初手から

▲5六歩△8四歩▲7六歩△8五歩▲7七角△5四歩▲5八飛△4二玉▲6八銀 △6二銀▲4八玉△3四歩▲1六歩△1四歩▲6六歩△3二玉▲3八銀△5二金右▲3九玉△7四歩▲2八玉△4二銀▲6七銀△5三銀左▲7八金
△4二金上▲4六歩△7三銀▲5九飛

ノーマル中飛車がどうして急戦に強いのか。

いくつか理由があります。

①左の金が、急戦に備えているので反発力が強い

②バランスがいいので、カウンターが決まりやすい

③相対的に固さが片美濃>舟囲いなので、終盤に強い

これらが理由です。

(続き)△8四銀

この位置に銀が来たらさばきポイント。

次の一手わかりますか?

(続き)▲6五歩(以後、分岐)

です。

これに対して、居飛車がチャンスとばかり、角交換を挑んで来たら、一気に中飛車優勢です。

分岐①(居飛車が角交換)

(続き)△7七角成▲同 桂△9五銀▲8九飛

角交換には、桂馬で取るのがポイント。

そして、むかい飛車に変化です。

(続きから)

△8六歩▲同 歩△同 銀▲8四歩

これで銀取り確定です。

仮に、△同 飛なら▲6六角で、飛車香車取りを防げません。

分岐②(居飛車が角交換拒否)

△4四歩▲5五歩

この場合は、中飛車側に主導権が移ります。

5筋から開戦して、積極的に角交換を目指していく方針になります。

後手の手が広いので定跡とまでは言えませんが、一例をここに置いておきます。

△同 歩▲同 角△7三桂▲5六銀△5四歩▲6六角△4三金右▲4五歩
△同 歩▲2二角成△同 玉▲4五銀△4四歩▲5六銀△3三桂▲7七桂
△9五銀▲7五歩△同 歩▲7四歩△7二飛

主導権が完全に中飛車側にうつるので、棒銀が取り残されて居飛車不満。

▲7八金がいるので、積極的に角交換ができます。

四間飛車でも応用可能な急戦との戦い方なので、使ってみてください(笑)

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「【将棋ソフトと学ぶ定跡研究】中飛車vs棒銀」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です