【将棋観戦記】藤井猛九段vs山本博志四段~振り飛車党の意地が激突した相振り飛車~

はじめに&注意書き


将棋連盟の将棋連盟ライブ中継アプリ(https://www.shogi.or.jp/lp/mr201704/ )を使って観戦を楽しんでいる方向けの将棋観戦記です。

ただし、将棋連盟から「棋譜利用に関するお願い」(https://www.shogi.or.jp/news/2019/09/post_1824.html )という通達も出ているのでこれを遵守して、観戦記を書いていこうと思います。

・棋譜と図面を使用しない

・読者の方が上記のアプリを使用して棋譜並べをする参考になるように、序盤の構想のどこがおもしろいのかや、終盤の注目ポイントを簡潔に述べる

・あくまで、 将棋連盟ライブ中継アプリ のバックナンバーで参考になる対局紹介というレベルで抑える。

今回の対局の基本情報

棋戦名:第68期王座戦 二次予選

対局者: 藤井猛九段  vs  山本博志四段

日付:2020.3.18

観戦記

将棋界注目の一戦でした。

三間飛車の専門家「山本」先生と、四間飛車の革命家「藤井猛」先生の激突です。

山本先生は、新進気鋭の三間飛車党。

藤井先生は言わずと知れた振り飛車党の重鎮です。

じつは、山本先生は藤井先生に相当憧れていたようです。

その率直な気持ちはご本人のnote(https://note.com/yamahiro3ken/n/nf68a45693919 )をご覧ください。この棋譜を並べる前に読むと効果絶大です。

私も少し前から楽しみにしていた対局でした(笑)このために有休をとったくらい(;’∀’)

戦型は、やはり相振り飛車になりました。

いまや王道の相三間飛車です。

相三間飛車の△5四歩戦法でしたね。

実は、この対局を楽しみにしていたので、相振りの定跡を必死に勉強しました。

詳しく知りたい方はこちらの本の155頁をご覧ください。

将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS) [ 上野裕和 ]

価格:1,694円
(2020/3/18 23:57時点)
感想(0件)

こっちだと77~88頁です

わかる!勝てる!!現代相振り飛車 (マイナビ将棋BOOKS) [ 高崎一生 ]

価格:1,694円
(2020/3/19 00:23時点)
感想(0件)

簡単に言えば、角交換からの大乱戦になる場合、後手が有利になりやすい工夫なんですが。

序盤から大乱戦を目指している山本先生です。

それに対して、藤井先生は比較的に穏やかな変化を目指します。

しかし、すぐさま後手三間飛車の軽快な攻撃をはじめて一気に大乱戦へ突入。ここらへんは山本先生の研究だったんですかね。中段飛車からの後手の猛攻が始まります。

さすがは、振り飛車の研究家同士の対局。

序盤から激しい主導権の握り合いです。

お互いに居玉で始まった超高速戦。

一つのミスや流れ弾が、致命傷になりやすい乱打戦です。

こういう将棋はいかに相手の陣形を悪くするか、隙を作らせるかのばかしあいになるので、並べる時はゆっくり変化を楽しむのがおススメです。

特に最終盤の山本先生の剃刀のように鋭い寄せ方は感動しました。

ここまできれいに決まると、完勝譜としかいいようがありませんね。

この棋譜の見どころ

・最序盤から始まる相振り飛車特有の主導権争い(まさに棋は対話なり)

・力戦において中盤にいかに隙を作らせるか

・終盤の決まり手

有休をとって観戦できたことに感謝です。

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「【将棋観戦記】藤井猛九段vs山本博志四段~振り飛車党の意地が激突した相振り飛車~」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です