【ぴよ将棋】三間飛車でぴよ将棋でレート三段になるために勉強した本や道具紹介

はじめに

この前、ブログにも書きましたが、ぴよ将棋でレート三段になりました!

タブレットとスマホにダウンロードして遊んでいるんですが、ガチなレート戦はタップミスしないように大きなタブレットでやってます。

それでは使った本や道具を紹介していきます!

とりあえず、レート二段になってから準備期間1カ月ほどかかりました。

元々、オールラウンダーだったのですが、三間飛車は苦手としていてこれを機会におぼえうようと一念発起して集中勉強しましたw

どうして、三間飛車にしたかというとぴよ将棋との練習対局からの傾向と対策からです。

傾向と対策

自分が居飛車→ぴよは、相居飛車(矢倉・角換わり・横歩・相がかり)もしくは振り飛車(四間飛車or中飛車中心)で焦点を絞りにくい。序盤からリードを奪えないと、ぴよ三段の終盤力にまくられる。

〃中飛車→片美濃が薄くて、終盤勝負で競り負けやすい。相振り飛車に弱い。

〃四間飛車→ぴよが急戦と持久戦、力戦と対抗策が多いので意外と焦点が絞りにくい。あと、序盤から積極的にリードを狙えないので、終盤勝負になると辛い

〃角交換振り飛車→乱戦に持ち込まれると終盤力の差で持ってからてしまうことが多かった。レートが安定しないと判断。

この試行錯誤を経て、三間飛車になりました。

三間飛車なら

ぴよは7割「居飛車穴熊(あきらめて左美濃に妥協するパターン含む)」、2割「相振り飛車」、1割「力戦調の舟囲い急戦」

こんな感じでかなり絞りやすかったです。

トマホークと左銀急戦のおかげで、穴熊に対して主導権を握れるのもポイント。序盤勝負になりやすいのも評価高いです。

基礎固めに使った本

①「次の一手」で覚える 三間飛車定跡コレクション414

「次の一手」で覚える 三間飛車定跡コレクション414 [ 所司和晴 ]

価格:1,474円
(2020/3/21 00:18時点)
感想(0件)

とりあえず、この本を解いて、基礎固めしました。

かなり取捨選択して、解きました。その様子はこちら↓

簡単に言えば、真部流・コ―ヤン流を切って、下町系とトマホーク系に全力投球しました。

三間飛車は、ほぼ独学だったので、こちらでしっかり基礎固めしました。

仕事の合間や通勤時間を使って3周。

②相振り飛車を指しこなす本1巻・2巻

相振り飛車を指しこなす本(1) (最強将棋21) [ 藤井猛 ]

価格:1,430円
(2020/3/21 00:23時点)
感想(8件)

これは昔解いたことがあったので、端攻めと序盤の流れを中心にサッと解きました。

今回はノーマル三間飛車縛りなので、これは特に参考になりましたね。

ぴよは、あまり▲三間飛車を使わないでくれるので、相振りの知識はほとんどこの2冊で対応できました。ぴよが先手三間飛車なら、相三間飛車を避けて最悪は自分が居飛車をもてばいいと割り切ってますw

応用のために使った本や道具

①さわやか流疾風三間飛車

さわやか流疾風三間飛車/杉本和陽【合計3000円以上で送料無料】

価格:1,694円
(2020/3/21 00:29時点)
感想(0件)

たぶん、自分みたいな三間飛車初心者じゃなければ、対抗形はこの1冊でOKです。

トマホークと左銀急戦は、居飛車の△5四歩の有無で分岐するので、これでどちらもカバーできます。

そして、誘導性が強いので、居飛車穴熊を志向してきた場合は、ほとんどこの本の内容もしくは応用で対処できるようになります。

力戦に持ち込まれたら激指先生にお願いして棋譜解析からの感想戦たっぷりやることで対応。

負けた時の感想戦は、解析込みで40分くらいやってました。

②大量の詰将棋

主に、激指15に登録されている詰将棋を使いました。

手数は5手から13手くらいを中心に大量に。

3週間くらいで、初見の問題をこれくらい解いたみたいです。

3手詰・5手詰 100問
7~15手詰  180問

激指先生の詰将棋レーティング戦もこなして四段+まで昇段しました。

画像

正直、ぴよ将棋の終盤力は脅威なので、頓死防止のために、地道な努力で仕上げました(笑)

これで自信をもってレートに挑んで、昇段。

応用編は、感想戦や詰将棋で激指先生に大変お世話になっております(笑)

最後に実際の将棋の様子です。

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!